ヨーガスートラはマニプラ以下を主に扱う?(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)クンダリーニの覚醒、3分類

ヨーガスートラの八支則とクンダリーニ

2019-08-08
トピック:スピリチュアル: ヨーガ

これはパタンジャリのヨーガスートラ八支則(アシュタンガ・ヨーガ)とクンダリーニの関係のメモです。

  1. ヤマ Yama(禁戒)
  2. ニヤマ Niyama(勧戒)
  3. アーサナ Asana(坐法)
  4. プラーナヤーマ Pranayama(調気、呼吸法)
  5. プラーティヤハーラ Pratyahara(制感、感覚の制御)
  6. ダーラナー Dharana(疑念・集中)
  7. ディヤーナ Dhyana(瞑想)
  8. サマーディ Samadhi(三昧)
前記事の通り、これらはヨーガスートラ3章7〜8番に基づいて2分割あるいは3分割できます。

  • 準備段階の5つ:ヤマ、ニヤマ、アサナ、プラーナヤーマ、プラティヤハーラ
  • 内的な3つ:ダーラナ、ディアーナ、サマーディ
  • 真のサマーディ:ニルビージャ・サマーディ(無種子三昧)
これにクンダリーニやナーダ音などを加えます。

  1. ヤマ。自己統制。間違った行為の抑制。
  2. ニヤマ。正しい遵守。宗教的遵守。
  3. アサナ。正しい態度、姿勢。
  4. プラーナヤーマ。呼吸の調整、抑制。プラーナの通り道であるナディを浄化
  5. 雑念の減少。”苦”から”苦の少ない状態”に変化。
  6. ナーダ音が聞こえ始める。私の場合ヨガをほぼ毎日し始めてから約3ヶ月後
  7. プラティヤハーラ。感覚の撤退。内的世界への入り口。この段階の最初でナーダ音が聞こえ始め、どんどんと聞こえやすくなる。
  8. クンダリーニの覚醒。ムーラダーラの活性化。マニプラ優勢の状態。私の場合ナーダ音が聞こえ始めてから約1年後。ポジティブになる。睡眠時間の短縮。声が出しやすくなる。性欲がかなり解消されて自然な(努力のいらない)ブラフマチャリア(禁欲)の達成(性欲10分の1)。体がポカポカになる。
  9. ”苦の少ない状態”から”楽”の状態に変化。
  10. ダーラナ。集中。一点集中。マインドの固定。
  11. ”楽”から”苦もないが楽もない状態”に変化
  12. ディアーナ。瞑想。集中の連続。正しいマインドの利用。
  13. クンダリーニの上昇(というか移動?)。アナハタ優勢の状態。私の場合クンダリーニ覚醒の約9ヶ月後。性欲が更に10分の1(クンダリーニ覚醒前と比べると100分の1)。脳の活性化の開始。瞑想の深まり。”いま”に生きる
  14. サマーディ。観照。分離性や個我を認識しなくなる。形を認識しなくなり意味だけを認識。十牛図の「見牛」と心身脱落
  15. 真のサマーディ:ニルビージャ・サマーディ(無種子三昧)(私はこれから)
クンダリーニは謎が多いですし、この段階は私の経験を元にしたものですので、誰もが必ずしもこうなるとは限らないと思います。



ヨーガスートラはマニプラ以下を主に扱う?(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)クンダリーニの覚醒、3分類