クンバメーラでの早朝沐浴とプラヤーガ


クンバメーラのメモから記載します。

1/22
月が綺麗です。ガンジス川とヤムナー川の合流地点で皆さん沐浴。私は手だけ洗って十分です。



確かにここの水は肌がすべすべになる気がします。健康は知りませんけど。調子に乗って全身浴して寝込んだ日本人の噂はよく聞きますけどね(苦笑) この時期、さすがにインド人でも寒いのは寒いみたいで震えている人が多いです。



以下はこのガンジス川とヤムナー川の合流地点に関するヨーガ聖典「シヴァ・サンヒター」の記述です。クンバメーラ現地ではアラハバードの別名であるPrayagaが多く使われていました。



■聖なる合流点
ガンガー河とやむなー河の中間にかのサラスヴァティー河が流れている。この3つの河の合流点でみそぎをしたならば、その幸運児は至上の境地(解脱)に至る。我は前に、イダー気道はガンガー河、ビンガラー気道は太陽の娘(ヤムナー河)、その中間にある気道(スシュムナー気道)はサラスヴァティー河だといった。これら3者の合流点は最も近より難い所である。この3河の合流点として古来尊ばれた地はプラヤーガ(Prayaga)と呼ばれた。今のアラハバードである。
「続ヨーガ根本経典P278より」