ハイヤーセルフとグループソウルの関係(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)過去生の記憶から辿るサードアイの変化

視界がスローモーションで認識される

2019-12-29
トピック: スピリチュアル

と言いましても時間の経過速度はそのままの筈ですが、まるで映画のスローモーションのようにコマ割りで視界認識されるようになってきました。

今日は足首骨折のリハビリも兼ねて高尾山に登ってきました。ですが、リハビリというより普通にスタスタ登れました。去年お世話になった御札を返してスッキリしたのです。

この高尾山、霊験高らかということですけどメインのお寺にある願い事をするための紐は大勢が触りすぎていて、大勢が憑き物を落とそうとしてその紐に触るので同様に不意に触ると逆に悪いものが逆流してきて憑かれそうになるという罠があるにはあるのですが紐を触らなければ山としては高いエネルギーに満ちていると思いますのでよく通っています。お店がお正月モードになっていました。

最近はヨガや瞑想によって観察力が高まってきたのか、景色のコマ割りが以前より増えた気が致します。時間の経過速度は以前と同じ筈ですが景色が細かくスローモーション映像のように認識されることが多くなり、なんてことはない景色もゆっくり映像のように綺麗に見えます。遠くに行かなくても自分が変わるだけで世の中は綺麗に見えるものかもしれません。

かなり前は、例えばハイキング等で一歩ごとに3コマ程度のコマ割り認識されていたような気が致します。

例えば、以下の3コマです。
・右足、後ろ
・右足、中央
・右足、手間

今は、これが更に分割されて24コマくらいのスムーズな映像として認識されます。ハイキングするうちに疲れて認識力が弱まりましたが、それでも15コマとか8コマとかで認識されました。このコマ数はニュアンスですのでしっかり数えたわけではありませんが、趣味で動画編集した時にコマ数を変えるとスムーズさが変わることは直感的にわかりますので、それと比べるとだいたいそのくらいということです。

昔は、一体どれだけ無意識で生活していたのだろうかと思います。これはヨーガで言うところのいわゆるタマスな状態で認識力が弱まってコマ数が落ちていたわけですが、ヨーガや瞑想をするにつれて認識力が高まってコマ数が増えてきたような気が致します。

以前の、それほど認識力が高まっていない頃であっても、例えば長く瞑想をして一時的にこのような認識力が高まったこともありますけど急な変化は戻りやすいのでそれ以来それほど認識力が高まった感じはしていませんでした。

それが、ここ最近になって認識力が高まって、なんてことはない景色がコマ割りのスローモーションのように... と言っても時間の経過はそのままなのですが、時間の経過速度はそのままでもまるでスローモーションのようにコマ割りで認識される、ということです。今は、コマ割りというよりスムーズなスローモーション動画が通常速度で認識されます。何言ってるか通じないかもしれませんが、例えば、普通の動画は1秒30コマ(30fps)ですが、それ以上のコマ数を撮影できるハイスピードカメラを用意して撮影し、それを通常の1秒30コマ(30fps)で再生するとスローモーション動画になるのですが、認識としてはそのようにスローモーション動画の細かいコマ割りで認識されるのですが時間経過としては通常の速度のまま、ということです。認識力が高まってきたのだと思います。

瞑想を長くして集中力を激しく高めた時にも同様になったのですがそれは一時的で、しかも相当の集中力が必要で不安定なものだったのですが、今回は努力とかほとんどいらなくて... と言いますか、意識しなくてもナチュラルな自然な状態で集中力と観察力が高まった状態ですので特別の努力が不要で、普段の生活において観察力高まっている感じです。

例えば、普段歩く時に体が上下して視界が少し上下しているわけですけれども、以前であれば1秒に数コマくらいしか認識しておりませんでしたのでその上下移動がほとんど認識されなかったのですが、今はその視界の上下移動がスムーズに認識されるので、視界が常に上下に揺れ続けていて、近くの風景、例えば木の葉っぱとかを見ようとすると常に上下に揺れているので、その自分の揺れで自分が酔っ払ってしまいそうな感覚に陥ってしまいます。自分の視界で自分が酔っ払う、って一体どういうことでしょう(苦笑)あんまり移動したくなくなっちゃいます。こうなると、視点の移動方法を工夫しないといけないですね。歩いているだけなのに、まさかの酔っ払いなんて(苦笑)ちょっと視点を変えつつ移動するか、見るものを変えつつ歩かないといけないですね。検索したら「スマホの使いすぎ」とか出てきたり... そういう原因かもしれないので注意が必要ですね。まだまだ様子見です。

関連しているのか何なのか、この認識力高まったの同時期から、夜に寝ようとしても意識が動いていて体だけ休む時間帯が寝て1〜2時間の間に生じるようになりました。最初はただ単に寝られないだけかとも思っておりましたが、これは意識が夜でも目覚めていて体だけ休まる、という状態だと解釈すれば好ましい変化であるように思います。時間前後寝るとして、最初の1〜2時間がそんな感じになりつつあります。

私が昔に幽体離脱してグループソウルの過去生を覗き見た時、とある中世ヨーロッパでの人生の中で女性として生まれていたときに同様に夜は意識だけ起きていて体だけ寝ていた、という経験をしていましたので、それと見比べるのならば、きっとやがては寝ている間ずっと意識が目覚めて体だけ休める状態に移行するのかな、とも思います。

こういうのって、スポーツ選手が体験するスローモーションの「ゾーン」みたいな体験に似ている気もしますので、スポーツ選手がヨガや瞑想をしたらパフォーマンスが上がるのではないかとか思うこともありますが、どうなのでしょうかね。私はもともとぶきっちょでおっちょこちょいですのでスポーツとは無縁ですけど、以前よりはマシになった気も致します。主観でスローモーションで見えるようになったとは言ってもスポーツ選手の動体視力は桁外れにもの凄いですから、それと比べたら私の今の状態なんて子供みたいなものだと思いますから比べることなんて全然できませんけどね。ただ、個人的に、以前と比べるとそのような変化があった、ということです。

続き: 日常生活上のヴィパッサナー瞑想で無情を感じる



ハイヤーセルフとグループソウルの関係(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)過去生の記憶から辿るサードアイの変化
トピック: スピリチュアル