心の歌の聞こえ方(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)オーラの接触の程度

チャクラの核がマントラやチャンティングで出来てくる

2019-12-13
トピック: スピリチュアル

最近、マントラやチャンティングに体が反応しやすくなっています。

例えば先日のチベットのマントラであれば頭の中が反応して活性化して核のようなものができつつありますし、チャンティングの種類によってはハートが反応したりします。

どうも、チベットのマントラが頭の中を貫いたかのような感じになっていて、喉はまだ詰まり気味ではあるものの、喉を通り越してハートのあたりに感覚が続くようになりました。

これは、以前からアナハタ(ハート)優勢になってきた感覚ともちょっと違っていまして、アナハタ優勢になったときはふわふわとした熱感がマニプラ優生からアナハタ優勢になったのに対して、今回は熱感というよりは核のようなものがアナハタに生じた感じです。

以前アナハタ優生になったときはマニプラとアナハタの間がブロックされていてアナハタにエネルギーが行っていなかった状態からそのブロックが外れてアナハタ優生になったのに対し、今回の場合はそのアナハタ優生な状態のまま更にアナハタに核のような感覚が生じたわけです。

その核のような感覚は、チベットのマントラを唱えてから頭の中にできつつある感覚と似ているのですが、頭の中にできつつある核よりもハートの方がしっかりした核です。

その核がチャンティングに反応するようになりました。それは熱感というよりもチャンティングに共振するような感じです。チャンティングのマントラやシュローカに共振してブルブル細かく震えて、核が強まる感じになります。

更にチャンティングをしたりチベットのマントラを瞑想中に唱えたりしますと、頭の中に感覚が出てくるのは以前の通りですが、最近はそれだけでなくアナハタにもなにか核がの感覚が出てきました。マニプラやスワディスタナにもアナハタほどではないにせよ微妙な核の感覚が出てきています。

これがいわゆるチャクラというものなのでしょうかね?

今まで、マニプラやアナハタあるいはムーラダーラが活性化して熱感が出ることでそれがチャクラかと思っておりましたが、まさかこのように核のようなものが出来てくるとは思いませんでした。

クンダリーニ活性化後は、以下の順番で熱感等が変わってきています。
1. マニプラ中心の熱感(後から思えばアナハタは未活性化だがクンダリーニ活性化以前と比べたらアナハタもそれなりに活性化)
2. (風のルンと比喩する体験後に)アナハタ優生の熱感
3. ムーラダーラの活性化(依然としてアナハタ優生)
4. (チベットのマントラにより)チャクラの核の感覚が出てくる

さて、今後どうなりますか。楽しみです。



心の歌の聞こえ方(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)オーラの接触の程度
トピック: スピリチュアル