(同テーマ&時系列の次記事)3倍詳細なスペックが必要。一方で1/2の単価

某所のインド人の「スペック」への考え方

2015-05-17
トピック: インド・オフショア開発

インド人は、スペックについて以下のように考える。
・仕様変更は悪。
・仕様変更するようなプロジェクトは「出来の悪い」プロジェクト。
・仕様変更するような仕様を書いた人は「できの悪い」人材。

雑感:
このような捉え方は、インドのIT文化に沿って考えると理解できる。彼らは与えられたスペック通りに作ることをよしとしてきた。それが、今更になって「一緒になってものを作ろう」、と言われても状況が変わったことに理解できないだろう。 であれば、「きちんとスペックを与えてくれないと作れない」、と言うのも分る。
インド人社長やマネージャーがこのような考え方だから、各プロジェクトのやり方も透けて見える。 プロジェクトの状況をきちんと見ているようには思えない。

このような文化だから、日本人へ発注するよりもスペックを3倍は詳細に書かないとやってくれない。であれば、そのオーバーヘッドを考えるとインド人に発注するメリットがどれだけあるのか疑問。
3倍くらい書いても、「細かなケースが出てくるのはスペックの記述が足りないからだ」みたいなことを言われる。それだけ書かないと作れないのならば、インド人に出す仕事はない。

スペックが固まってないことに対して「日本人は本当に駄目だなあ」みたいな偉そうな口ぶりをインド人たちから何度も聞いた。 いちいち疲れる。 それでいて、「じゃあ、お前たちはどうすればいいと思うんだ」と聞いても、かなり微妙なスペックばかり挙げてくる。 その程度でその自信かよ、と言いたくなるがぐっと堪える。

最終的にインド人の自信が多少小さくなって「俺たちは意外と出来が悪いのかも」と気付いてくれるようになったが・・・。 いやはや。 なんだかなー という感じだ。



(同テーマ&時系列の次記事)3倍詳細なスペックが必要。一方で1/2の単価