(同テーマ&時系列の次記事)奉仕への招集とナーダ音

うぐいすの声のナーダ音と音符

2019-06-20
トピック:スピリチュアル: ヨーガ

この記事は 「アナハタ・ナーダの聖音とクンダリーニ」の続きです。

■うぐいすの声
後日、「あるヨギの自叙伝」を読み返していたら以下のような記述を発見しました。

インドの神話は、オクターブの7つの基音をそれぞれ、色彩と、鳥や獣のなき声に関係づけている。すなわち、「ド」は緑色でくじゃくの声、「レ」は赤色でひばりの声、「ミ」は金色でやぎの声、「ファ」は黄白色であおさぎの声、「ソ」は黒色でうぐいすの声、「ラ」は黄色で馬のいななく声、「シ」はあらゆる色の結合色で像の声、といったぐあいである。

ここで、「ソ」の「うぐいすの声」が気になります。というのも、前記事に引用したようにナーダ音で最初に聞こえてくる音がうぐいすの声だからです。とは言いましても、私は音感があまりないので音程とかわからないのですけれども。



(同テーマ&時系列の次記事)奉仕への招集とナーダ音