関東大震災が先で東海地震が後

2020-06-09
トピック: スピリチュアル

こういうのはそれぞれ個別の物語としてインスピレーションが来ることが多いですが、それと関連した他のストーリーを元に推測すると、どうやら関東大震災が先で東海地震が後と考えるのが筋が通っているように思えてきました。

先日、関東大震災と東海地震は2021年1月後半かなというお話をしましたが、どうやら関東大震災が1月後半で、東海地震は初夏の、おそらく6月か7月頃なのではないかと思います。

・・・とは言いましても、これは予言ではありません。ただのインスピレーションのメモ書きです。

大抵は当たりませんからね、こういうの。

インスピレーションには2つあって、1つは想念形態として地上にぷかぷか浮いているものをキャッチするケース。もう1つはその奥に眠っている、まだこの世に形として現れていない形態を読み取るケースです。

前者の場合は想念形態ですから誰かが勝手に想像したものをキャッチしただけですのでまず当たりません。後者にしても人々の思いや歴史のタイムラインの選択によってすぐに未来は変わりますから、そんなには当たりません。地震なら当たるだろうと思われるかもしれませんが、どの未来のタイムラインを選ぶかという点において神の選択がなされますので、神の選択いかんによってはタイムラインが変わる・・・ というか、別のタイムラインが選択されるわけです。

ですから、我々人間からしたら当たるか当たらないかしか分からないわけですけれども、前者であればまず当たりませんし、後者であっても神様が別の選択をしたならば当たらないわけです。

というわけで、こういう地震とかのお話は、話半分くらいに聞いておくので十分だと思います。

関東大震災の震源は前にも書いた通り三浦半島近辺で横浜あたりまで大きな被害が出ます。東海地震は愛知と静岡などに被害が出ます。三重県や和歌山も被害が出ますけど被害が大きいのは静岡や愛知とかですね。湾岸の平地があるところが危ないです。これは自治体の津波予想が割と当たっていますので、自治体で津波予報の範囲に含まれている人は早めに引っ越した方がいいと思います。

今回は割と時間に猶予がありますので、逃れようと思えばいくらでも逃れられるはずです。

続き



トピック: スピリチュアル