クエンカから海沿いに出て、Verdes/Huaquillasの国境を通過、ペルー入国

2015-11-09
トピック:世界一周エグアドルクエンカ

今日はペルーを目指す。

まず、クエンカから海沿いに出るためマチャラ(Machala)方面に移動します。
他のブログを見ると山沿いを越えてペルー入国する人が多いようだが、山側は特に自転車旅行者がよく襲われるようだし、この海沿いの国境が新しくなってからスムーズだという英語掲示板の情報だったのでこちらを通過することにした。

クエンカから山を下るルートは絶景が続く。

この区間の動画を作りました
南米バイクツーリング:エグアドル・クエンカ→ペルー入国→トゥンベス



コロンビアからエグアドルに入国するときはコロンビア側とエグアドル側の建物が1つづつあって、どちら向きであってもが同じ建物の中の列に並んで「どっち向きか」を係員に伝えなくてはならなかったのだが、この国境は方向ごとに建物が別々になっていて、とてもスムーズだ。(言葉でうまく伝わるかな?)

まず国境にさしかかると左側に「ペルー => エグアドル」の建物があるので、それは素通りする。
数キロ先に走ると右側に「エグアドル => ペルー」の建物があるので、そこで手続きをする。

中に入ると、出国手続と入国手続きのカウンターが横にならんでいるのですぐに手続きが可能。
そして、歩いて別の建物に入って税関手続きをするのだが、ここで問題が起きた。

どうやら、コロンビア出国&エグアドル入国時にバイクの一時輸入手続きというものをしなくてはならなかったのだが私はしていなかったのでバイクはエグアドルで不法状態だったようだ。結果、エグアドル出国&ペルー入国時に問題になって「貴方はコロンビアとエグアドルの国境(遙か北)に戻って税関の申請をして書類を持ってこなければペルーには入国できません」と言われてしまった。というか、ペルー入国スタンプは既にもらったのだが、その後税関窓口に行ったらそんな状態になってしまったのだ。これは私のミス。誰もチェックしないから自分からやらないとそのまま通過出来てしまう国境なのでこういうことになる。ほとんどの人はきちんとやるようだが・・・。

そんなこんなでエグアドルを再度逆戻りかと思いきや、15分くらい粘って「どうにかならない?」みたいな話をしていたらペルー税関の人が上司と掛け合ってくれて、エグアドル税関(出国側)の人がOKならばペルーの税関(入国側)を進めてもよいよ、という話になった。エグアドル税関の良いおっちゃんが上司に電話してくれて、「もう既にエグアドル通過してしまったし、ペルーに行くのだろう? いいじゃないか、行ってしまえ」みたいなニュアンスで手を下から上にあげて「いってしまいなさい」というニュアンスと共にOKが出た。

てっきり賄賂を要求してくるかと思ったらそんなことはなく、もしかしたら要求されていたのかもしれないが、意外にしっかりとした人たちだったので賄賂は多分通用しないんじゃないかな。
英語掲示板情報によると、昔は賄賂なども当たり前だった国境だったが少し前に新しくなってから賄賂はなくなってしっかりした対応になった、とのこと。

そしてペルー税関を済ませて、ペルーの自賠責保険に加入してようやくペルー入国。
よかった。エグアドルを再度北上してコロンビアまで行くとなったらかなり大変なところだった。

ペルーの第一印象は「人口少なくした30年後のインド」って感じです。

この国境、3輪のオートリクシャみたいなので超えようとすると人気のないところに連れて行かれて身ぐるみはがされることがあるそうです(汗) バイクで良かった。