(同テーマ&時系列の次記事)Paytm

OYO rooms

2017-02-06
トピック:ITスタートアップ: インド

インドの2013年スタートアップである OYO Rooms はグルガオンが本社で、初期の投資者にはソフトバンクもいる。
https://www.oyorooms.com/

直営のホテルも多くあるようで、テクノロジーで標準化していくコンセプトのようだ。直営ホテルは安価なのに部屋は概ね綺麗で、レビューの評価もいい。ローカル向けの価格帯よりはちょっと上だが国際的には安価な価格帯で強いホテルチェーンのようだ。
予約サイト上に直営以外の部屋もそれなりにあるし、数年しか経っていないのに随分と頑張っている。
携帯番号をID代わりにしているところがインドっぽい。
予約確認とかが国際SMSでバンバン届くので費用のこと考えてるのかよく分からないところがバブルっぽい。このあたりはインド人がメイン顧客なら問題なさそう。

Android用アプリはBooking.comと使い勝手が似ていて、使いやすい部類に入るので常用できそう。海外進出するかどうかはわからないけれども、意外とやる。侮れない。ただ、実際には多くのホテルは他のサイトと被っているのでこのアプリを使うメリットとしては主に直営ホテルの予約に絞られるか。

外国人がインドのSIMカードを持っていなければ旅行中に予約できないシステムなのは経営的にも使い勝手にもかなりマイナスか。途中で予約変更するなんて普通にあるだろう。
外国人が外国からその国のSIMカードで予約した後にSIMカードを差し替えるとどのような挙動になるのかはわからないが、インドのことだからそのあたりはあまり考えていないように思える。



(同テーマ&時系列の次記事)Paytm