出発~ホテル到着(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ルーヴル美術館

ベルサイユ宮殿等

2009-12-27
トピック:フランスパリ

ホテルで朝食を取り、支度をするが、かなり寒い。一旦外に出たが、更に着込んでから再度外に出た。というのも、今日はベルサイユ宮殿を巡ろうと思っているので、外を長く歩く装備にしたからだ。上着のオーバーはかなり暖かいものを持ってきたので中は薄くてOKだが、ズボンが薄かったので中にアウトドア用ダウンのインナーを着込んだ。更に、ズボンのすその裏側に張るタイプのホッカイロをつけ、足元の寒さを少しでも防ぐ。マフラーと毛糸の帽子も装備。

そしてすぐ近くのルーブル美術館の地下に行き、ミュージアム・パスの6日券を購入。ルーブルもそうだがベルサイユ宮殿もチケット売り場の列ができるので、これがあれば並ばなくても済む。

ルーブルには今日は入らず、メトロとRERでベルサイユへ向かう。メトロは案内通りに行くことで行けたが、RERの駅にあまり詳しくなかったため直行でないものに乗ってしまい、2駅で降りて乗り換えようとした。しかし、乗り換えようとした列車の案内が正しくなくて、すぐ横の違う列車に追い抜かれてしまう。駅の表示板には、フランス語でどうやら「故障中」と書かれているようだ・・・。ちょうどタイミングが悪かった。駅員が逆ホームに乗るように指示していたのでそれに従うことに。私は外に出て人に聞いたからそれがわかったが、同じ車両に乗っていた日本人グループ3〜4組、計10人ほどはまだ座っていたり、或いはドアから外をきょろきょろしている・・・。おせっかいかもしれないがこっちに乗るように伝えたところ、みんな出てきた。そして違う列車が来て、ようやくベルサイユに着くことができた。

ベルサイユは、入り口からして大きかった。

入り口の横を見ると、案の定、チケット売り場に長蛇の列ができている。ミュージアム・パスを買っておいてよかった。そういえば、入り口に来る途中の旅行案内所が開くのを待っている列も見たが、おそらくはミュージアム・パスを買おうとしているのだろう。

ベルサイユに入り、まずはオーディオガイドを借り、展示物を見る。

宮殿の雰囲気はイタリアに似ている気がした。さすがに近いしな。



その後、外に出て庭を散策することに。

これがまた・・・、庭がこれまた大きくてくたびれた。

途中、売店があったのでカフェラテとチーズ&ハム入りパンを食べ、体力を少し回復。

池の周りを歩いた後、マリーアントワネットの離宮まで歩く。

これまた遠い・・・。 足が棒になるかと思うくらい。

マリーアントワネットの離宮に着いたかと思ったら、更に奥があって、これまた広い。

もうここまで来て見ないわけにはいかないので無理して歩く。

そして、くたくたになり、プチ・トリアノンおよびグラン・トリアノンを見終わる。

ガイドブックには質素と書かれてはいるが、それはベルサイユ宮殿と比べるとそうであるが、これはこれでなかなかのもの。確かに寝室などは質素で、そういう嗜好だったのは確かなのか。

ベルサイユ宮殿入り口まで歩く気力はもうなかったので、プチトランという小さなバス(3ユーロ50セント)に乗って入り口まで戻る。

そしてRERの駅まで歩き、駅前にあるマックで腹ごしらえをしてからパリ中心部へ戻る。ここパリではなかなか食事がし辛い雰囲気なので、ついついマックに寄ってしまった。味は普通で、一部の国のマックのように吐き気がすることはない。最近の日本のマックと同じ感じで、昔の日本のマックにあったような食べた後の不快感がなかった。

RERに乗るときはまだ日が暮れていなかったのだが、パリに戻ると、もう日が暮れていた。オルセー美術館前で降りて、セーヌ川沿いを通ってルーブル美術館まで歩く。そしてホテルへ一旦戻る。

ホテルに戻ったところ、まだインターネットが回復していなかったので近くのスターバックスへノートを運び、2ユーロ30分の券を買って、サポートのアドレスにメールを送った。ひとまず用事をスタバで済ませてホテルに戻ったのだが、ホテルに戻るとネットは回復していた。早い。それにしても、きちんと「ここへコンタクト」とエラー画面に書いてあるのに、ホテルのスタッフは全く何もしなかったのだろうか。こんなに簡単に直るのに・・・。それとも機械に弱いのだろうか。ホテルのスタッフが言うには今日は日曜日だから無駄と言っていたが、電話が通じないのはともかく、メールも試さなかったということになるな・・・。ううむ。

その後、ホテルのスタッフに聞いて、近くの商店に飲み物などを買出しに出かける。350缶が1ユーロ、1.5Lの水が0.9ユーロ。ようやく大体の相場が分かった。

そしてホテルに戻ったが、目は充血しているし時差ボケで眠くなってきている(日本では既に深夜2時である)。

数日後のオペラとバレエが2夜連続でそれぞれあるので、それまでに時差ボケをある程度解消すべくまだ寝ずに頑張ることに。お風呂でゆっくりした後、フランスのテレビ(英語版)を見たりネットをして時間を過ごす。

ふと天気予報を見てみると、先日まで「雨」の予報だった明日の天気が曇りに変わっている。あれれ・・・。パリの天気ってそういうものなのかな、或いはたまたまかな・・・。

明日はルーブル美術館から始めて、いくつか美術館を巡ってみたいと思う。夜は凱旋門あるいはどこかに向かおうと思う。





出発~ホテル到着(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ルーヴル美術館
トピック:フランスパリ