サルタ近郊のバンダ(道路封鎖)(同テーマ&時系列の前記事)

サルタで闇両替

2015-12-02
トピック:世界一周アルゼンチンサルタ

サルタはアルゼンチン北部の主要都市なので、中央の公園近くでとりあえず両替を済ます。
歩いていると呼びかけている人がいるのでそれが闇両替商の合図だ。 意外と堂々と行っている。

アルゼンチンはインフレが激しいため、US100ドル紙幣を皆が集めたがっている。ただしUSドルはアルゼンチン国内では流通していないので旅行者に群がる状況だ。
アルゼンチンペソの正規レートが9.6くらいで新聞に載っている闇レートが14.5だけどSaltaは大きいと言っても地方都市なので100ドル紙幣で14.3、20ドル紙幣で14のレートのようだ。45%ほど違う。

ガソリン1Lが約14.5ペソで約183円/Lが正規レートだが、闇レートで124円/Lになるので闇レートが普通の値段という感覚だな。正規レート換算だとなにもかもが高すぎる。

闇レートが新聞に載っているし、道端で闇両替商がたむろしている。そして外国人が当たり前のように両替している。噂通りであるが、これがアルゼンチンの現実だな。



サルタ近郊のバンダ(道路封鎖)(同テーマ&時系列の前記事)