海外旅行で両替所は時代遅れだと感じました(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)クンバメーラ、ヨガナンダSRFのキャンプ

クンバメーラで再度の早朝パレードを見ようとしましたが失敗


今朝は再度クンバメーラの(裸の)早朝パレード見学しようと思い、早起きしました。

現在5AM。
今朝もあると聞いていましたが同じ場所ではないっぽいです。
人によっては今日はないとか、それはあっちだとか、いやこっちだとか、警備やスタッフっぽいのに適当すぎる。インド人あるある。

そろそろタイムアップ。

現在6:10AM
→先日見たところに戻ったところ、知っている警備員がいました。今日は6時にセクタ12を出発して20分でここまで来るとのことです。あと10分! 移動が意外にあっという間なんですね。

現在6:15
→ 来る気配なし。他の警備員言うには、ここじゃなくてセクター9だという。めっちゃ遠いじゃん。その横の警備員が「いや、セクター8だ」とかいうけど8と9って随分離れてるじゃん。警備員くらいスケジュール把握しといてよ。これがインド・クオリティ。これでもインド的には「完璧」になります。皮肉というよりインド人的な真実。

クンバメーラは数日で十分でした。8日は長すぎ。失敗。
失敗も完璧のうちだから良いですけど。

■雑感:インドは卒業でいいかも
その後、両替しに行ってたらい回しにあったり色々で、ちょっと退屈というか倦怠感が出てきました。

インドの物価がどんどん上がっていて、多少値下げしても日本とそう変わらない価格か日本の3割引くらいのことが多くなってきたこともあり、私にとってインドは 「卒業」 でいいかな、という気ががしてきました。 値段が上がる一方で衛生面は昔のまま、インド人の不愉快さも昔ながらですし、値段だけが上がって満足度がそのままであれば微妙ですよね。 この不衛生さと不愉快さと汚さ、ズルさ、盗人の多さであればせいぜい物価1/3が限界で、それ以上は来る意味ないと思います。もう閾値を超えています。

ヨガは確かにインドにアドバンテージがあるとは思いますが今はインド人が世界中にいますし、インドに来ることは必須ではないかなという気もします。どちらにせよ自分の自己鍛錬のものですから基本は自宅近くで行うものだと思いますし。

ヨガする場所として世界中からインドを選ぶことはあるかもしれないですし、またしばらくしたら来たくなるかもしれませんけど、今回、生まれて初めて財布をすられたということは、インドの方から「もう来なくていいよ。バイバイ」って、インドが私をフッてきた感じがしました。まあ、気のせいかもしれないですけどね。タイミングとしてもなんとも絶妙でしたね。ちょうどよい区切れ目というか。

インドの8割の観光地は見たと思うし、今回ので、とりあえず見たいところは他にはほとんど残っていない状態になるので、卒業にはちょうどいいかなと。

まあ、インドにフラれてしまったので仕方がないですね。13年目の区切れ目かなあ。まあ、ヨガは世界中どこでもできますしね。またインドでヨガはするかもしれないですけどね、でも、心情は今までとは違うかも。そういえばネパールにはまだ行っていないので今度はそのあたりを攻めても良いですしね。普通にアメリカのビザ受かればアメリカでいいんですけど。

まあ、その前に、そろそろ次の仕事とか考えますかねえ。いまは晴れて無職ですからねえ(苦笑)

ぶっちゃけ、やりたいことはほとんどし終わったのでいますぐ寿命でぽっくり死んでも全く満足なんですけど、まだまだ体は元気ですからねえ。どーしたものですかねえ。



海外旅行で両替所は時代遅れだと感じました(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)クンバメーラ、ヨガナンダSRFのキャンプ