オーラと子供の教育(同テーマ&時系列の前記事)

レムリア時代のアセンション

2019-08-30
トピック: スピリチュアル

夢で見たファンタジーのお話ですけど、私、おそらく古代レムリアの時代に一度アセンションしてます。 そういう夢を見ました。

その時、民族の大多数が一気にアセンションしたので、私は特別に修行しているわけでもなかったのですが皆の意識に合わせることで一緒に自然にアセンションしていました。 あれれれれ? って感じで、一気に世界が変わったのです。

当時はおそらく今みたいな3次元の世界ではなく、もっとふわふわとした、いわゆる幽体あるいはアストラル体に近い世界だったと思いますので、その世界でアセンションと言っても、少し雰囲気が変わる、みたいな感じ(それでも大きな違いですが)だったように思います。一段階上がるわけですから、それはそれは大きな違いではありますが、今の世界のように3次元ではないのでずっとアセンションしやすい世界だったように思います。

近い将来にアセンションが再度あるとしたらまた体験したくて生まれてきているという面も少しありそうです。

・・・繰り返しますけど、これは夢のお話ですよ?

そのまま上の世界で暮らすこともできたのですが、地上の世界に興味があったので地上をふらふらと様子を見に遊びにきて、そのうち興味本位で転生を繰り返した魂が私の過去生みたいです。

ですから、私の場合は一旦アセンションした後に下の次元に下降した訳です。

昔は理由が興味本位だと思っていましたけど、言い換えればそれは学びがまだ必要だったということでもありますね。レムリアの時はみんなと一緒のアセンションだったので一部まだ学び足りない、遊び足りない部分があったのかなと。なので再度、地上に遊びに来た訳です。真面目に言い換えれば「学ぶため」とも言えますけど、学ぶというよりはむしろ遊ぶため、という感じですね。

そろそろまたアセンションがあるとかないとか言われていますけど、3次元の世界がなくなるような気はしませんね。3.5次元くらいのふわふわした感じの世の中に変わる可能性はある気がしますけど、基本はそう変わらない気もします。(この次元数は単なる比喩なので厳密な数字ではありません。)

2つの将来像が見えるのですが、1つはアセンションしない未来で、もう1つはアセンションする未来です。

どうやら、未来がどうなるのかまだ確定していないような感じです。どうなるのでしょうね。

■コギ族のマモス
本当かどうかはわかりませんが「ハートの聖なる空間へ( ドランヴァロ・メルキゼデク 著)」という本には、1999年までに起こる筈であった大変革がマカバによって回避された事が書いてあります。それによると、元々の計画ではテクノロジー中心文明の人は地球の別次元に行き、先住民族や自然派の人が物理的な地球を受け継ぐ筈だったそうです。この回避は、肯定的なこととして受け止められています。

これがアセンションと関係があるのかどうかは記載がありませんが、私の夢の内容を踏まえると、アセンションはこれとは無関係のような感じです。
大改革が回避されたとしても、それでも、やはりアセンションがあるかどうかは未確定のようです。

可能性はまだ半々で、アセンションがずっとないか、あるいは、あるとしても、誰しもがもはやアセンションなど起こらないと思うようになるほど遠い未来に起こる感じです。おそらく、あるとしたらあと数十年以内でしょうか。

上のような大改革はなくても、天変地異はあるかもしれないです。それも含めて、まだ未確定のような感じです。

・・・・夢ですよ。

夢を見たのはいつ見たのか覚えていないくらい昔で、たぶん子供の頃だったと思います。 でも、ふとした時に思い出すのです。



オーラと子供の教育(同テーマ&時系列の前記事)
トピック: スピリチュアル