銀行ATMから出たお札:偽札確定(時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)パンク

コロンビアまで移動し、ヘルメットにナンバープレート記載


エクアドルは中継点の町Salcedoに宿泊し、キトはスルーしてコロンビアを目指しました。

ニュースによると、
コロンビア先住民族全国組織(ONIC)のデモによって5月30日から閉鎖されていたコロンビア南部のパンアメリカンハイウェイが本日6月13日から開通したとのこと。よかったよかった。さすがに数日は混乱が続くだろうが、私が通過する3日後にはそれなりに普通に戻っていることを期待したい。具体的には、ポパヤン(Popayan)があるコロンビア南部のカウカ県(Cauca)の地域で閉鎖されていたようだ。
先日の6月12日の会合である程度の同意に至ったのことだが、一部の参加者はコロンビア北部でストの続行を決定しているとのこと。ニュースの通りならば私が通るところは影響がないはずだが・・・。さてさて。
http://www.elcolombiano.com/colombia/se-levanto-el-paro-en-el-cauca-con-el-compromiso-de-nuevas-reuniones-JY4375685

そしてエクアドル北部の町、Ibarraに到着です。

ここから先ボゴタ近郊までは麻薬組織や武装組織の勢力が強いので、南下した時と同様に1日の走行距離は控えめにして昼間の明るい時間帯に移動します。9時前後に出発して3時までには目的地に着くようにします。基本的に幹線道路からは外れずに移動します。

そんなこんなでコロンビアに入国。
この旅も後ちょっとで終わり。

コロンビアは 車の排気ガスが私が行った南米の国の中で一番酷くて、黒煙はきまくりです。

コロンビア(特にボゴタ?) ではヘルメットの後ろにナンバープレートと同じ文字を入れないといけないのでバイク屋でシールを貼ってもらいました。シール貼ってない人も多いのでどの程度定着しているのかはわかりませんが5000ペソ(180円)でちょちょいと貼ってもらいました。
お偉い人がバイクで狙われたのでこういう仕組みを作ったそうです。へえ。





銀行ATMから出たお札:偽札確定(時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)パンク