列車で北京から大同へ(時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)クレジットカードは未だ戻らず

クレジットカードが吸い込まれる

2015-04-22
トピック:世界一周中国大同ATM

外に出て軽く食事を取った後、少しお金を引き出そうとATMを使ったが、大同銀行でクレジットカードが弾かれた。 あれま。
2回目、その目の前にある中国建設銀行で再チャレンジしたら、カードがATMに吸い込まれてしまった!

「カード発行した銀行の要求により、このカードは一時的にこちらで保管します」
とか書いてある。

なんじゃそりゃ!

近くの通話ボタンを押してヘルプセンターに話をしようとしたら、まもなくセキュリティ担当がやって来て何やら言うが、よくわからない。「Tomorrow(明日)」だけわかる。

紙に書いてもらったことをゲストハウスに戻ってから他の人に通訳してもらったら、「明日の8時に身分証明書持参で銀行の支店に来るように。」ということなので行くことになった。

うーん。

部屋から楽天プレミアムカードデスクに電話したら「お客様のカードのステータスは正常でございます」と言われた。 なんじゃそりゃ! じゃあ、あの表示は一体なんだというの。 カード発行した銀行の要求だと説明しても、デスクのスタッフはいまいち状況を理解していないようで、らちがあかない。 専門家でしょ?

一応、カードさえ戻ればそのまま使えるらしいけれども、ちょっと心配だ。
予備カードいくつか持ってきておいてよかった。

今後、ATMを使う時は町の滞在の最初の方に使うことにしょう・・・。
それと、なるべく平日に使うことにしよう。
週末ずっとカードが受け取れないままだと困るので。

明日、ツアーのタクシーが朝一で銀行に行ってくれることになったので、ちょっと安心した。
まだまだ油断できないけれども。



列車で北京から大同へ(時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)クレジットカードは未だ戻らず
トピック:世界一周中国大同ATM