セブとボホールでダイビング(時系列の前記事)
パリの真実(同テーマの前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ベルサイユ宮殿等

出発~ホテル到着

2009-12-26
トピック:フランスパリ

今年の年末は仕事の関係でモロッコ行き航空券を一旦キャンセルし、パリ行きを取り直した。

今回の航空券ですが、度々お願いしているHIS新宿本店でいつものおねえさんに頼もうとしたら接客中で、他の人に話を聞いていたらそのスタッフが民度低く、こちらが聞いてもいない韓国ツアーやミステリーツアーを押し売りしてきた。航空券を買うつもりで来たがあんまりの対応なので近くにあるJTBトラベルデザイナーに移動。こちらで無事航空券ゲットした。

今回、せっかくパリに行くのでオペラを見ようと思い、ガルニエ宮のオペラ座でラモー作の「プラテー」、バスティーユでバレエの「くるみ割り人形」を見ることにした。

ネットで予約しようとしたところ、どうやら「くるみ割り人形」が人気らしく、さっきまで予約可だった日がふと気付くと予約できなくなっていた。予約は7分で自動キャンセルされるようだったので他の人のキャンセルを待ってみたところ無事に予約できたので一気に決済までしてしまった。危なかった。その夜にはもう満席になっていて、つぎの日に見てみたら年末のほとんどの日が満席になっていた。1週間前の予約であったが、ぎりぎりだったようだ。


そして出発の日。

アエロフロートは値段の割には行きも帰りも調度良い時間だ。

朝普通に家を出て空港に到着。昼頃の便でモスクワに出発。時間も10時間なので長すぎない気がする。




そして、モスクワのシェレメーチエヴォ空港でトランジットする。

今回、私は新たにプライオリティ・パスを入手していたのでラウンジで飲み物と軽食を取る。この空港は評判悪いようで私も前回利用した時は「薄暗くて埃っぽい」とあまりよい印象がなかったが、ラウンジはきちんと清潔にされていて、このラウンジが使えるのであれば全く問題ないと思うようになった。このパスは手放せなくなるかもしれない。



そしてトランジットで約3時間後にパリへ小さな飛行機で出発。日本人はあまりいないようだ。パリへは約4時間。食事が1回付いてきた。

パリへ到着したのは22時近く。定刻である。入国を済ませて荷物をピックアップ。そしてロワシーバス(Roissybus)でオペラ座に向かう。9ユーロ10セント。このバスは23時までなので少し心配していたが、飛行機は定刻に着いたので問題なかった。遅れていたら夜は危険と噂のRERあるいは高くつくタクシーで行くしかなかったのだ。そしてオペラ座に到着し、そこでタクシーを拾ってホテルまで行ってもらう。ルーブルのすぐ横、グーグルマップのストリートビューで確認したのと全く同じところに到着。ストリートビューはこういう時にかなり便利だ。タクシーのメーターは8ユーロ弱だったが9ユーロでいいかと言われたのでそれでOKする。メーター見ていたが、ガイドブックに書いてある「大荷物+1ユーロ」が適用されたのか、或いは単にチップだったのかはよくわからないが・・・。荷物は自分で後部座席に乗せたのだが、乗せるだけで取られるのかサービスされると取られるのかよく分からないルールである。きっと前者だろうな。或いはあまり気にせずに乗せてしまい、まあ1ユーロくれよ、ということになったのか。まあ、どちらでも良いのだけれども。

そしてホテルへ入り、バスタブに浸かって体を休める。窓はドア横だけで、セキュリティの面でずっとカーテンをしようと思うので光は入ってこないし、窓から外の展望はない。この値段ならこんなもんかな。東南アジアのホテルと違ってさすがに清潔だし体を休めるには十分。ルーブルまで歩いて数分なので立地はかなり良いので全く不満なし。朝食は付いているし、無料のWi-Fiインターネットもある。





セブとボホールでダイビング(時系列の前記事)
パリの真実(同テーマの前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ベルサイユ宮殿等
トピック:フランスパリ