(同テーマ&時系列の次記事)チャイルドケアのDaybear

Spectacles - サングラス風のアクションカメラ

2016-11-15
トピック:ITスタートアップ: アメリカ

今回はロサンゼルスのSnap社を取り上げます。2011年5月創業でSpectaclesという特殊なカメラを提供しています。メガネに取り付けられたカメラから動画を撮るというアイデアで、GoProとコンセプトは似ているのですが、もっとクールな印象を受けます。
既に7ラウンドで資金調達をしています。最初はSeed(種)段階と言いますが、創業1年後の2012年5月に最初資金調達をしています。金額にすると約$500K(約5千万円)なのでハードウェアを提供する会社としてはさほど大きくはありません。続いてその約1年後に$12.5M(約13億円)の資金調達を達成したことでSeed(種)段階から抜け出てSeries A(資金調達するごとにA,B,Cと続く)に移行しています。日本人からするとこのようなベンチャーに何故そんな13億円も提供するのかと思うかもしれませんが、話はこれで終わりではなく、その数ヶ月後から続けざまに同等の資金調達をし、やがては$485M(約500億円)の資金調達をします。最近には次は$1.8B(18億ドル,1800億円)という訳の分からない金額を調達しています。
ちなみに、このカメラ付きメガネは数日前から自動販売機で販売開始をしたそうです。価格は100ドルちょっと。意外と安いですね。今はまだ通販ではなくSnapbotsと呼ばれる自販機で買うそうです。おそらくはまだ量産体制が整っていないのでプロモーション的に販売しているのでしょうが、来年にでもなれば日本にも入ってくるかもしれませんね。



(同テーマ&時系列の次記事)チャイルドケアのDaybear