シバナンダ先生のクンダリーニ・ヨーガ

2018-03-26
トピック:スピリチュアル: ヨーガ

シバナンダ先生のDivine Life Societyで配布されている無料本 Kundalini Yogaを読んでいきたいと思います。案内によると、以下のようにあります。

■案内


宇宙の力の根底にある理論は、その最も薄い細糸まで分析されており、個人のこの偉大な根源の力を目覚めさせるための実用的な方法が示唆されている。 この書物は理論を説明し、クンダリーニ・ヨガの実践を説明します。

■序文「クンダリーニの目覚めの経験」


瞑想の間、あなたは神の姿を見て、神の匂い、神の味、神の触れ合いを経験し、神のアナハタの音を聞く。 あなたは神からの指示を受けます。 これらは、クンダリーニ・シャクティが目覚めたことを示しています。 ムーラダーラで騒ぎが起きる時。髪の毛が根元に立つ時。ウディヤナ、ジャランダラ、ムーラバンダが無意識に起こるとき。それによりクンダリーニが目が覚めたことを知ります。

アナハタの音とはナーダ音のことですね。クンダリーニ・シャクティとは女神に象徴されるクンダリーニの力です。ムーラダーラは根のチャクラ、ルートチャクラです。ウディヤナ、ジャランダラ、ムーラバンダはそれぞれヨガの3つのバンダで、ヨガの手法的にはそれぞれの場所を固定することですが、それが自動的に起こるようです。私の場合、ナーダ音の記事に書いたようにナーダ音は聞こえていて、一度だけですがクンダリーニ・シャクティが少し目覚めた経験があります。バンダが自動的に起こるかどうかはよく分かりません。

意識せずに息が止まる「ケーヴァラ・クンバカ(Kevala Kumbhaka)」が自動的に起こるとき、クンダリーニ・シャクティが活性化していることを知ります。プラーナ(微細なエネルギー)の流れがサハスララ(クラウン・チャクラ)まで上がったと感じるとき、あなたが至福を経験したとき、あなたがオーム(のマントラ)を自動的に繰り返すとき、世界の思考が心にないとき、クンダリーニ・シャクティが目を覚ましたことを知ります。

ケーヴァラ・クンバカ(Kevala Kumbhaka)は瞑想の上達を示す「しるし」の1つで、意識が静まってくると自然に息が止まるようになります。これは私の場合、瞑想中やリクライニングチェア、あるいはヨガのシャバアサナなどで割と自然に起こります。

瞑想において、目が眉間の中心のTrikutiに固定するShambhavi Mudraが起こることでクンダリーニが活性化したことを知ります。あなたの体の中のさまざまな部分でプラナ(微細なエネルギー)の振動を感じるとき、電気ショックのような震えを経験するとき、クンダリーニが活動的になっていることを知ってください。 瞑想中に身体がないかのように感じ、まぶたが閉ざされ、汗を流しても開かず、電気のような流れが神経を流れるとき、クンダリーニが目を覚ましたことを知ってください。

瞑想においてインスピレーションと洞察力を得るとき、その性質があなたに秘密を広げるとき、すべての疑いが消え、ヴェーダの聖典の意味をはっきりと理解し、クンダリーニが活気づいたことを知ります。あなたの体が空気のように軽くなるとき、騒がしい環境ですら平静の心を保ち続けるとき、仕事のために無尽蔵のエネルギーを持っているとき、それはクンダリーニが活発になっているのだと知ってください。

貴方が神への陶酔を得るとき、貴方が演説の力を成長させるとき、クンダリーニが目を覚ましたことを知ってください。 ヨガのポーズである様々なアサナを最小限の痛みや疲れで意識せずに行うとき、クンダリーニが活性化していることを知ります。あなたが美しく崇高な賛美歌と詩を無意識のうちに作ったとき、クンダリーニが活気づいたことを知ってください。

古典的なラージャ・ヨガおよびハタ・ヨーガ・プラディーピカーのような古典を元にしているようです。

■マインド(心)の少しづつの上昇


チャクラは、重要な力としてのシャクティの中心です。 言い換えれば、肉体においてプラナヴァによって生み出された肉体におけるプラーナ・シャクティの中心であり、それぞれ司っている宇宙的意識に結びついた神々デバタたちであり、それらがこのチャクラ・センターの形で現れる。そのチャクラは物理的感覚では認識できません。それらを組織化する助けになるような肉体の該当部分が知覚可能であったとしても、肉体部分は死と共に崩壊してしまいます。

