(同テーマ&時系列の次記事)ほとんどの時間は浄化に費やされる

クンダリーニが目覚めなければ何も始まらない

2018-11-11
トピック:スピリチュアル: ヨーガ

「瞑想と霊性の生活3(スワーミー・ヤティシュワラーナンダ著)」にはホーリー・マザー(サーラダー・デーヴィー )の同様の発言があります。

弟子「マザー、クンダリーニが目覚めなければ何も得られませんね」
ホーリー・マザー「わが子よ、その通りです。」

よって、以下の順番になるのでしょう。
1. 浄化
2. ナーダ音が聞こえるようになる。 (聞こえない人もいる)
3. クンダリーニ経験
4. 意識の変化、チャクラ体験

であれば、世の中の風潮でチャクラがどうのこうのと言っているのはかなりレベルの高い話であり、ほとんどの人はチャクラなんて関係がないことがわかります。それはヨガ系の教えでもグルからそのように伝えられますし、実際その通りなのでしょう。世の中の流行でチャクラを学んだりしてみても実際の現実の変化にはそうそう繋がらず、であれば、地道に浄化からするしかない、ということなのでしょうね。これは、特別な人のみがチャクラを扱えるという意味ではなくて、おそらく誰でもこの手順でチャクラ覚醒に至ってチャクラを扱えるのだが、その段階に達している人が少ないという意味です。



(同テーマ&時系列の次記事)ほとんどの時間は浄化に費やされる