大天使の分霊のオーラの割合(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)瞑想における集中の意味合いの変化

ヴィパッサナー瞑想における体の観察

2020-01-03
トピック: スピリチュアル

先日の続きです。日常生活上でヴィパッサナー瞑想をするようになって感じたことは、世間のヴィパッサナー瞑想で「歩き瞑想(歩行瞑想)」とか様々なヴィパッサナー瞑想がありますが、私が最近になって感じた状態になるまではそれは本来のヴィパッサナー瞑想ではないような気がしてまいりました。

私はテーラワーダ協会の方式とゴエンカ式とプラユキ・ナラテボー式のヴィパッサナー瞑想を経験したことがありますが、その導入としては皮膚の感覚を使うというものでした。しかし、おそらくはそれは導入で、本来のヴィパッサナー瞑想はオーラの動きを感じるものなのではないか... という気がしております。これは識者に確かめたわけではありませんが、おそらくそうなのではないかなと個人的には思います。

雑念が減って日常生活がスローモーションで見えてくるようになればヴィパッサナー瞑想でよく言われているように日常生活での瞑想(観察瞑想、ヴィパッサナー瞑想)も容易にできるでしょうが、そうでなければ、例えば「歩き瞑想」をしたところで、それは単に歩いていることとそうは変わらないと思います。...まあ、その瞑想が無駄だとは言いませんけど、違いを感じることは難しいように思います。

今になってわかることは、やはり最初は雑念の減少、いわゆる浄化が重要なのだということです。

そして、浄化できて雑念が減ってきた時にようやくヴィパッサナー瞑想が始まるわけです。



大天使の分霊のオーラの割合(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)瞑想における集中の意味合いの変化
トピック: スピリチュアル