KUNDALINI YOGA by Sri. Swami Sivananda 前書き - クンダリーニヨガの本質


KUNDALINI YOGA by Sri. Swami Sivananda より

■前書き - クンダリーニヨガの本質

ヨガという言葉は、参加することを意味する根のユジ(Yuj)から来ており、その精神的な意味では、人間の精神が性質に従って、神の精神と近く、意識的に交わり、または融合されるプロセスです人間の精神の(Dvaita、Visishtadvaita)または(Advaita)Divine Spiritとは別のものとして保持されます。ヴェダンタによると、後者の命題が確認されているように、ヨガは2つ(ジバットマンとパラマトマン)のアイデンティティー(実際にはこれまでに存在していたアイデンティティー)がヨガのヨーギンまたは開業医によって実現されるプロセスですそれは、精神がマヤのベールを突き通し、心と物質がこの知識をそれ自体から覆い隠すので、それはそのように実現されています。これを実現する手段は、マヤからジバを解放するヨガプロセスです。したがって、ゲランダサミタは次のように述べています。「マヤに匹敵する強さの絆はなく、ヨガよりもその絆を破壊する力はありません。」アドヴァイティックまたはモノスティックの観点から、最終的な結合という意味でのヨガは適用できません。結合は、神と人間の精神の二元論を意味するからです。そのような場合、それは結果ではなくプロセスを示します。 2つが異なると見なされる場合、ヨガは両方に適用されます。ヨガを実践する人を養吟といいます。すべての人がヨガを試みる能力はありません。ごくわずかです。これまたは他の生活の中で、行動またはその成果、およびウパサナまたは信心深い崇拝に執着することなく、カルマまたは無私の奉仕と儀式的遵守を経て、その実、すなわち純粋な心(チッタスッディ)を得なければなりません)。これは単に性的不純物のない心を意味するのではありません。この資質と他の資質の達成は、サダーナのA B Cです。人はこの意味で純粋な心を持っているかもしれませんが、それでも完全にヨガをすることはできません。チッタスッディは、あらゆる種類の道徳的な純粋さだけでなく、知識、分別、純粋な知的機能、注意、瞑想などの能力で構成されています。カルマヨガとウパサナによって、心はこの時点にもたらされます。そして、ジュナナヨガの場合、世界とその欲望からの情熱と切り離しが存在するとき、ヨガの道は究極の真実の実現のために開かれます。非常に少数の人が実際にそのより高い形式でヨガに有能です。大半はカルマヨガと献身の道に沿って彼らの進歩を求める必要があります。

1つの学派によると、ヨガには4つの主要な形式があります。すなわち、マントラヨガ、ハタヨガ、ラヤヨガ、ラジャヨガです。クンダリーニヨガは本当にラヤヨガです。別の分類があります:Jnana Yoga、Raja Yoga、Laya Yoga、Hatha Yoga、Mantra Yoga。これは、霊的生活には5つの側面があるという考えに基づいています。-ダルマ、クリヤ、ババ、ジュナナ、ヨガ。マントラヨガは、クリヤまたはババの道に沿って追求されているため、2種類であると言われています。ヨガのサダーナは7つあります。サトカルマ、アサナ、ムドラ、プラティヤハラ、プラナヤマ、ディヤーナ、サマディです。これらは、身体の浄化、ヨガ目的の座位姿勢、オブジェクトからの感覚の抽象化、呼吸制御、瞑想、そして2種類のエクスタシー-二元論が完全に克服されない不完全(Savikalpa)と完全な(Nirvikalpa)完全なMonistic体験– Mahavakya AHAM BRAHMASMIの真実の実現-ある意味での知識観察されるべきである実現は、解放(モクシャ)を生み出さず、解放そのものです。ラヤヨガのサマディはサビカルパサマディと呼ばれ、完全なラジャヨガのサマディはニルビカルパサマディと言われています。最初の4つのプロセスは肉体的で、最後の3つは精神的、そして奇妙なプロセスです。これらの7つのプロセスによって、それぞれ、特定の品質が得られます。つまり、純度(ソダナ)、堅さと強さ(ドリダータ)、不屈の精神(スチラータ)、定常性(ダリヤ)、軽さ(ラガヴァ)、実現(プラティヤクシャ)、解放につながる分離(ニルリプタヴァ) )。