プラナヴァの音が聖音オームであると聖典は言うが、その神秘はなかなか理解し辛い。プラナヴァによって魂や霊が顕現するような、神秘に属する知識らしい。

心の純粋さがヨガでの完成に繋がります。他人と触れ合うとき、貴方の行動を規制しなさい。他人に嫉妬感をしてはいけません。 思いやりのある人になりましょう。 罪人を憎むな。 誰に対しても親切でありなさい。 ヨガの練習に最大限の力を入れれば、ヨガの成功は急速になります。
貴方は解放と強烈なヴァイラーギャ(利欲)を熱望していなければなりません。あなたは誠実で真剣でなければなりません。 サマーディ(瞑想の超越状態)に入るためには、激しい定期的な瞑想が必要です。


基本的な欲望と情熱を持つ世俗的な人間の心は、肛門と生殖器の近くにそれぞれ置かれているムーラダーラとスワディスタナのチャクラにそれぞれあります。心が浄化されると心は臍の中心であるマニプラチャクラに上がり、ある程度の力と喜びを経験する。心がより浄化されると心はハートのセンターであるアナハタチャクラに上がり、幸福を体験し、イシュタ・デバタ(理想神)の優雅な姿や守護神が視覚化されます。精神が高度に浄化されるとき、瞑想と献身が激しく深くなるとき、心は喉の中心のヴィシュッダ・チャクラに上がり、ますます多くの力と喜びを経験します。 心がこの中心に到達しても、それが下の中心に降りてしまう可能性があります。

ヨーギが2つの眉間の中心のアジナ・チャクラに達すると、彼はサマーディを達成し、至高の自己(セルフ)であるブラフマンを実現します。 信者とブラフマンの間には、若干の分かれた感覚があります。もし彼が千枚の蓮子の花弁で象徴される脳の精神的な中心であるサハスララ・チャクラに達するとヨーギは超意識状態であるニルヴィカルパ・サマーディを得ます。彼は非二次元のブラフマンと一体になります。全ての分離感は溶けてなくなります。これは、意識の最高の面である最高のサムプラジュニャータ・サマーディです。 クンダリーニはシヴァと結びついています。

ヨーギは喉のセンターにまで降りてきて生徒たちに指示を与え、他の人に良いことをします(Lokasamgraha)

■クンダリーニを呼び覚ますためのプラナヤーマ


以下のことを練習するときは、クンダリーニ・シャクティの座席である脊柱の基部にある三角形の形のムーラダーラ・チャクラに集中します。右の親指で右の鼻孔を閉じます。3オームをゆっくりとカウントするまで左鼻孔を通して吸います。あなたが大気でプラーナを描いていると想像してください。次に、右手の小指と薬指で左鼻孔を閉めます。その後、息を12オーム保持します。電流(プラーナ)を脊柱から下ろし、三角形のロータスであるムーラダーラ・チャクラに真っ直ぐに送ります。神経の電流(プラーナ)が蓮に当たり、クンダリーニが目覚めると想像して下さい。そして、6オームを数える間、右の鼻孔を通してゆっくりと吐き出します。同じ単位を使用し、同じ想像力と感覚を持って、上記のように右の鼻孔からプロセスを繰り返します。このプラナヤーマはすぐにクンダリーニを目覚めさせます。朝は3回、夕方は3回行います。あなたの強さと能力に応じて、徐々にそして慎重に数と時間を増やしてください。このプラナヤーマでは、ムーラダーラ・チャクラに集中することが重要です。集中力の程度が強く、プラナヤマが定期的に練習されている場合、クンダリーニは早く目を覚ますでしょう。

これはアヌローマ・ヴィローマとして知られている片鼻交互呼吸法です。

■クンダリーニ・プラナヤーマ


このプラナヤーマでは、プラカ(吸入)、クンバカ(呼吸保持)、レチャカ(呼気)の比率よりバーバナ(意図を心で感じること)が重要です。

肉体的な息のコントロールよりプラーナのコントロールが重視されます。

東または北に面して、パドマあるいはシッダ・アサナで座ってください。精神的に真のグル(精神的指導者)の蓮の足に平伏し、神とグルを賛美するストートラを朗読した後、クンダリーニの目覚めに簡単に導くこのプラナヤーマを始めます。

インドの伝統的なヨガでは、何をするにも最初と最後にマントラ等のお祈りを唱えます。

深く吸い込み、音を出さないでください。あなたが息を吸うにつれ、ムーラダーラ・チャクラに潜んでいるクンダリーニが目覚め、チャクラからチャクラに上っていくのを感じます。 プラカ(吸入)の終わりに、クンダリーニがサハスララに達したバーバナ(意図を心で感じること)を持ちます。チャクラからチャクラに繋がる視覚化がより鮮明になればなるほど、このサダナ(精神的修行)であなたの進歩はより速くなります。

しばらくの間、息を止めてください。プラナヴァ(聖なる音オーム)あるいはイシュタ・デバタ(理想神)を繰り返します。サハスララ・チャクラに集中します。母クンダリーニの恵みによって、あなたの魂を包む無知の暗闇が解消されたと感じてください。 あなたの全てが光、力、そして知恵によって浸透していると感じてください。

