死んだらどうなるのか?(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)2つの喜びの謎

神界の住民と日本人の関係(夢で見たお話)

2019-08-21
トピック: スピリチュアル

いわゆる神界と呼ばれている世界に昔、遊びに行ったことがあります。夢ですけど。

■神界の住民と昭和的な日本人
ここが神界か、と思って様子を見たのですが、雰囲気は意外に日本と同じでしたね。昭和的な日本人とでも言いますか。その時に知り合ったおじちゃん・おばちゃんが私の両親として転生したわけですけど。

繰り返しますけど、夢ですよ?(笑)

そこの住民はちょっと頑固だったり、ちょっと人をからかうところなども、まさに日本人(苦笑)
噂話とか、楽しく過ごすところなども日本人な感じです。

それより下の餓鬼界とか阿修羅の世界ですと争いや妬みなどが充満しているようですけど、神界になるとそういう低次の欲望は克服されているものの、それでも、他人との軋轢は多少はあるようです。日本の住民の多くは神界出身なのではないかな・・・ と思います。 日本は神の国とか言ったりしますけど、神界と日本は魂の転生で繋がっているようです。

ですから、神界の住民は天使のような高貴な存在というわけではないようですね。
それよりも、ちょっと頑固な昭和のオヤジ、というイメージが合っています。
神界にいる女性も日本の元気なおばちゃんみたいな人が多いです。九州の元気なお母ちゃんだったり。みんなパワフルです。
神界の住民は活力に溢れている気がします。

■神界と天使
天使はまた別のようですね。名前だけで比べますと神界と天使とを結びつけてしまうかもしれませんが、神界と天使は直接的には関係なさそうです。もちろん天使は色々なところに出現しますので神界にもいますけど、神界の住民は日本人ぽい魂が多いのです。

50年以上前の私が生まれる前の話ですけど、神界に天使がいるとナヨナヨしている感じを受けるらしくて、ちょっと小馬鹿にされたり、ちょっと疎んじられたりします。その点、日本の社会で天使っぽい人が疎んじられるのと似ている感じがしますね。天使にとって神界や日本はそれほど心地の良い場所ではなさそうです。神界にしても日本にしても、昭和の頑固オヤジっぽい人が人気のようです。今の神界も少しは変わったのかもしれないですけど。

今ではそうでもなくなりましたけど、昭和の頃は可愛いものに対してバカにする風潮がありましたよね。ちょうちょとか、妖精とか、花とか、女らしくて美しいのに対する興味は平成とか令和になってから重視されている気がしますけど、昭和の頃はそれよりも元気さ優先だったように思います。昭和の頃は女性の女らしさも男らしさの視点から解釈されていましたが今は女性の視点でそのまま解釈されていますよね。日本の住民と神界の住民とで精神の程度がシンクロしていると言いますか、魂が生まれ変わりによって入れ替わりを繰り返しているのだと思います。

ですから、天使の住む天使界は別にありますね。アンドロメダな気もしますけど。
天使界は、地球の進化過程のライン上とはちょっと別な気がするんですよね。
神界は地球に近い話ですけど、天使界はちょっと離れている気がします。

■日本の神々と神界
神界の中で力をつけて神のように扱われるようになった存在もいれば、もともと大天使から派生して神として扱われる存在とがあるようです。
神界の生え抜きと天使の神との違い、とでも言いますか。ですので、日本の神々は神界の中でも力のある魂たちとそれぞれ対応しているのが基本ではありますが、日本の神々は必ずしも神界にいるわけではないのです。地上の日本人は「日本の神々」と一括りにしてしまいがちですけれども、神界の神々と天使の神々とで別になっているわけです。


これは、夢とは言っても実際には子供の頃の幽体離脱の時に知った内容とその後見た夢で知った内容とを統合しています。
30年くらい前の話なのでどこからどこまで幽体離脱で知ってどこが夢で知った話かは詳しくは覚えていないのですが、だいたいこのような内容だったと思います。



死んだらどうなるのか?(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)2つの喜びの謎
トピック: スピリチュアル