八肢ヨガ(アシュタンガヨガ)として知られているものには、上記の5つのサダナ(アサナ、プラナヤマ、プラティヤハラ、ディヤーナ、サマディ)と他の3つ、すなわち、山または貞操、節制、回避の方法による自制が含まれます。害(アヒムサ)、およびその他の美徳。 Niyamaまたは宗教的儀式、慈善活動など、主への献身(Isvara-Pranidhana)。ダーラナ、ヨガの練習で指示されているようにそのオブジェクトに内臓を固定すること。

人は小宇宙です(Kshudra Brahmanda)。外宇宙に存在するものは何でも彼に存在します。すべてのタットヴァスと世界は彼の中にあり、最高裁のシヴァサクティもそうです。体は、2つの主要な部分に分割できます。つまり、一方で頭と胴体、もう一方で脚です。人間の場合、体の中心はこれらの2つの間にあり、脚が始まる脊椎の付け根にあります。体幹を支え、全身に脊髄があります。これは、メル山が地球の軸であるのと同じように、体の軸です。したがって、人間の背骨はメルダンダ、メル、または軸杖と呼ばれています。脚と足は肉眼的で、脊髄の白質と灰白質のある幹よりも意識の兆候が少ないです。この幹自体は、この点で、白質と灰白質を備えた、心の臓器、つまり物理的な脳を含む頭に大きく従属しています。頭と脊柱の白質と灰白質の位置がそれぞれ逆になります。中心より下の体と脚は、持続するサクティまたは宇宙の力によって支持された、下の7つの世界または地獄の世界です。中心から上に向かって、意識は脊髄と大脳の中心を通してより自由に現れます。ここには、7つの上部領域またはロカスがあります。これは、「見られるもの」(ロカンテ)を意味する用語です。つまり、経験を積んでいるため、特定の再生という形でカルマの実を結んでいます。これらの地域、すなわち、ブー、ブヴァ、スヴァー、タパ、ジャナ、マハ、サティヤロカスは、6つのセンターに対応しています。体幹に5つ、下大脳中心に6つ目。そして、七番目の脳、または最高のシヴァ・サクティの住居であるサチャロカ。

6つのセンターは次のとおりです。脊柱の根元にある陰部の根と肛門の間の会陰の中間の位置にあるムラダラまたはルートサポート。その上には、性器、腹部、心臓、胸、喉の領域、および両眼の間の額に、それぞれスヴァディシュタナ、マニプラ、アナハタ、ビスッダ、アジュナチャクラまたは蓮があります。これらは主要な中心ですが、いくつかのテキストはララナとマナスとソマチャクラのような他のものについて話します。チャクラを超えた7番目の領域は上脳であり、身体における意識の顕現の最高の中心であり、したがって最高シバサクティの住居です。それが「アボード」であると言われるとき、それは最高が私たちの「配置する」という意味でそこに置かれることを意味しません、すなわち、それはそこにあり、どこにもありません! Supremeはローカライズされませんが、その症状はローカライズされます。身体の内外を問わずどこにでもありますが、至高のシヴァサクティが実現されたのはそこにあるため、サハスララにあると言われています。そして、これはそうであるに違いありません。なぜなら、意識は、心のより高い顕現であるSattvamayi Buddhiに入り、そこを通過することによって実現されるからです。彼らのシヴァサクティタットヴァの側面からは、ブッディ、アハンカラ、マナス、およびその中心がアジュナチャクラの上、サハスララの下にある関連する感覚(インドリヤ)として、マインドが進化しています。アハンカラから、タンマトラ、または感覚物質の将軍が進みます。これは、5つの形の感性物質(ブータ)、すなわち、赤笠(エーテル)、ヴァユ(空気)、アグニ(火)、アパー(水)およびプリスビ(地球)。与えられた英語の翻訳は、ブータが空気、火、水、地球の英語の要素と同じであることを意味するものではありません。これらの用語は、エーテルから固体までのさまざまな程度の物質を示します。したがって、プリスビまたは地球は、プリスビ州の問題です。つまり、匂いのインドリヤによって感知される可能性があります。心と物質は全身に浸透します。しかし、そこにはそれらが支配的な中心があります。したがって、アジュナは心の中心であり、下の5つのチャクラは5つのブータの中心です。 AkasaのVisuddha、VayuのAnahata、AgniのManipura、ApahのSvadhishthana、およびPrithviのMuladhara。

