タマン・ネガラ国立公園(同テーマ&時系列の前記事)

クアラルンプール滞在 その2

2015-03-20
トピック: マレーシア

タマン・ネガラ国立公園からクアラルンプールに戻ってきた。


翌日、Telekom Museum にまず向かった。
ここには、主に電話通信の歴史に関する展示がある。


そして、その近くにあるKLタワー(クアラ・ルンプール・タワー、Kuala Lumpur Tower)へ。
421mなので、ずば抜けて高いわけでもないが、ここクアラルンプールではそれなりに高い建物になる。


元々49RM(約1600円)と思っていたのだが、それはガラス窓で覆われた展望台の価格。
その上にオープンデッキがあって、そこにはガラスがないようだ。入場料は倍の99RM(3200円). 私は10%割引券を持っていたので90RM(2930円)を払うことに。 1600円でも高いと思っていたのに更にその倍かかるなんて、なんだか微妙。


エレベータでオープンデッキへ。


まあ、それなりにいい景色。



ちょっと逆光気味かなあ。


まあ、そこそこ楽しめた。

その後、ツインタワーまで行ってショッピングセンターを散策。
そしてホテルに帰ってきました。


夜は屋台でラーメンっぽいものを食べる。



翌日、クアラルンプール北部にあるBATU CAVEに出かける。

洞窟にあるヒンドゥー寺院のようだ。


到着。

ヒンドゥー寺院なので、どこかインドの「におい」がする。
この不潔なにおいがするのは、どこにいようともインド人だから仕方がないのか・・・。

こんな綺麗なマレーシアなのに、ここだけ汚いってどういうこと。

やはり、「人」が全てだねえ。

まあ、さすがにマレーシアだけあって北インドによくいるような 「付きまとってくる、胡散臭くてしつこい客引き」 とかはいなかったけど。



階段を上ってから洞窟へ入る。


猿が多い。


洞窟の中は、以外と広い。



そして、下ってきた後にそこにあったちょっとしたアートギャラリー(?)に15Rs(490円)で入る。

展示は微妙かな・・・。


ちょっとした踊りのショーがあったが、2曲だけだったのでちょっと短かった。

真ん中の男の人は一応は訓練したっぽい動きだったけれども、周囲の2人は同好会レベルだった。
まあ、こんなもんか。


この寺院は、年に1回、体に針を刺した人が集まる祭りをするらしい。

ちょっとグロい。


そして帰ってきた後、くたびれていた私のショルダーバッグの代わりを30RM(970円)で買いました。

元々使っていたショルダーバッグは肩紐が細くて肩に食い込むのが悩みなのと、日に当たると色落ちが激しい(片面だけ色落ちしている)ので変わりを探していたのだ。

お手軽に入手できて満足。

ちょっとアジアンチックな色合いだけれども、まあ、たまにはこういうのもいいでしょう。
いつもベージュとかだとつまらない。


翌日、朝食をいつものようにおかゆを食べた後、クアラルンプールの 動物園 (Zoo Negara) に向かった。


動物園はちょっと離れたところにあるので、電車でちょっと行ってからタクシーで向かった。

メータは使えないと運転手に言われて片道RM10の言い値だったが、返りはメーターでRM7.5だった。ふむ。


入場料がRM80(約2600円)もする。
パンダ見ないならばRM50(1600円)だが、それは中途半端だ。

いくら円安が進んでいるとは言え、ドル換算を考えたとしても、私が外国で回った動物園の中でも、一番高いんじゃないかと思う。

比べるのも何だが、上野動物園の入場料は600円だ(苦笑)
旭川動物園は820円。ふむ。

入園時間は10時半頃。


それにしても、この動物園、動物たちが元気だ。

他の多くの動物園の「やる気なさそうにしている動物たち」と比べるとその差は歴然(苦笑)


めちゃ動き回っている。


この鳥も、ばたばた動いている。


そして定番のショー。 11時と3時にあるようだ。午前中のショーに間に合って良かった。

アザラシが中心で、さすがにイルカはいないようだ。


ジャンプ成功。


輪っかをキャッチ成功。


クロコダイルを首に巻き付けられる観客。


インコかな? 客席まで飛ばすパフォーマンス。


再度アザラシのショー。


バスケットボールをうまく操るアザラシ。


馬(?)やインコと記念撮影ができるらしい。

後ろではまだまだアザラシが待機している。


そしてショーは終了。


園内を回る。

最初は海や川の生き物。


食事をした後、更に散策。

標準見学時間が2時間とあったが、とても2時間では回りきれない。

そもそも、ショーだけで30分以上必要だし、食事もしたら更に30分。
園内も広いし、パンダ館もある。


園内を回り、パンダ館にたどり着いたのは既に2時近く。

活発に動き回るパンダ。

やはり、他の動物園よりも概ね動物たちの元気が良い。
暖かい気候のおかげか? 広々としたところで元気よく暮らしているからか?


パンダがかわいい。


そしてパンダ館を離れる。


ここの虎は今まで見た虎の中で一番かっこ良いかも。


ライオンは日陰でうとうとしていた・・・。


鹿はたくさんいる。


そして鳥の区域へ。


キリン。


最期に蝶のエリアへ。


結局出たのは4時頃。 6時間も動物園で過ごしてしまった。

帰る時間に、ちょうどパフォーマンスと居合わせた。
出入り口のところでスタッフたちがパフォーマンスをしていた。


動物園を出て大通りまで歩いて、方向的に逆なので歩道橋を渡って逆に行ってからタクシーを拾った。
バス停がちょうどそこにあったが、時刻表もないのでタクシーで朝来た最寄りの鉄道駅に向かったが、RM7.5(240円)だった。

そして電車に乗り、ホテルに帰る。


帰国前日。

朝食は安定のおかゆ。


そして繁華街のブヒゥビンタンに行ってみるが、古い繁華街と新しいモールの組み合わさった場所だった。
古い繁華街は中華街とどっこいどっこいかな・・・。 写真撮るの忘れた。

モールは、国際ブランドが多く入っていた。

綺麗ですが、「まあ、そうか」、という感じ。


クアラルンプールらしい目新しいものもさほど見つけられず、ちょうど上映していた「シンデレラ」を見てしまった。

が、これが予想以上によかった。宮殿が豪華すぎてしびれる。
ストーリーはお馴染みだけど泣ける。 中世ヨーロッパ建築好きな人にもお勧め。

そしてチャイナタウンに戻り、ちょっとしたお寺(?)を見てからホテルに戻る。


そして、翌日に帰国しました。



タマン・ネガラ国立公園(同テーマ&時系列の前記事)
トピック: マレーシア