(同テーマの次記事)ムンバイ
(時系列の次記事)アーリントン国立墓地

タージマハル in アーグラ

2011-01-03
トピック: インド観光

まだ安静にしなくてはいけないと言われてはいたが、帰国日が迫っており、タージマハルも見ていないので帰国日前日に少しだけ外出許可をもらった。本当はデリーの街中も観光するつもりであったがデリーは見ずに帰国日の朝まで入院して、早朝にタクシーでデリー空港まで直接移動することにする。

帰国日前日の午後1時、昼ごはんを食べた後にタージマハルまで出かけ、数時間だけ観光をした。



タージマハルは、外から見たときはその大きさに圧倒されて「すげええ!!」と思ったが、中に入ってみると棺が異様に辛気臭くて、それまでの感動も吹っ飛んでしまうほどの辛気臭さだった。さすが「インクレディブル・インディア!」である。 外から見たときは感動した筈だったのだけれど、この辛気臭さを思えば、わざわざ来なくても良かったかな・・・。帰りは妙に暗い気持ちだ。インクレディブル・インディア!




そして病院に帰りベッドに横たわる。体調もそれなりに回復してきており、帰国日の早朝4時に支度をしてデリー空港、そしてバンコク、ブノンペン、ソウル、成田と遠い道をなんとか帰ることができた。



(同テーマの次記事)ムンバイ
(時系列の次記事)アーリントン国立墓地
トピック: インド観光