要するに、小宇宙としての人間は、心と物質の形でサクティによって運ばれたすべてに行き渡っているスピリット(最も純粋にサハスララに現れる)であり、その中心はそれぞれ6番目と5番目のチャクラです。

6つのチャクラは、最下位のムラダラから始まる次の神経叢で識別されています。仙尾神経叢、仙骨神経叢、太陽神経叢(これは、左右の交感神経鎖アイダとピンガラの脳脊髄軸との大きな接合部を形成します)。これに関連するのが腰神経叢です。次に、心臓神経叢(アナハタ)、喉頭神経叢、最後に2つの葉があるアジュナまたは小脳を追跡します。その上に、マナスチャクラまたは中大脳があり、最後にサハスラーラまたは大脳です。 6つのチャクラ自体が脊柱の白質と灰白質の重要な中心です。しかしながら、彼らは、おそらくそうするでしょうが、特定の中心が位置する脊柱の部分の横に、それと同じ範囲にある体の領域で、脊椎の外側の総路に影響を与え、支配するかもしれません。チャクラは生命力としてのサクティの中心です。言い換えれば、これらはプラナヴァユによって生体の中で明らかにされたプラナサクティの中心であり、その主導的なデヴァタは、それらの中心の形で現れるように、普遍的意識の名前です。チャクラは、全体的な感覚に知覚されません。それらが組織化するのを助ける生体内で知覚可能であったとしても、それらは死の際の生物の崩壊とともに消えます。死後の身体検査でこれらのチャクラが脊柱に現れないからといって、一部の人々はこれらのチャクラはまったく存在せず、単に肥沃な脳の形成であると考えています。この態度は、彼が多くの死後を行い、まだ魂を発見したことがなかったと宣言した医者を思い出させます!

蓮の花弁はさまざまで、それぞれ4、6、10、12、16、2で、Muladharaから始まり、Ajnaで終わります。花びらにあるアルファベットの文字と同様に、全部で50あります。つまり、MatrikaはTattvasに関連付けられています。どちらも生理学的または心理的機能として現れる同じ創造的な宇宙プロセスの産物だからです。花びらの数はKshaまたは2番目のLaのいずれかを除いた文字の数であり、これらの50を20倍したものがSahasraraの1000の花びらにあることは注目に値します。これは無限を示す数です。

しかし、なぜ、それは尋ねられるかもしれません、花びらの数は異なりますか?たとえば、ムラダーラに4つ、スヴァディシュタナに6つがあるのはなぜですか。与えられた答えは、チャクラの花びらの数は、そのチャクラの周りのナディスまたはヨガの神経の数と位置によって決定されるということです。したがって、Muladhara Chakraの重要な動きを取り囲み、通過する4つのNadisは、4つの花びらの蓮の外観を与えます。このように、特定の中心でNadisの位置によって構成されます。これらのNadisはVaidyaに知られているものではありません。後者は肉体的な神経です。しかし、ここでは、前者はYoga-Nadisと呼ばれ、プラニック海流が流れる微妙なチャネル(Vivaras)です。ナンディという用語は、動きを意味するルートナッドに由来します。体は無数のナディスで満たされています。それらが目で明らかにされた場合、身体は海流の非常に複雑なチャートの外観を示します。表面的には水は同じように見えます。しかし、調査の結果、さまざまな程度の力で全方向に動いていることがわかりました。これらのハスはすべて脊柱に存在します。

