(同テーマ&時系列の次記事)経済活動とエネルギー

ミケランジェロと織田信長のグループソウル

2020-03-26
トピック: スピリチュアル

1年ほど前に、割と当たる系のスピリチュアル・カウンセラーに見てもらったときにふと過去生のことを聞いたらそのうちの1人がミケランジェロだと言われました。

実際のところ、私が子供の頃に幽体離脱した時にいくつかの過去生を見ましたがミケランジェロには気付いておりませんでしたので、これが本当のことかどうかはわかりません。基本的にスピリチュアルなカウンセラーはコンサルと一緒で、自分がまだ意識していない分野を「指摘」してもらうか、あるいは「確かめ」に使うものだと思っておりますので、この場合は前者になります。ですから、スピリチュアル・カウンセラーに言われたからと言ってホイホイ軽く喜んで過去生がミケランジェロだとは思ったりしません。そういう信じる行為ってあまり意味ありませんから。

ちなみに、今の私は芸術とかやりません。興味はありますがセンスがないと自分では思っております。絵は下手ですし音楽のセンスもイマイチな感じです。

過去生、と言われてはいますが、これはグループソウルの中にそのような人生があった、と読み替えて理解しました。魂(幽体)がそのまま転生する場合と、一旦グループソウル(類魂)と一体になってから分霊を作って転生する場合がありますので。

そのように言われた時、私のグループソウルの中にミケランジェロがいるかどうか自分では把握しておりませんでしたので、ふとした時に探ってみました。

すると、自分のグループソウルかどうかはわかりませんが、なんとなくその時のミケランジェロの気持ちのようなものがトレースできてきました。

まあ、確かに、性格とか気難しいところか、私のグループソウルに似ている部分がなくもないです。ですが、そのような性質はどこにでも見られるといえば見られますからね。それだけでグループソウルだとは判断できないです。

記憶を辿ると、いくつか出てはきます。

例えば、貴族でしたので荘園を持っていて、連絡してから行くと綺麗にしてあるのに何処かに寄った帰りにふと立ち寄ると荒れていて管理人を叱り付けたこととか。それを何度か繰り返したら管理人も小作人もしっかり作業するようになったとか。どうやら急にアポイントなしで行くのが重要だったようです。

それとか、有名なピエタ像を作った時は未来を透視しながら彫ったこととか。ミケランジェロ的には、大理石とその未来の姿をトレースしつつ良いデザインになるべく彫っていったようです。未来を見るのは確認のためで、基本的には頭の中で映像をイメージしつつ構図を決めていました。

そのような作成スタイルでしたから、弟子の希望があったとしても同様に頭の中で映像をイメージできないような弟子希望に対してはなす術がなかったようです。頭の中でイメージしろ、と言っても弟子の中にはそもそもそれができない人も大勢いた... と言いますかその大多数がそうだったわけで、頭の中でイメージして構図を決めるミケランジェロのスタイルについていけなかったようです。

サン・ピエトロ大聖堂の広場か何かを作った時も頭の中でイメージを先に作ってスケッチしたので理想的な設計にするのも容易だったようです。芸術家は頭の中でのイメージが先に必要のようですね。

女性関係はあまり噂がなかったミケランジェロでしたが、基本的に芸術が興味の本筋でしたのでそれに集中していた感じです。後年に付き合いのあった未亡人に関しては、気高さと礼儀正しさそして美しさに惹かれたようです。

まあ、記憶を辿れることとグループソウルかどうかは別のお話で、私のグループソウルとの関係は結局は今のところ分からずじまいです。なんとなくそんな気もしないでもないですけど、そのくらいです。

昔バチカンに旅行した時にピエタ像は見ましたし、ダビデ像も見て素晴らしいと思いましたが自分のグループソウルの記憶はその時は出てこなかったような気が致します。

まあ、必要があれば思い出すでしょうし、特に思い出さなくても問題ないお話でもあります。


・・・その数日後、ふと思い出しました。というか、伝わってきました。

ミケランジェロがピエタ像を制作している時、同人が生まれる前に人生を計画して... と言いますか、グループソウルというかツインソウルに近い魂の片割れが手助け... というかほとんど自分自身の魂というかスピリットというか霊人ではありますので手助けというか高次の自分、いわゆるハイヤーセルフと言いますか、ミドルセルフと言いますか、そのような高い視点を持ったスピリットが共同作業していたようです。

