インド人の使い方を変えるのも手では(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)某所のインド人の単価

日本人はよく勘違いされる

2015-05-17
トピック: インド・オフショア開発

インド人は、請求できそうなら当初の約束以上の金額を請求してくる。
それを見て、日本人が「おかしいぞ」と言っても「おかしくない」と言う。更に日本人がゴネた場合だけ色々と、すぐ分るような子供のような嘘をついて誤魔化そうとする。
最終的に日本人が「しょうがないな」とある程度のところで手を打つと、インド人は勘違いして「これでいいんだ」とか「解決済だ」と思う。
日本人からの信用を失っていることに気づいていないどころか、自分はよくやった、と自画自賛までしている。
グループ内取引であっても、インド人は「相手は敵」だと思って請求している。取れるだけ取って、長期的な関係をあまり考えない。グループ内だから仕事はいくらでも来ると思っている。

インドに発注するマネージャーは、面倒になって「もういいや」と手を打ちがちだが、それがますますインド人をつけ上がらせている。
日本人からしたら、インドと関わり合いを持ちたくない、となっても仕方がない。
それでいて、インド人に「インドは信用されていない」とか言うと「傷ついた」とか言って露骨に嫌な対応をする。 指摘してあげたのに逆ギレされて、かなり頭痛の種になる。 意識のギャップがあるので、面倒なので指摘すらしたくなくなる。
日本人からしたら「勝手にしろよ、お前ら」って感じ。関わり合い持ちたくない。

日本人で歓迎されるのは、インド人の意見に忠実で、しかも「ATM」な人。
前の社長などはまさにATMで、インド人からしたら笑いが止まらなかっただろう。



インド人の使い方を変えるのも手では(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)某所のインド人の単価