メルダンダは脊柱です。西部の解剖学はそれを5つの地域に分けます。ここで説明されている理論の裏付けとして、これらは5つのチャクラが位置する領域に対応していることに注意してください。中枢脊髄系は、頭蓋骨(ララナ、アジュナ、マナス、ソマチャクラ、サハスララ)に含まれる脳または脳で構成されます。また、アトラスの上部境界から小脳の下に伸び、第2腰椎まで下がる脊髄も同様に、終末線と呼ばれる点まで細くなっています。背骨の中には、灰色と白の脳物質の複合体である索があり、その中には下の5つのチャクラがあります。フィラムターミナルが以前は単なる繊維コードであると考えられていたことは注目に値します。MuladharaChakraとKundalini Saktiにとって、これは不適当な手段であると考えられます。しかし、より最近の微視的調査では、ムラダラの位置を表す、終末における高感度の灰白質の存在が明らかになりました。西洋の科学によれば、脊髄は末梢と感覚および意志の中心との間の単なる導体ではなく、独立した中心または中心のグループでもあります。 Sushumnaは、脊柱の中央にあるナンディです。そのベースはブラフマードゥヴァラまたはブラフマンの門と呼ばれています。チャクラの生理的関係に関して、ある程度確実に言えることは、上記の4つのムラダラは、性器排泄、消化、心臓および呼吸機能と関係があり、2つの上部中心、アジュナ(関連するChakras)とSahasraraは、ヨガを通して得られた純粋な意識の安息で終わるその脳活動のさまざまな形を示します。イダとピンガラの両側のナディスは、左右の交感神経索であり、中央の柱を一方の側からもう一方の側に横切っており、サフナのあるアジュナで、トリベニと呼ばれる3つの結び目を作っています。これは、交感神経索が合流し、そこから起源となる髄質のスポットであると言われています。これらのナディスは、2つのローブのあるアジュナとスシュムナとともに、水星神のカドゥケウスの姿を形作っています。それらを表す。

クンダリーニサクティとシヴァとの彼女の組合の刺激が、有頂天の組合(Samadhi)の状態と主張されている精神的体験にどのように影響するのでしょうか?

