バンガロールの秋葉原 Sadar Patrappa Road (SP Road)(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)インド携帯SIM(Airtel) とスマホ (SAMSUNG S Duo)

鶏肉のから揚げとお茶

2013-06-16 21:34:47
トピック: インド赴任1ヶ月目

から揚げ粉を日本から持参したので、スーパーで売っている鶏肉を使ってから揚げを作ることに。調味料が一緒なので、日本とさほど変わらない味ができました(写真は撮り忘れ)。

フリーズドライのお味噌汁とレトルトのご飯も用意して夕ご飯。

急須でお茶も入れて、気分は日本・・・ でもここはインド。

レシピは簡単・・・

料理名:日本のから揚げ粉で作った鳥のから揚げ
1.鶏肉を切る
2.日本のから揚げ粉をつける
3.油で揚げる

日本でよく見るような揚げ物用なべはないので、底の深いなべを本日買ってきました。 油が飛ぶと部屋中に広がって嫌なので。油の種類がよくわからないので、Sundropという銘柄を買ってきたが、今のところ普通に使えている。(可燃物なので日本から運ぶことはできないのでこちらで購入)

ついでに、簡単なお茶の入れ方メモ
1.お湯を沸かす
2.急須にお茶の葉を入れる
3.コップにお湯を入れる (これで少しお湯が冷える。コップを暖める意味もある)
4.コップのお湯を急須に入れる。全部コップに移すこと。急須にお湯を残さないように。
5.2杯目を飲むときは3から繰り返し

いきなりお湯を急須に入れると煮えてしまって変な味になる。その工夫が3番。
急須にお湯を残すと味が抜けてしまって、2回目のお茶が変な味になる。その工夫が4番。
この程度の手間で、驚くほどお茶が美味しくなる。
もっと凝る人は凝ってるみたいだけど、この程度でも私には十分。

問題は、日本のお茶の入手方法・・・。こればっかりは、日本から輸送するしかなさそう。こっちでは安いのならば売っているけれども、100g1000円くらいした方がやっぱり美味しいので。



バンガロールの秋葉原 Sadar Patrappa Road (SP Road)(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)インド携帯SIM(Airtel) とスマホ (SAMSUNG S Duo)