ポトシ(Potosi)に移動(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ポトシ(Potosi)町中

造幣局跡博物館(National Mint House, National Mint of Bolivia, Casa de la Moneda de Bolivia)

2016-04-23
トピック:世界一周ボリビアポトシ

悪名高き造幣局。



そしてこれがポトシの有名な顔。
昔のえらい人の顔だが、ここにかけてある由来は不明だとか。
ぱっと見た目、性根ねじ曲がった意地悪な領主にしか見えないんだが。
でも、地元の人の顔に似ていなくもないんだな。



中は定時のガイドに寄り添って歩きます。



奴隷がこの仕事につくと平均3ヵ月で髪が落ちて歯ががくがくになり、やがて死亡したらしい。
恐ろしい時代だな。
6ヶ月で自由にしてあげると約束し、3ヶ月で死んでゆくらしい。



なるほどねえ。
世界史の授業はあんまり覚えてないけどこの銀山の強制労働に反発してボリビアが解放独立するに至ったのか。
推定800万人死亡、ってどういうこっちゃ。ここは死の山か。
http://www.y-history.net/appendix/wh0901-061.html





ポトシ(Potosi)に移動(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)ポトシ(Potosi)町中