そもそも、ヨガには2つの主要な種類があります。それは、ディヤーナまたはババナヨガとクンダリーニヨガです。そして、両者の間には顕著な違いがあります。ヨガの最初のクラスは、エクスタシー(Samadhi)が瞑想などの知的なプロセス(Kriya-Jnana)によって獲得されるもので、マントラまたはハタヨガ(起床以外の)の補助的なプロセスの助けを借りることができますクンダリーニの)と世界からの分離によって。 2番目は、知的なプロセスが無視されないが、全身の創造的で持続的なサクティが実際にそして真に主の意識と統合されるハタヨガのその部分として際立っています。ヨギンは彼女に彼を彼女の主に紹介させ、彼女を通して組合の至福を楽しんでいます。彼女を目覚めさせるのは彼ですが、知識を与えるのは彼女であり、Jnanaです。 Dhyana Yoginは、彼自身の瞑想力が彼に与えることができる最高状態との知り合いを獲得し、基本的なBody-power内およびそれを通してSivaとの結合の楽しみを知りません。ヨガの2つの形式は、方法と結果の両方が異なります。ハタヨギンは彼のヨガとその実を最高のものと見なしています。 Jnana Yoginは自分のことを同じように考えるかもしれません。クンダリーニは非常に有名で、多くの人が彼女を知りたがっています。このヨガの理論を研究した後、「それなしで乗ることはできますか?」答えは「探しているもの次第です」です。クンダリーニサクティをよじ登り、彼女を通してシヴァとサクティの結合の至福を楽しみ、付随する力(シッディー)を獲得したい場合、この目的はクンダリーニヨガによってのみ達成できることは明らかです。その場合、いくつかのリスクが発生します。しかし、クンダリーニを通じて組合を望まずに解放が求められれば、そのようなヨガは必要ありません。というのも、解放は純粋なJnana Yogaによって、切り離し、運動、そして心の静穏を通して、中心的な肉体力をまったく刺激することなく得ることができるからです。この結果を達成するために、Jiva YoginがSivaと団結するために世界を出入りする代わりに、世界から離れます。 1つは楽しみの道であり、もう1つは禁欲主義の道です。サマディは、知識の道と同じように、献身の道(バクティ)でも得ることができます。確かに、最高の献身(Para Bhakti)は知識と変わりません。どちらも実現です。しかし、解放(ムクティ)はどちらの方法でも達成できますが、2つの方法には他にも顕著な違いがあります。 Dhyana Yoginは彼の体を無視しないでください。彼は心と物質の両方であるので、それぞれが互いに反応し合うことを知っています。身体を軽視したり、単なる単なる屈辱は、真の精神的な体験よりも無秩序な想像力を生み出しがちです。しかし、彼は、ハタ・ヨギンがそうであるという意味で、体には関心がありません。 Dhyana Yoginが成功する可能性はありますが、体と健康に弱く、病気で短命です。彼自身ではなく、彼の体が彼がいつ死ぬかを決定します。彼は思いのままに死ぬことはできない。彼がサマディにいるとき、クンダリーニサクティはまだムラダラで眠っています。彼のケースでは、彼女の興奮を伴うと記述されている身体的症状や精神的な至福や力(シッディー)は観察されていません。彼が「まだ生きている間の解放」(Jivanmukti)と呼ぶエクスタシーは、実際の解放のような状態ではありません。彼は依然として苦しんでいる体にかかっている可能性があり、彼は死んだときにのみ逃れることができます。彼のエクスタシーは、すべての思考形式(チッタ-ヴィリッティ)の否定と世界からの切り離しによってもたらされたボイド(ババナサマディ)に入る瞑想の性質にあります。身体の中心的な力は関与していません。彼の努力により、プラクリティ・サクティとしてのクンダリーニの産物である心は、その世俗的な欲望とともに静まり、精神的機能によって生み出されたベールは意識から取り除かれます。ラヤヨガでは、クンダリーニハー自身がヨギンによって起こされたとき(そのようなワクワクは彼の行為であり、部分である)、彼のためにこのイルミネーションを達成します。

しかし、なぜ、特に異常なリスクと困難が関係しているので、体とその中央の力に問題があるのかと尋ねられるかもしれません。 答えはすでに出ています。 知識そのものであるパワー(Jnanarupa Sakti)、パワーの中間的な取得(Siddhis)、そして中間的で最終的な楽しみを通して、実現の完全性と確実性があります。

