耳から聞こえる、炎の柱か雷鳴のような音

2019-09-03
トピック:スピリチュアル: ヨーガ

耳から聞こえる、炎の柱か雷鳴のような音

今朝から、リクライニングチェアでうとうとしていると「ズンッ」と言う「炎の柱に入って炎を全身で受け止めるかのような振動」といいますか、あるいは、雷鳴を体全身で受け止めた音、あるいは、雷鳴が遠くで落ちた音の音程を低くしたような低く鈍い音が耳で聞こえました。ズッサァァァァーーという、ザラザラとした、ゲームの効果音でありそうな音です。今日はいつもより早く4時くらいに起きてしまったので9時くらいになったらちょっと眠気が出てしまっていたのです。

実際の雷の音のようにびっくりする大迫力の大音量ではなく、雰囲気が似ている、というくらいです。音としてはズンッって感じですけど、感覚的にはバリバリ、という、何かが割れるような音も重なって聞こえていたかもしれません。ズンッが8割、バリバリ割れる音と感覚が2割くらいでしょうか。

これは、以前引用した「Meditation and Mantra」あるいは「沈黙の声」に書かれてある7番目の「雷雲の鈍い轟音のように振動」に似ている感じです。

まず、頭の中にある「気」か何かの「圧力」が高まって、圧力が高まると共に頭の中がキーンと圧迫された感じになり、そうするとおそらく自然現象として圧力が抜け出るところを探すように頭の半分くらいまで圧力が高まり、やがてふと圧力が抜けると同時にズンッッッッという低い鈍い音がする感じなのです。このように意図したわけではなく、自然にこうなりました。イメージもしていません。

この感じですと、一旦圧力が抜けたらもうこの音は聞こえなくなるのかな? という気もしますが・・・ どうでしょう? そうであれば先日引用した同書の記述通りではあるのですが。

これは、高周波のナーダ音と違って、ずっと聞こえているという感じではありません。まだ高周波のナーダ音は聞こえ続けています。

気付いたのは今朝が初めてなので、まだまだ様子見です。
30分か1時間くらい散発的に聞こえていて、今は聞こえていません。

この音はアジナあるいは松果体に関係しているとどこかで読んだ気がしますけど、まだ大きな変化はありません。

そういえば先日(確か昨晩)に家でヘッドスタンドしていた時に左耳から似たような音が聞こえていましたけど、その時は骨か何かの圧迫音かなぁ と思ってスルーしていました。今までそんな音が聞こえたことはなかったのですが、ヘッドスタンド終わったら音が消えたのであまり気にしていなかったのです。ここしばらくは骨折していてヨガのアサナしていませんでしたし、ヘッドスタンド再開したのもここ1週間くらいなので、久々にやったらちょっと変わってたなあ、くらいでスルーしていました。ですが、今朝、同じ音が再度聞こえたので、ようやく、何だろう、と思うようになったわけです。

昨晩と今朝聞こえただけなので、これから様子を見ます。