パムッカレからアンカラに移動

2015-06-26
トピック:世界一周トルコアンカラ

パムッカレからバスでアンカラに移動する。

パムッカレのMETROオフィスには詐欺師がいるとの噂だったので、私はインターネットでDENIZLIからアンカラ行きの切符を55リラ(約2,550円、通常価格65リラをインターネット価格55リラに割引き)で購入しておいた。 電話番号に国番号を付けてしまうとチェックがNGになって購入できないので、日本の番号を国番号抜きで0から始まる番号で購入した。 外国人が買う時のことを考えていないシステムだな。

10時頃にチェックアウトしてメトロのオフィスに行ったところ、私の買ったチケットはここからではなくDENIZLIからなのでドルムシュ(乗り合いシャトルバス)でDENIZLIに自分で行ってくれ、とのことだった。 チケット発券もここではできないのでDENIZLIのオトガル(バスターミナル)で行ってくれ、とのこと。

ドルムシュ(乗り合いシャトルバス)は3.5リラ(約162円)だが、念のためMETROオフィスの横にいた人にいくらか聞いてみたら、薄ら笑いをうかべながら100リラ(約4,650円)と言ってきた。 常識的に考えて、たった10kmかそこらで100リラなんてあり得ないでしょ。 まあ、こんなの騙される人はほとんどいないと思うけど、私はとりあえず 「It's not true (そんなわけないでしょ)」とさらりと言って返したところ、3.5リラだよ、とにやにやしながら本当のことを答えた。 問い詰めてもジョークだと答えられて終わりのような状況だからこれ以上突っ込む必要はない。

ネットで検索すると、地球の歩き方掲示板にここのMETROのスタッフに騙されたという書き込みがあったけれども、こんな感じで、一体どこのどいつが騙されるんだろう、と思うような詐欺はトルコでしょっちゅう見かける。

そんなこんなで道の逆側に来たドルムシュに乗り、DENIZLIのオトガル(バスターミナル)へ。

その周辺で軽くケバブサンドを食べた後、METROで発券してもらい、ほぼ時間通りに来たバスでアンカラへ出発した。 12:00出発。 珍しく定時運行だ。 この便は 1+2 列の配列になっており、とてもゆったりとした席だ。 バスの横に スイート、みたいな単語が書いてあるのでそういうことなのだろう。 割と快適に、そして割と定時運行でたった30分遅れの19:30にアンカラに到着。7時間のところを7時間半ならば、時間に関してはほぼ問題ないだろう。

そしてアンカラのオトガル(バスターミナル)に到着したものの、市内への足がよくわからない。

METROのバスは普通、市内へのシャトルバスも無料でついていることが多いので確認してみると、どうやらアンカラでは無料の別のシャトルバス(?)があるので、METROのではなくて、それで市内へ行けるとのことだった。

到着したのと同じフロアの、到着したバスが留まっているのと逆側に出て言われた方に進んでみると、それらしき人が列を作って待っている。 行き先の名前も書いてあり、私が行きたい Ulus もそこにあったので、列に並ぶ。

しばらくすると黄色いバスが来て、それに乗り込んだ。 確かに無料だった。
そしてUlusで降り、ホテルへと歩く。

今日が日曜日だからか、ホテルの周辺は店も閉まっているし、浮浪者っぽい人が道の横に座っていて、ちょっと周囲に気をつけながら歩いた。 Google Mapを頼りに行ってみると、道の逆側だったらしく、区画を1周してからようやくホテルを見つけることができた。



Yavuz Hotel
ダブルルーム3泊で48ユーロ(約6630円)、朝食付
1泊あたり16ユーロ(約2,210円)。

元々は別の、ドミトリ1泊10ユーロの朝食なしでもう少し郊外のところに泊まろうと思っていたのだが、

10ユーロ→16ユーロの違いで
ドミトリからダブルルームになる
朝食なしが朝食付になる(食事を外で取れば3ユーロ程度かかる)
立地が悪いところから立地がよくなる

ということでここに変えたのだが、これが大正解だった。
もしかしたら、夜の治安はちょっと悪いのかもしれないけれども、基本は夜に外出歩かないので問題ない。


朝になって外に出てみると、どうやらこのあたりは電気街および裁縫関係のお店が集まっているらしく、夜の静けさが嘘に思えるほど賑やかになっていた。 これだけ賑やかならば明るい間は治安もそう心配しなくて良さそうだ。 日曜の夜に着いたので、特に静かだったのかもしれない。