究極の現実が、自己の静止した楽しみと、あらゆる形からの解放とオブジェクトの能動的な楽しみの2つの側面に存在するものである場合、つまり、純粋な精神と問題としての精神である場合、現実との完全な結合は、その両方の側面での団結。ここ(イハ)とそこ(アムトラ)の両方で知られている必要があります。正しく理解して実践すると、教義には、人間が両方の世界を最大限に活用する必要があることを教える真実があります。普遍的な顕在法則に従って行動が起これば、2つの間に実際の非互換性はありません。これからの幸福は、今のところ楽しみがなければ、または故意に苦しみと悔い改めを求めてしか得られないという誤った教えであるとされています。至高の至福の体験であり、喜びと痛みが混ざり合った男の姿で現れるシヴァです。これらのシヴァスのアイデンティティがすべての人間の行為で実現されれば、ここでの幸福とここでそして今後の解放の至福の両方が達成されるかもしれません。これは、例外なく、すべての人間の機能を犠牲と崇拝の宗教的行為にすることによって達成されます(ヤジナ)。古代のヴァイディクの儀式では、食べ物や飲み物を楽しむことに先行して、儀式の犠牲と儀式が伴っていました。そのような楽しさは、犠牲の実とディーヴァの贈り物でした。サダカの生涯のより高い段階で、すべての贈り物がもたらされ、デバタが限定的な形態に劣る者に提供されます。しかし、このオファリングには、最高のMonistic(Advaita)Sadhanaが解放される二元論も含まれます。ここでは、個人の生活と世界の生活は1つとして知られています。そして、サダカは、食べたり飲んだり、体の他の自然な機能を果たすときに、「シボハム」と言って感じます。このように行動し、楽しむのは、単に別の個人ではありません。彼の中でそして彼を通してそうするのはシヴァです。言われたように、そのような人は、彼の人生とそのすべての活動の遊びは別のものではないことを認識し、自分自身と彼自身の別々の目的のために抱擁され追求されるべきである彼自身の助けのない強さと分離感をもって;しかし、彼の人生とそのすべての活動は、人間の形で現れ、機能する自然の神聖な行動(シャクティ)の一部として考えられています。脈動する鼓動に脈動するリズムに気づき、ユニバーサル・ライフの歌。身体の必要性を無視または否定すること、それを神聖ではないものと考えることは、それがその一部であるより大きな生命を無視し、否定することであり、そしてすべてと究極の統一という偉大な教義を偽ることです。物質と精神のアイデンティティ。そのような概念に支配されて、最も低い身体的ニーズでさえ宇宙の重要性を帯びます。体はシャクティです。そのニーズはシャクティのニーズです。人が楽しむとき、彼を通して楽しむのはシャクティです。彼が見て、するすべてにおいて、外見と行動をするのは母であり、彼の目と手は彼女のものです。全身とそのすべての機能は彼女の現れです。そのように彼女を完全に実現することは、彼女自身である彼女のこの特定の現れを完成させることです。男は自分の主人であろうとするとき、すべての面で肉体的、精神的、そして精神的にそうすることを求めません。彼らはすべて関連しているので、すべてに浸透している意識の異なる側面であるからです。尋ねられるかもしれませんが、誰がより神聖です。心や体を無視して、空想上の霊的優位性を獲得するかもしれない彼、または彼らが正しく着飾った一つの霊の形として両方を大事にする彼?実現は、すべての存在とその活動を見抜くスピリットによって、より迅速かつ真に達成されます。次に、これらを逃げ出し、非精神的または幻想的であり、道の障害となることを避けます。正しく考えられない場合、それらは障害と転倒の原因である可能性があります。そうでなければ、それらは達成の道具となる。そして他に何がありますか?ですから、戦いの感覚と心構え(ババ)で行為が行われるとき、それらの行為は楽しみを与えます。そして、繰り返され、長引いたババは、解放という神聖な経験(Tattva-Jnana)をやっと生み出します。母がすべてのものに見られるとき、彼女はそれらすべてを超えている彼女としてやっと気づかされます。

これらの一般的な原則は、適切なヨガの道に入る前の世界の生活でより頻繁に適用されています。しかし、ここで説明されているヨガは、ブクティとムクティの両方(楽しさと解放)が達成されると主張されている限り、これらの同じ原則の適用でもあります。

