アンカレッジに移動し、レンタカーで移動、アウトドアグッズ入手、携帯SIM入手


さて、イースター島終了です。明日から数日かけてアラスカに移動します。

イースター島(午後出発)→サンティアゴ(ホテル宿泊,一泊目)→ボゴタ(2泊目ホテルで中休み, 3泊目機内泊)→ダラス→ロサンゼルス→アンカレッジ(深夜着)と移動します。

経由地のボゴタで安物バッグが崩壊を始めた..
既にキャリー部分は崩壊済。
バッグの端も破れはじめていて中身が飛び出す可能性あり。
ビニールで囲ってもらうかな...

途中、ボゴタ→ダラス便で病人発生でパナマに引き返しました。
南米でLan航空の787は快適だったけれどもボゴタからダラスに向かうAmerican Airlineの飛行機は小型で座席も微妙。空調管理も微妙で、ボゴタの標高が2千数百メートルで既に空気が薄いのに加えて、テイクオフしたら更に空気が薄くなって頭がクラクラ。空気枕がパンパンに膨らんだよ。
そんなとき、後ろに座っているお爺さんが調子悪くなって機内にいるドクターに協力を呼びかけ、ついにはパナマに引き返しました。
たまにはありそうなことだけど、私はこんなの初めて。パナマで酸素ボンベ吸って回復したらしく、お爺さんは乗ったままパナマ出発、ダラスには3時間遅れでした。

3ヶ月も滞在するので入国審査でいろいろ聞かれて、入国はできたけど税関で引っかかって税関の横の部屋で再度事情聴取。アメリカ入国は厳しくなっているなあ。
トランジット6時間のうち3時間が上記のフライト遅延、入国やら空港内移動にも時間がかかって意外にギリギリでした。
さて、次はロサンゼルスでトランジットです。

アメリカは先進国でとても快適。
日本からアメリカに行ったときは荒んだ空気と思ったものだが、南米から飛んでみると先進国の、とても落ち着いた場所だと感じる。
随分と印象が変わるものですね。
これから3ヶ月アメリカですが、なんとなくパリに1年くらい住みたい気持ちが急に出てきた。ただ、これはすれ違った人の気持ちを拾っただけのような気もする。あまりにも急だから。

そしてアラスカのアンカレッジに到着です。遠かったです。
前情報通り白夜です。深夜0時なのに夕方みたいです。

せっかくビニールぐるぐる巻きにしたのにアメリカ入国前に外されてバッグが崩壊寸前です。はぁぁ。買うかあるいはダンボールで代用だなあ。

アンカレッジ空港で車を借りました。
1ヶ月で1,200ドルの激安小型ハッチバックを選んだのですが実際にはいいのが出てきました。
うーん。アップグレードは嬉しいんだけど意外に車幅もあるし外が見にくいなあ。燃費も悪そうだし、アップグレードはメリットとデメリットがあるなあ。
上記金額の他に200ドルくらいで任意保険も付けました。
これから1ヶ月、アラスカぐるりと回ってアンカレッジに戻ってきます。
とりあえずここアンカレッジでテントとかアウトドアグッズを揃えます。REIってチェーン店が有名っぽいです。
あと、今日携帯Simも入手します。



そして、アウトドアショップREIでアウトドアグッズ大人買いしたらUSD1,000になった...
まあ、そのくらいはするよね。

ひとまずアンカレッジ郊外のキャンプ場でグッズを試します。
なかなかいい感じです。
テントは本体800g+フットプリント200gくらい?
最近のテントは凄いですね。USD300でした。
重ければUSD30くらいからあったのですが軽いタイプに興味があったのでこれにしてみました。意外に丈夫です。

そして、 アンカレッジのウォールマートで買ったNet10というSimカードがなかなか動かなくてサポートに電話してようやく使えるようになりました。
デナリの入り口では使えるっぽいですが中は期待できないですね。
http://www.net10wireless.com
登録完了までちょっと苦労しました。基本的にセルフサービスでWebから登録しないといけないので。

1. 最初に見つけたSimを入れたらVerizon用で、Web登録中のスマホの機体番号入力で弾かれる。
2. 返品に傾いたが、返金不可能とある。ヤバい。
2. 他のSimも同梱されていることに気付く
3. T-mobileで試してWebから登録を済ませるがローミングになってネットに接続できない。
4. AT&Tに変えようとしたがWebからうまくいかない。サポートに電話して変えてもらう。変更に日前後待つ。
5. ようやく今朝繋がった。いい感じです。