アイテム入手(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)リオデジャネイロのカーニバル 1日目

リオデジャネイロ・カーニバル2016 メモ


私が2016年にリオデジャネイロのカーニバルを鑑賞した時のメモを残しておきます。


まず、公式ページはここ。英語ですが基本的な情報はここに載っています。
http://www.rio-carnival.net/

■会場
Sambadrome Marquês de Sapucaí


■チケット購入方法
・チケットはオンライン購入後、ホテルの一室で受け取り。
 旅行代理店で購入すると高くつくので公式ページが一番良いように思えた。
・チケット受け取り時には購入時の番号控え(印刷しておくと良い)およびパスポート持参(コピーでも良いらしいが私は本物を持参)する。

■会場アクセス方法
・地下鉄で行く場合、偶数セクターは地下鉄Praça Onze駅で降りる。奇数セクターはCentral駅で降りて会場に行く。
 その他、主要ホテルからバスのサービスもある。
 最寄りの地下鉄駅から会場までは警備が多いので治安の心配はない。

■セクターの区分け
・セクター1は関係者用
・セクター3と8がお勧め。3は始まってすぐ。8は審査員席があるところなのでパフォーマーのアピールが多い
・セクター8の前はテレビクルーが多くいるので目に入って五月蝿いことがあるかも
・一般には売られていないセクターAというチケットがダフ屋から20レアル(約600円)とかで購入可能という噂。
 これは関係者用のチケットで、準備エリアに入れるらしい。スタートするパレードの横で鑑賞する。

■座席の選び方
大きく分けて、地上席とスタンド席に分けられる。
スタンド席は遠いが安い。
地上席は近いが高い。
地上席にする場合、最前列が格段に良い。
最前列のほぼ全員が立ち上がって見るため、中途半端に中央や後ろの席にすると最前列の人に視界がかなり隠される。
最前列と中央席の値段差はわずかなので、満足度で比べたら最前列を取った方がコストパフォーマンスが格段に良い。
中央席および後部席の満足度はそこそこなのでコストパフォーマンスが悪い。
なので、地上席にするのならば必ず最前列にする。
地上の最前列が取れないのであればスタンド席の方がコストパフォーマンスが良い。
多少視界が遮られても良いのであれば地上席の中央席および後部座席でも良い。

■治安情報
Central駅の北側はスラム街なので立ち入らない


南側であっても人気のない時間帯は危険なことがあるので不要な出歩きは避ける。
観光ポイントが多くあるセントロ全体的にそんな感じ。夜はなるべくタクシーを使う。

コパカバーナ(COPACABANA)ビーチは比較的に安全だが、裏手の丘はスラムなので立ち入らない。


同様に、各種観光ポイントの近くにスラムが点在しているので雰囲気が違うところには立ち入らない。

■ホテルの選び方
メトロ駅から近いホテルにする。
Googleストリートビューでメトロ駅からホテルまでの道順を確認し、以下をチェックする
・細い路地の奥にあるホテルは避ける
・スラム街(ファベーラ)にあるホテルは避ける
・カーニバル期間はホテル代が高騰するので半年前までに予約するのが良い。
 遅くとも数ヶ月前までに予約すれば良い宿が見つかる可能性が高い。
・開催日の当日ではなく前日にリオデジャネイロに入るスケジュールにする。
・最終日の翌日チェックアウトではなく、1日休息日を入れて、その次の日にチェックアウトにする。
 カーニバルは夜中から早朝にかけて行われるため、鑑賞した翌日の午前中はホテルで寝るスケジュールにする。
 よって、カーニバル鑑賞した翌日のチェックアウトの場合は寝る時間が確保できないため1日休息日を入れるのが良い。
・ホテルによっては1週間連続して予約しないといけないルールがあるので、気になる場合は確認すること。
 Booking.comなどではそのような縛りは見かけなかったが、直接予約するとそういうことがあるのかもしれない。

■持参する荷物
・なるべく軽装で行くのが基本
・三脚は役に立たないので不要(もしかしたら禁止かも)
・アルコール飲料は持ち込み禁止 (中で売っているので中で買えば飲むことはできる)
・長く見るつもりの人は座布団を用意するとよい(現地でも10レアル、約300円で地元の人が売っている)
・飲み物は現地で買える
・軽食も現地で買える
・雨が降りそうな場合はカッパ (折りたたみ傘は、それを広げるスペースがないと思われる。もしかしたら禁止なのかも)
 夜でもそれなりに暖かいので元気ならカッパはなくても平気かも
・雨が降った場合に機械類を入れるための防水袋(少なくともビニール袋)
・踊る場合は靴あるいはかかとの止まっているサンダル
・気の利いた服装 (面白い格好をしてきている人が多い)
・ティッシュペーパーいくつか(トイレに紙がない時がある)
・パスポートやクレジットカードは持っていかない。現金とパスポートコピー、保険証のコピーのみ
・チケットを忘れずに持参する。再発行しないので注意

■鑑賞する時間帯
9時頃にスタートし、午前5~6時頃に終了する。
鑑賞するセクターに来るまで時間が少しかかることがある。
セクター3は開始直後なのですぐに来る。
セクター8に来るまで約20分ほどかかる。
自分の前に来てから通過し終わるまでに30~45分ほどかかる。
その後、次の組が来るまでは休憩時間(だいたい2~30分ほど空きがある)
4日間のうち最初の2日間は2部リーグで、パレードの長さが短い。
最後の2日間は特別リーグで、規模が大きくてパレードが長いので通過に時間がかかる。
人によっては数組見て満足してホテルに帰る。
私は最初から最後まで見た。

■その他
地上席の場合、最前列の囲い(6人席)の人が誰もいなくなるあるいは人数が少なくなると、どこからともなく後ろから人がやってきて最前列に割り込む(苦笑)
さすがにチケットを持っている人が優先されるので邪魔であれば言えば向こうは引き下がる。
地上席にいるのはスタンド席よりも多少高い値段を出せる人たちなので、それほど悪質な人はいない雰囲気。
最初の2日は2部リーグでチケットも安いので客層が地元民っぽいが、後の2日はチケットも高いので外国人が多い。
コストパフォーマンスで言えば、最初の2日の2部リーグの最前列は1万円前後で入手できるので一番コストパフォーマンスが良いと思われる。 どれか1日だけ見たい、という人はこれをお勧めする。 後半2日の特別リーグになると、同じ値段出してもスタンド席になってしまう。
せっかく行くのだからお金を気にせずいい席でいいものを見たい、というのであれば上に書いた通り後半2日の特別リーグの地上席・最前列が良い。目の前で鑑賞できる。
期日が近づくと選択肢が狭まるので、1ヶ月前にはオンラインで購入しておくと良い。



アイテム入手(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)リオデジャネイロのカーニバル 1日目