日本人はよく勘違いされる(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)某所のインド開発に希望はあるのか?

某所のインド人の単価

2015-05-17
トピック: インド・オフショア開発

2012年は人月単価40万くらいだったらしい
2013年は人月単価50万くらいだったらしい
2014年は人月単価60~70万円くらい(プロジェクトによって異なる)

ただし、これに加えてインド人裁量で「取れそうなところからむさぼり取る」という勝手で一方的なサーチャージが加わる(もちろん発注元に無断かつ内訳は別の理由で誤魔化す)ので、気をつけていても本来かかった工数以上の人月で請求されるのがデフォルト。 なので、見た目の単価が上記で提示されたとしても、実際は1.5倍くらいだと思った方が良い。 (昔の実態は知らないので今の話のみ)

よって、実際の単価は以下

2014年は90~110万円   (もう実質単価は日本人を超えている)

あと気をつけないといけないのは、日本人の感覚だと「提示があった価格で、変更があるまで固定」と思いがちだが、インド人の感覚だと「時価」であり、その時点の時価で勝手に請求されるので注意。

最初に決め事で「この単価でやります」と約束していても「口約束ならば証拠がないから破ってもいいんだよ」みたいなことを平気で言うようなやつら。 これも、言葉ならば証拠が残らないから平気だと思って言っているんだろう。

上乗せ請求にしろ、単価を勝手に調整することにせよ、「だって、それだけかかってるんだもーん」みたいなふざけた意識で平気で好き勝手な請求書を出してくるので注意。インド人には「約束を守る」という感覚が薄いのか? とも思わざるを得ない。

わかって意図的に不正をしているのであれば更に悪質だが、今はグレーであって、外から見ると明らかに意図的に見えるものの、のらりくらりと言い訳をしてかわしているので今のところグレーということになっている。

 個人的には、インド人マネージャーは「真っ黒」に見えるので、全くインド人は信用していない。何か都合の悪いことがあると「にこにこ」して誤魔化そうとするインド人マネージャー。



日本人はよく勘違いされる(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)某所のインド開発に希望はあるのか?