保険・年金・住民票の手続き(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ノートPCの中身をTrueCryptで暗号化

資金管理

2015-04-04
トピック: 世界一周 準備

予算:
期間は1年前後なので、ざっくり見積もって250万+予備資金

以下、概算

■航空券/国際フェリー 約40万
 日本→中国 3万円  フェリー + 国内移動分
 インド→トルコ 4万円  航空券
 ヨーロッパ→南米 10万円  航空券
 イースター島往復 6万円  航空券
 南米→中米 6万円  航空券
 北米→日本 5万円  航空券

■陸上移動費 20万?
 よく分らないので適当

■宿泊費 70万?
 国によって上下するだろうが、概ね以下を基準にする
 発展途上国:1泊ドミトリー 1,000円前後
 先進国:1泊ドミトリー 3,000円以下 (2,000円台)

 ドミトリー(相部屋)に宿泊するのは学生以来ほとんど機会がなかったが、今回は基本ドミトリーにする。
 さすがに、シングルルームに1泊8,000円くらいかけるのはもったいない。8,000円かけると1年でそれだけで300万になってしまう。 短期ならともかく、長期だと宿泊費が懐に響く。

■食事およびその他雑費(入場料など)
 1日3000円 x 365日 = 100万

よって、1ヶ月20万を目安にして行動する。


実感として、
・海外の物価がインフレで高くなってきている
・日本の円の価値が下がっている
ということもあり、

ざっくり言って
・10年以上前に比べて、日本円の価値は半分

と感じているので、きっとバブル期に旅行していれば同じレベルの旅行を半額で行けたかもしれない。

航空券はバブル期よりも安くなっているが、長期旅行で一番かかるのは宿泊費および食事やその他生活費なので、実質的な旅行費用は高くなっている、というのが実感。

インドに海外赴任している時にもインド物価が年々上がっていることを実感した。

もしかしたら10年後、20年後には同レベルの旅行は同金額で不可能になっている可能性も十分にある。であれば、行ける時に行っておいた方が良い。 将来のことは完全にはわからないが、目の前にあるものがいつまでもそこにあるとは思わずに、手に入る時にしっかり手に入れておく方が良い、というのは最近思うことだ。


■現金管理
あまり現金を持ち歩きたくないので、財布に入れる現金は最小限にする。
クレジットカードのキャッシングで現地通貨を引き出す。

■クレジットカードの管理
国によってはクレジットカードで決済する。
財布を盗られた時用に、予備のクレジットカードは財布とは別で保管。

クレジットカードは、会社も別にする。
会社が同じだと、1つ止めようとすると全て止められてしまう場合があるため。
また、不正利用があった時に、会社によっては全てのカードを止める対応をすることがあるので。
会社にもよるのかもしれないが不正利用の時はカードが無効になり、再発行になるため、そのカードはもう使えなくなる。 よって、複数枚のカードを持つのは重要。

・楽天プレミアムカード(VISA) メインで使用。 年会費1万円だが、ラウンジが使える「プライオリティ・パス」がもらえる。 海外ラウンジは食事が無料だったりするので持っていると便利。 元々楽天ファンでダイヤモンド会員。 何度か不正利用がありカード再発行になったので、しっかり見ているのだと思われる。 インド赴任中に不正利用があったときは前のカードは無効になり、一時帰国して新しいカードを回収するまでカードが使えなかったことがある。
・JALカード(Master) サブとして持参
・セゾンのアメックス 海外発行のVISA/Masterを受け付けない場合があるが、その時に役立つ。通常アメックスは年会費1万円するが、セゾンのアメックスは3,000円なので保険として持つカードとしては良い。
・UCカード(VISA)   予備用のカードとして財布とは切り離して保管。UCはセゾンに買収されたが、とりあえず管理は別の模様?

■日本の銀行カード
日本の銀行のカードは持参しない。 どちらにせよ使えないので。

■トラベラーズチェック
トラベラーズチェックは、今まで短期旅行をするにあたって使ったことがなく、クレジットカードでキャッシングすれば事足りたので今回もそうする。 心配なのが、「南米ではATMが概ね危険でスキニングされる」という情報だが、そういう情報は10年以上前のものが多く、そもそも、スキミングが危険なのは南米に限ったことではないため、クレジットカードでいいと思われる。 今まで何回も不正使用されてきたので、今更心配してもしょうがない。 幸い、今までの不正利用はクレジット会社が突き止めてくれたので実際に請求されたことはないが。

とか検討していたら、肝心のアメックスがトラベラーチェックの取り扱いを昨年の2014年3月31日で既に取りやめていたらしい。 トラベラーズチェックは、既に過去の遺物のようだ・・・。

■国際キャッシュカード
持参しない。
クレジットカードのキャッシングで十分。


■追記 (2015/04/24)
予想以上に日本円の価値が下がっている。
このまま日本円の価値が下がったら、数十年後には世界一周に1千万かかる時代が来てもおかしくはない。その時に日本人の給与がそれ相応に増えていなければ日本人が世界一周するなんて金持ちの道楽になる可能性すらある。 昔は貧乏旅行が当たり前だったのに。

と、いうことで、100万円や200万円で世界一周 1年間できたのは過去のことで、上記の見積もりは安すぎるような気がしてきた。  数ヶ月経った後に、資金は再度調整したいと思う。

私の両親は呑気なもので「定年後にすればいいじゃない」とか言うが、定年後というと30年以上先であるが、その時には世界の物価が上がりすぎていて世界一周なんて夢物語になっている可能性がある。 今なら何とか資金的に間にあるので、今できるうちにやっておくことにする。



保険・年金・住民票の手続き(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ノートPCの中身をTrueCryptで暗号化
トピック: 世界一周 準備