(時系列の次記事)死霊は右の肩に憑く
(同テーマの次記事)カニカ・サマーディ(瞬間定)の解釈

瞑想中に見えるアストラル体の色

2020-04-21
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

ヨーガ行者の本山博先生はアストラル体の色について記述しています。

アストラル体の3つ色(オーラ)
1. ムーラダーラチャクラでは、アストラル体は無色である。
2. アジナチャクラでは黒色である。
3. サハスララチャクラでは、光り輝いている。

「密教ヨーガ(本山博 著)」

同書によれば、これは精神集中の3つの異なる状態に該当すると言います。
・浅い精神集中では煙柱。
・雑念が消えた集中では黒色。
・やがて光り輝くようになる。

先日の漆黒の闇はおそらくアジナチャクラに関係しているものかな、と言う気も致しますが確信はありません。

光は外の光かもしれないので、光は進歩の判断に適していないような気もしています。単に筋肉の緊張で光を見ることもありますし。

ヨーガの瞑想の基本としては何を見ても重要ではないので気にしない、と言うことはありますけど、こう言うのは「しるし」として役立つ時があるのです。



(時系列の次記事)死霊は右の肩に憑く
(同テーマの次記事)カニカ・サマーディ(瞬間定)の解釈