ハタヨガのより低いプロセスによって、それはまた心が機能するかもしれない完全にフィットする楽器になる完璧な肉体を達成することが求められます。再び、完璧な心が近づき、サマディでは、純粋な意識そのものに移ります。したがって、Hatha Yoginは、鋼鉄のように強く、健康で、苦しみのない、それゆえに長持ちする体を求めています。彼の体のマスター、生と死の両方のマスター。彼の艶やかなフォルムは若者の活力を楽しんでいます。彼は形の世界で生き、楽しむ意志がある限り生きます。彼の死は思いのままの死です(イチャ・ムリティウ);解散の素晴らしく素晴らしく表現的なジェスチャーをしているのか(サムハラ-ムドラ)彼は壮大に出発します。しかし、ハタ・ヨギンズは病気になり、死ぬのではないでしょうか。そもそも、完全な規律は困難とリスクの1つであり、熟練したグルの指導の下でのみ追求することができます。支援を受けずに失敗した場合、病気だけでなく死に至ることもあります。死の主を征服しようとする彼は、失敗すると、彼によるより迅速な征服のリスクを負います。もちろん、このヨガを試みるすべての人が成功したり、同じ成功基準で会ったりすることはありません。失敗した人は、普通の男性の弱さを被るだけでなく、追求されていない、または彼らにふさわしくない慣行によってもたらされる他の人も負います。再び成功する人々は、さまざまな程度で成功します。彼の生涯を神聖な84歳まで延長することもあれば、100歳まで延長することもできます。理論的には、少なくとも完成した人(Siddhas)は、この飛行機から出発します。意志、身体的強さ、または状況の欠如を通じて、すべてが同じ能力または機会を持っているわけではありません。すべてが成功するために必要な厳格なルールに従う意志がない、またはできない場合があります。また、現代の生活は、一般的にそのように物理的な文化を完成させる機会を提供しません。すべての男性は、そのような人生を望んでいないかもしれませんし、それが達成されることは、関連するトラブルに値しないと考えるかもしれません。一部の人は、彼らの体とそれを可能な限り迅速に取り除くことを望むかもしれません。したがって、それは無死より解放を得る方が簡単だと言われています!前者は、利己的でないこと、世界からの分離、道徳的および精神的な規律が原因である可能性があります。しかし、死を征服することはこれよりも困難です。なぜなら、これらの資質や行為だけでは役に立たないからです。そのように征服する彼は、一方の手のくぼみに生命を保持し、彼が成功した場合(シッダ)ヨギン、もう一方の手で解放。彼には楽しみと解放があります。彼は世界のマスターである天皇であり、すべての世界を超えた至福の所有者です。したがって、すべてのサダーナはハタヨガに劣るとハタヨギたちは主張しています!

解放のために働くハタヨギンは、楽しさと解放の両方をもたらすラヤヨガサダーナまたはクンダリーニヨガを通じてそうします。彼がクンダリーニを起こしたすべてのセンターで、彼は特別な形のブリスを経験し、特別な力を得ます。彼女を彼の脳の中心のシヴァに連れて行き、彼は本質的に解放の性質であり、永続的に確立されたときに精神と身体の弛緩の解放そのものである至高の至福を楽しんでいます。

エネルギー(シャクティ)は、静的または電位(クンダリーニ)と動的(プラナとしての体の作用力)の2つの形態に分極します。すべてのアクティビティの背後には、静的な背景があります。人体のこの静的な中心は、ムラーダラ(ルートサポート)の中心的な蛇の力です。それは、全身とそのすべての動くプラニック軍の静的サポート(Adhara)である力です。この権力の中心(ケンドラ)は、チットや意識の総体的な形です。つまり、それ自体(Svarupa)、それは意識です。そして見た目では、力の最高の形として、それはそれの現れです。 Supreme Quiescent ConsciousnessとそのActive Power(Shakti)の間に(基本的には同じですが)違いがあるように、意識がEnergy(Sakti)として現れるとき、それはポテンシャルと運動エネルギーの2つの側面を持っています。現実には、パーティションはありません。シッダの完璧な目になるために、プロセスは碑文(Adhyasa)です。しかし、サダカの不完全な目、つまりシッディ(完全な達成)への志望者には、まだ下層を駆け巡っており、さまざまな面で自分自身を識別している精神が現れつつあり、見た目は現実です。クンダリーニヨガは、この実践的な観点からのヴェーダンティックトゥルースのレンダリングであり、意識そのものの二極化として世界のプロセスを表しています。この極性は、その中に存在し、体はヨガによって破壊されます。ヨガは、体の意識の平衡を乱します。意識は、これら2つの極の維持の結果です。最高の力であるエネルギーの潜在的な極である人体は、それがサポートする移動力(ダイナミックシャクティ)がそこに引き寄せられ、それに作用する全体のダイナミズムが上に移動して、静寂の意識と一致するように、攪拌されて動作します最高のロータスで。

