ナスカ(Nazca)の町に移動(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)アントニーニ博物館(Museo Arqueológico Antonini)

ナスカ地上絵 遊覧飛行

2015-11-21
トピック:世界一周ペルーナスカ

噂ではセスナは110~150USDということだったが、今はローシーズンなので70USD(8~12人乗り)、75USD(4~7人乗り) (空港税25ソル,約900円は別途) (いずれもパイロット2名含む)で乗れるみたいなので早朝に地上絵をセスナから見てきた。

動画も作りました
南米バイクツーリング:ペルー・ワカチナ→ナスカの地上絵 by ○ーミン

小型機の方が低空を飛ぶので絵がよく見えるらしい。大して値段違わないし、小型機(4~7人)なら窓際席が確定なので小型機75USDにした。 体重100kg超えると2名分料金のようなのでインドで30kg痩せていて良かった。今はリバウンドして100kg危ういけど、頼んだホテルの人がうまくねじ込んでくれるようなので融通が利くようで助かった。体重計ないので今の体重分からないけど。
→空港で計ったら88kgだった。ふむ。

揺れを心配していたけれども意外と快適でした。

というか、乗っている間は気にならなかっただけで、地上に戻ってみたら意外と気分悪くなってました。30分くらいの短いフライトなので、地上絵に集中していて意識が体に行っていなかっただけっぽい。ホテルに戻ってから2時間くらい横になっていて、その後回復。

地上絵は、噂で聞いていたようにかなり小さく見えます。小型機で6人乗り(パイロット2名、乗客4名)だったので地上近くを飛んだ筈なのですがそれでも小さかった。



↓トリミングしたもの


↓ 標準レンズ相当(35mm + APCサイズミラーレスで1.5倍拡大相当 = フルサイズの50mmレンズ相当)で撮るとこんな感じ。 だいたい目で見るのと同じくらいの感覚です。人間の目ならばなんとか探して分かるというレベル。


↓ 真ん中あたりに「宇宙人」があるけれどもかなり小さい。


↓ かなり拡大。


分かっていたとはいえどれも小さくて少し残念だったけれども、とりあえずきちんと見れたのでよしとします。まあ、心残りはない。

たぶん午前の早いフライトだったから風が弱くて揺れが少なかったのだけれども、このあたりは昼間以降夕方まで強風なので、リマあたりから日帰りで来る人たちは強風の中を飛ぶことになってかなり揺れると思われます。8時にホテルを出て9時半にはホテルに戻るようなスケジュールでした。



ナスカ(Nazca)の町に移動(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)アントニーニ博物館(Museo Arqueológico Antonini)
トピック:世界一周ペルーナスカ