某所のインド人の「スペック」への考え方(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)某所のインド人従業員のメンタリティ

3倍詳細なスペックが必要。一方で1/2の単価

2015-05-17
トピック: インド・オフショア開発

日本人に、スペック1~10のうち1~3だけ書いて発注したとする。単価は120万としましょう。残りの4~10は内容をよく理解すれば分ることなので仕様書には書いていませんが開発には支障がありません。分らないことがあればきちんと確認して、提案までしてくれるので手間がありません。

一方で、スペックを1~10まできちんと書いてインドに発注したとしましょう。単価は60万です。これは2014年現在のサンプルの単価です。インド人なのにこんなに取るんですよね。もはや安くはない。

その内容はというと、スペックがちょっとでも抜けていたら、容易に想像できそうな箇所であっても自分で考えずに「スペックの不備だ」とか言ってごちゃごちゃ騒ぎ出します。

スペックを提案してきた、と思ったらその内容が微妙で使えないことが多い。

とにかく口数が多くていろいろ提案してきて、ほとんどが使えない提案だが、たまに提案が通ったりすると「ほれみたことか」と自慢および他人を馬鹿にする発言を始めるのがとにかくうざったい。 お前の提案の何%が通ったから言ってみろよ、って感じだ。 まるで全部通ったかのような自信のありよう。 勝手にやってろ、って感じ。

細かなところに気を遣わないから実際に出来上がるものの質が良くなくてテストが大変。

そもそもこの人たちは効率良くないから出来上がるのが遅い。

設計がそもそも微妙で、変なイデオロギーで選んだりする。
最近の例で言うと、LINQが良さそうだとインド人が騒ぎ立ててそれを選んだらパフォーマンス悪いしバグ出まくり。 インド人は、周囲から指摘されても自信300%だから聞こうとしないし。 付き合ってられんわ。 幸い、私の責任範囲じゃないからある程度指摘しても聞かなかったからその後は頬っておいたけど、それみたことか、という感じ。

自信満々なのは前のトピックで書いたような各種原因があるから、インド人の自信満々の素質だけが原因ではないけれども。

こんな感じだから、単価が倍違ったとしても、割に合わないと感じる。
はるか昔の、単価が外国に比べて「10分の1」の時代のやり方をそのまま続けているように感じる。

今の単価で自分の頭で補完しないのならばインド人は本当にいらない。



某所のインド人の「スペック」への考え方(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)某所のインド人従業員のメンタリティ