ミケランジェロがピエタ像を制作する際、スピリットがあらかじめ青写真を描いていました。それは理想的な女性とイエスの姿だったわけですが、その青写真をミケランジェロに伝え、その上で、大理石のどの部分を使えば理想的な模様になるのかスピリットが細かく確認しつつ、スピリットも未来と現在を行き来して... と言いますか未来を確認しつつインスピレーションをミケランジェロに送っていたようです。ですから、ミケランジェロが未来を見れたというよりはこの場合はスピリットの方が未来を見てミケランジェロに伝えていた、という構造のようです。

スピリットはかなりピエタ像に入れ込んでおり、かなり苦労して構図を作って細かく確認してミケランジェロに何度も何度も伝えて... ということをしていたようです。エネルギー的にはかなりのものが必要であり、どうやら、ピエタ像それ自身に自分が入りたい、という意識も多少はあったようです。ですからいまピエタ像を見てもまるで生きているかのような気がするのは、実際、そこにスピリットが入り込んでいるからだと思います。この、入り込んでいるスピリットはミケランジェロのグループソウルのスピリットと、それに類した、共感をしたスピリットのようです。ただ、この試みはある程度は成功しましたが、あまりにも多くの人に見られたが故に他の人のスピリットも入り込んだり、あるいは、意識が他の人に多少抜かれたりして、スピリットにとってはあまり快適な結果になっていないようです。

ですからピエタ像は特別で、その後もスピリットは手助けをしましたが、スピリットにも興味の方向はありまして、手助けをするのは相当なエネルギーを必要としますので次のピエタ像ですとかスピリットがそれほど興味の持てない作品の場合はそこそこの手助けあるいはミケランジェロ自身が頑張って作る、というような場合もあったようです。

ミケランジェロと織田信長は生存期間が被っておりますがどちらもグループソウルの一部だとすると、ミケランジェロが教皇に対して時には反抗的な態度を取っていたことも理解できます。時代的には後にはなりますがもしかしたら... 確証はないですけど織田信長本人は本能寺の変を逃れてバチカンに行ったような気もしておりまして、その時に教皇が意外に金で動く人ということを知って、ある意味、幻滅もしつつ本性を知っていた可能性もあります。上の位をもらうためにはかなりの財産を寄付する必要があったようで、織田信長が持ち込んだ財産をどんどん教皇が寄付という形で奪ってゆきました。そうは言っても教会ですから純粋に神を求めている人もいて、そのようなところで織田信長は感化されたようです。今まで織田信長は、自分の命令には必ず従うという人をあごで使ってきたわけですが、人望という面で、もっと学ぶものがあるという認識が生まれた頃に寿命を迎えたようです。織田信長の教皇に対する評価は「金の亡者」で、寿命で死んだ時に「財産のほとんどを取られた」と言って憤っていたように思います。そんなグループソウルが、魂の世界では時空を超えておりますからグループソウルに合流して、ミケランジェロの魂に教皇に対する印象を与えていたようです。だからミケランジェロは教皇に対してどこか反抗的な部分があった。

一般的な輪廻転生の考え方ですと生存期間が被っているだけであり得ないことになってしまいますが、あの世は時空を超えておりますので、もしやり直しのレッスンが必要であれば同じ時代に遡って再度生まれることも普通にありますし、時代を遡ることもあります。ですので、この場合は順番としては織田信長が先で、時代は遡りますがミケランジェロが後だったような感じも致します。

....まあ、このあたり、確証はないです。もっと検証が必要なところです。

順番としてはその前後にヴェネチアあたりで大司教もしていたような気も致しますので、何気に色々とキリスト教とは関わりが深い感じです。今はキリスト教徒ではないですが。



(同テーマ&時系列の次記事)経済活動とエネルギー
トピック: スピリチュアル