年寄りは理解よりもディシジョンを正とする

2015-05-17
トピック: インド・オフショア開発

インドの年寄りほど、論理的におかしくても「決まったことだから」と言ってそれ以上考えない。
物事の道理について考えが及ばない。

インドの年寄りにとって、物事の道理は重要ではない。
だから、矛盾した判断を数多く行っても平気。
年よりは凝り固まっていて、考え方を変えるのは無理。

一方、若い人は疑問は素直に言う。
若い人ほど見所がある。

とは言っても、見所のある若者は次々と転職してしまい、 「人あたりが良いがあまり使えない」年寄りばかり残っている、という印象。
ある意味、日本企業に向いている人材が残っている。


・・・多分これを読んだだけでは理解できないだろう。
インド人の強情さというか、論理および物事の道理をわきまえないやり方は体験しないと分からないかも知れない。

道理を説いたり、理由を尋ねても「説明する必要はない」とか「お前、マネージャじゃないだろ。決まったことには従え」しか言ってこない総務のインド人マネージャーがいたのだ。 偉い人にはぺこぺこして、下の人間(赴任者は一応、子会社への出向という形を取っている)には権限をもって嫌がらせしてくるのだ。

帰任したらインドの会社に仕事を出さないとか妨害するとかいろいろ陰ながら出来るのに、わざわざインド嫌いを増やすなんてどういう魂胆か知らないが、おそらく自分が初めて持った権限を使ってみたかった、というだけの小さい人間だったように思える。

とは言っても、インド人全般に、こういう「権限になびく」傾向は強い。


開発にしても、「○○にして下さい」という指示があったときに、それに矛盾があるかどうかまであそこのインド人は考えが及ばない。 きっと優秀なインド人ならば考えが及んで矛盾を指摘するのだろうが、あそこの低能なインド人は、矛盾に気付かないばかりか、それでは駄目だからこうしないと、と指摘したところで「なんでこれではだめなんだ」とか強情ばって、理由を説明してもなかなか理解しない。 理解する能力もない人間がリーダーをやっている。

歴史的にインド人は指示されたまま考えずに行う仕事のやり方をしてきたから、そういう仕事に長けた人間がリーダーをやっていたのだろう。 間違っていたら指摘しないといけないのが日本人的な当たり前だが、インド人からしてみたら、間違っていたら指示した人が悪いので自分は悪くない、となる。 それはそれで一理あるが、常識が異なっていると話が食い違う。

そもそも、インド人が「単に言われたことだけやる仕事がいい」のであればインド人に仕事はない。 そのことを理解せずに、何か修正が入る度に日本のせいにして自分たちの責任にはしないことが日本側を苛立たせる。

インド人の単価が1/10ならばそれでもいいかもしれないが、今の単価で、言われただけやる、なんて仕事のやり方は通用しない。