ゆっくりと息を吐き出します。あなたが吐き出すにつれ、クンダリーニ・シャクティがサハスララ・チャクラから各チャクラを辿ってムーラダーラ・チャクラに徐々に降下していると感じます。

ここでもう一度プロセスを開始してください。このプラナヤマを完全に賞賛することは不可能なほど素晴らしいです。 非常に迅速に完璧を達成する魔法の杖です。 数日間の練習でさえ、驚くべき栄光であなたを納得させるでしょう。 今日、この瞬間から始めましょう。神が喜び、至福と不滅であなたを祝福しますように。

■クンダリーニ


クンダリーニという言葉は全てのヨガの修行者にとっておなじみのものです。それは力として知られ、7つのチャクラのうちの最初の1つであるムーラダーラ・チャクラに眠っているコイル状のサーペント(蛇)の形をしています。他の6つのチャクラは順番にスワディスタナ、マニプラ、アナハタ、ヴィシュッダ、アジナ、サハスララです。

ジャパ(マントラ繰り返しの瞑想)、瞑想、キールタン(チャンティング)、祈りの形での全てのサダナ(精神的修行)は全ての美徳の育成と真理・非暴力・自制のような苦行の遵守はこのサーペント(蛇)の力を目覚めさせるために蓄積され、スワディスタナからサハスララへと続く一連のチャクラを通過します。サハスララは蓮の千枚の花びらとも呼ばれ、ムーラダーラに横たわっているシャクティのクンダリーニから離れてしまったサダーシヴァ(Sadasiva)あるいはパラブラフマンあるいはアブソリュート(絶対者)の座席とも呼ばれます。それはやがてクンダリーニが上に述べたように全てのチャクラを通過することで統合に至ります。主との統合をするテクニックであるヨガの修行者の解放がもたらされ、その努力が実って成功します。

サハスララに住むシバとムーラダーラに住むクンダリーニ・シャクティが通常は離れており、それが合一すると覚醒に至ります。

官能的で性的快楽を楽しむ世俗的な人々の場合は、このクンダリーニの力は、霊的修行の形での刺激がないために眠っています。世俗的な富と豊かさを持つことによって得られた他の力ではなく、そのような霊的な練習を通して生み出された力だけがサーペント(蛇)の力(クンダリーニ)を目覚めさせます。 グルとしての称号があり、クンダリーニがすでに目覚めて上のチャクラのサダーシヴァ(Sadasiva)に到達しているスピリチュアルな指導者が同じゴールを達成しようとしている他者を導いて助けているので、先駆者の指示に従って修行者がシャーストゥラ(聖典)で禁じられているすべての規律を真剣に練習することにより、クンダリーニを取り囲むベールの層は晴れ始め、ついには裂かれ、サーペント(蛇)の力は上向きの方向に押されたり動かされたりします。

修行者の精神的な目に超感覚的な映像が現れ、言い表せない驚異と魅力を持つ新しい世界がヨーギの前に自らをさらけ出し、幾つもの層が次々にその存在と栄華を修行者の前に表します。そしてヨーギは神の知識と力と至福を得て、それは次々に増大します。クンダリーニがチャクラを貫くごとに、クンダリーニが触れる前にそのチャクラが花開きます。その力を手放さないでください。それは神聖な光と香りを放ち、神の秘密と現象を明らかにします。それは世俗的な人々の目から隠されており、彼らはその存在を信じることを拒否します。

クンダリーニがヨーギの中心である1つのチャクラに登ると、ヨーギはヨギの階段を1ステップ上がる。もう1ページ、次のページ、彼は神の本を読む。クンダリーニが上に上がるにつれ、ヨーギはまた、精神的な完成であるゴールに向かって前進する。クンダリーニが6番目のセンターであるアジナ・チャクラに達するとヨーギは個人的な神であるサグナ・ブラフマンのビジョンを得て、サーペント(蛇)の力が最後のトップセンターであり十枚の蓮の花弁であるサハスララ・チャクラに達するとヨーギはサット・チット・アーナンダ(実在・純粋意識/知識・至福)の海の中で個人的人格が溶けてゆき、最上の魂である主と1つになります。彼はもはや普通の人ではなく、単純なヨギではなく、無限の神の王国を征服した完全に輝く聖人であり、幻想との戦いで勝利した英雄であり、無知の海あるいは天性の存在を超えて解放された人であるムクタであり、相対世界で苦しんでいる他者の魂を救う権限と能力を持つ優れた人であり、聖典は、可能な限り最高の栄光の道と彼の業績で彼を最も讃えています。 3つの存在であるブラフマ、ヴィシュヌ、シヴァですら天界の存在は彼を羨ましく思います。