懸空寺(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)凤临阁という500年の歴史のあるレストラン

北岳恒山

2015-04-23
トピック:世界一周中国大同

懸空寺の裏山にトンネルをくぐって行くと、北岳恒山がある。
施設としては別で管理されているが、どうやら、北岳恒山の入り口にあるのが懸空寺のようだ。

北岳恒山はロープウェイを使うと高いが、我々は車で来たので入場料51元(約1,000円)払って山の上方にある駐車場まで行った。




そこから片道1時間くらいのハイキング。

って、聞いてないよ(苦笑)

しかも、今日は全員昼ご飯を食べずにここまで来たので私はお腹が空いていた。
みんなは大丈夫なのかな?
他の3人は20代なので元気なのかもしれないが、20代なら私よりもっとお腹も空く気がするけれども。

124元かけた懸空寺より、この北岳恒山の方が規模も何十倍もあって内容も素晴らしい。
懸空寺は入場料払わずに入場券売り場から拝見だけして、北岳恒山をメインに参拝すれば良かったかもしれない。

実際、1人は「私、あまりお金ないから」と言って懸空寺に入らず、北岳恒山には登った。
これが正解だ(苦笑)



残念ながら頂上までは時間切れ(?)のため扉が閉まっていて行けなかったが、それなりに登れたのでよしとしましょう。



懸空寺(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)凤临阁という500年の歴史のあるレストラン
トピック:世界一周中国大同