錆び付いた胸の扉を開く(同テーマ&時系列の前記事)

オーラのためにソーシャルディスタンスを保つ

2020-07-23
トピック: スピリチュアル

コロナは割と茶番ですけどオーラのためにソーシャルディスタンスを保った方がいいと思います。

特にエネルギー・ヴァンパイアの近くに行ったらエネルギーを根こそぎ吸い取られます。

スピリチュアルな成長は意識としての成長とエネルギー的な成長があり、両者が組み合わさると能力としえ現れたりしますけど、エネルギー的な成長がなくてエネルギーを外から奪い取るような形でスピリチュアルな成長をしてしまうと変なオーラになります。

エネルギー・ヴァンパイアは一見すると強い光を放ってはいるものの、どこか禍々しいオーラを放つようになります。

チャクラがそれほど動いていなくてクンダリーニも動いていないのでエネルギーを自分で取り入れることができません。

自分自身でエネルギーを取り入れることができないのにも関わらずアジナチャクラや松果体等が活性化してエネルギーが使えるようになった人はエネルギーをどこかから入手しようとします。

能力を使うためにはどうしてもエネルギーが必要になるわけで、自分でエネルギーを作り出すことができないので周りの人から構わず奪い取るようになるわけですね。

恐ろしいですよ。

触手がグワーーーーーーーー と伸びてきて、特にお腹のあたりからエネルギーを奪い取っていきます。

触手は、例えるならば「鋼の錬金術師」で出てきた黒い影を持つ大ボス(名前忘れました)が影を伸ばして相手を捕まえるのに似ています。感じとしてはそうですが、エネルギーヴァンパイアの場合はその触手からエネルギーをグングン吸い取ってゆきます。触手は結構速いです。

オーラも禍々しく歪んでいて、他人が近づくと自動的に触手が触れてエネルギーを奪うようです。

本人はそれに気がついているのか気がついていないのか? 自覚しているとしたら大悪人ですし自覚していなくてスピリチュアリストを名乗っているのだとしたら大迷惑な人です。

それは、また違うものに例えるならば、「ナルト」に出てきた「屍鬼封尽 (しきふうじん)」の術にも感じが似ています。漫画では封じるための術でしたがそこは似ていなくて、封じると言うより、相手のオーラをお腹から根こそぎ無理やり引き抜く、というところが似ています。

この種のエネルギーヴァンパイアは世間によくいますけど、他人からエネルギーを奪わない限りは好きに生きればいいと思います。この世界は自由な世界ですから自分で勝手に生きるのは全く問題ないわけです。ですから、エネルギーヴァンパイアが悪いと言うよりも、他人のエネルギーを奪うことだけが問題です。

誰しもクンダリーニ覚醒がうまくいくわけでもないですし、エネルギー不足の状態でエネルギーを使おうと思ったらオーラが勝手に伸びて周囲の人から奪おうとするでしょう。エネルギー保存の法則じゃないですけどエネルギーというのは高いところから低いところに流れるのです。

能力が使えるからと言ってスピリチュアルで成長しているとは言えない、というのは有名なお話ですけど、エネルギーが足りていないのに能力を使おうとするからエネルギーヴァンパイアになるのです。

この辺り、よく分かっていない人も大勢いらっしゃるように思います。

セミナーとかで人を集めて顧客からエネルギーを奪って能力を保っている人もいらっしゃるようです。あるいは対談をして対談相手からエネルギーを奪って生活しているような人ですね。

そのような人と関わり合いを持つべきではありません。

関わり合いを持ってしまった時の対処法としては、これは可能な人に限りますけど、可能であるならばエネルギーヴァンパイアのオーラを封印してしまえば良いです。

オーラがゆらゆらと禍々しい輝きをして周囲からエネルギーを奪うのですから、そのオーラを封印してしまって、ついでにアストラルの視界と聴覚も封印してしまえばスピリチュアルな能力は一時的に封印されます。

封印できる人がどのくらいいるか知りませんけど、とある人の例で言いますと、道を歩いていて自分に危害を加えようとしている人、あるいは数分後、数十分後、あるいは翌日にエネルギーバンパイアしてくるような人がいたらあらかじめ霊的に相手を封印しちゃいます。

特に悪気がないようでしたら自分と関わり合いがなくなった頃、例えばすれ違った後に封印を解いてあげますけど、解かないとその後どうなるのかよくわかりません。ずっと封印されたままということはない気もしますけど、しばらくは封印されているように思います。

それは、道を歩いていて、急に攻撃を仕掛けられたようなものです。

オーラのエネルギーヴァンパイアをするということは、霊的に言えば「攻撃」ですよ。攻撃されたのだから反撃しても全く問題ありません。

かと言って相手を傷つけるのは大変ですから、相手のオーラを包帯みたいなのでグルグル巻きにして全身を囲ってしまえば相手のオーラは周囲を感知できなくなりますし、エネルギーヴァンパイアもできなくなります。

本人にしてみればいきなり周囲を全く感じられなくなるので恐怖でしょうけど、それは自分が先に攻撃を仕掛けてきたのが悪いのです。

職場とかでもね、エネルギーヴァンパイアで生きている人は大勢いらっしゃいますよ。そんな人とは関わらないことです。近くの席にいて攻撃を仕掛けられているのならば相手を封印してしまえばいいのです。それは相手が悪いのですからそのくらいの自己防衛は問題ありません。



錆び付いた胸の扉を開く(同テーマ&時系列の前記事)
トピック: スピリチュアル