ナーダ音とクンダリーニ(同テーマ&時系列の前記事)

クンダリーニの覚醒、2分類

2018-10-28
トピック:スピリチュアル: ヨーガ

クンダリーニの覚醒には、大きく分けて2つあると言われているようです。
  • 急激型:轟音と共に一気に上がる
  • 緩慢型:少しづつ上がる
この分類は気功で有名な高藤聡一郎氏による分類のようですが、手元にある高藤聡一郎氏の本には同様の記述は見つけられませんでした。

これについては「ヨガと冥想(内藤 景代著)」に以下のような記述があります。
とぐろを巻いた蛇で象徴される、クンダリーニは、根源的な火のような生命力です。その炎のようなエネルギーを、一気に登頂まで、呼吸法で上昇させるのは、頭まで熱くなって、気が逆上することで、危険なのです。
古代からのチャクラ覚醒法は、下から上昇するクンダリーニ・シャクティの荒々しい力で、つぼみのように封印されたチャクラを突き破れば、チャクラは開花するという方法です。まったく、男性原理的な発想で、チャクラの機能が狂ってしまう可能性の方が高いのです。

急激型のクンダリーニ覚醒がいわゆる「ヨガ病」あるいは「クンダリーニ症候群」と言われている状態を引き起こすのだと思います。

それは、 スシュムナが浄化されていなくて不純物で詰まっている状態でクンダリーニを上げようとするからおかしくなるのでしょう。

ヨガの古典には緩慢型しか述べられていないように感じます。
世間一般でのクンダリーニのイメージと違い、急激型に関する記述は見つかりません。

続き: クンダリーニの覚醒、3分類



ナーダ音とクンダリーニ(同テーマ&時系列の前記事)