Shaktiには、静的と動的の2つの形式の二極化があります。心や経験では、この二極化は反射に対する特許です。つまり、純粋なチットとそれに関係するストレスの間の極性です。このストレスまたはシャクティは、無限の形と意識の純粋な無制限のエーテルであるチダカサの変化を通じて、心を発達させます。この分析は、以前と同じ2つの極形式である静的と動的の原始シャクティを示しています。ここで、極性は最も基本的であり、絶対性に近づきますが、もちろん、純粋なチット以外では絶対的な休息はないことを覚えておいてください。宇宙エネルギーは、絶対的ではなく相対的な平衡状態にあります。

心から受け渡し、私たちが問題を起こしましょう。現代科学の原子は、物質の不可分な単位という意味での原子ではなくなりました。電子理論によれば、原子は私たちの太陽系に似た小さな宇宙です。この原子系の中心には正の電荷があり、その周りを電子と呼ばれる負の電荷の雲が回転します。正の電荷は互いに抑制し合うので、原子は平衡エネルギーの状態にあり、通常は分解しませんが、すべての物質の特性であるが、ラジウムの放射能。したがって、ここでもまた、中心に静止している正の電荷と、中心の周りを動く負の電荷があります。このように原子について言われていることは、宇宙システムと宇宙全体に当てはまります。世界システムでは、惑星は太陽の周りを公転し、そのシステム自体はおそらく(全体として)絶対静止のポイントであるブラフマビンドゥに到達するまで、他の比較的静的な中心の周りを移動する質量です。 、その周りをすべてのフォームが回転し、すべてが維持されます。同様に、生体組織では、動作エネルギーは2つの形態のエネルギーに同化されます。アナボリックとカタボリックで、一方は変化する傾向があり、もう一方は組織を保護する傾向があります。組織の実際の状態は、単にこれら2つの共存または同時発生した活動の結果です。

要するに、シャクティは、現れるときに、それ自体を静的と動的の2つの極性の側面に分割します。つまり、磁石の極のように、動的な形で同時に静的な形にすることなく、それを実現することはできません。力の活動の特定の領域では、静的な背景、つまり静止状態の「シャクティ」または「コイル状」の宇宙原理に従って、私たちは持っている必要があります。この科学的真実は図に示されています。カーディは、無活動の純粋なチットの静的な背景であるサダシバの胸の上でキネティックシャクティとして動く神の母であり、グナマイの母はすべての活動を行っています。

宇宙的なシャクティは、特定のボディのクンダリーニがVyashti(個人)Shaktiと関連する集団(Samashti)です。身体は、私が述べたように、小宇宙(クシュドラブラマンダ)です。したがって、生体には、私が話したのと同じ極性があります。マハクンダリーニから宇宙が生まれました。彼女の至高の姿で彼女は休んでいて、丸く巻かれていて、シヴァビンドゥと1人(チドルピーニとして)います。その後、彼女は休んでいます。彼女は次に自分自身を解き放ち、顕現します。ここで、クンダリーニヨガが話す3つのコイルは3つのグーナであり、3つ半のコイルは、プラクリティとその3つのグーナ、およびビクリチスです。彼女の50のコイルはアルファベットの文字です。彼女が巻き戻しを続けると、ヴァルナの母であるタットヴァスとマトリカスが彼女から発行されます。このように彼女は動いており、作成後も、作成されたタットヴァスに移動し続けます。なぜなら、彼らは動きから生まれたので、動き続けているからです。全世界(ジャガット)は、サンスクリット語で示されているように、動いています。したがって、彼女はタットヴァの最後のプリスヴィを進化させるまで、創造的に行動し続けます。最初に彼女は心を創造し、それから問題になります。この後者はますます密になります。マアブフタは現代科学の密度であることが示唆されています。—最大重力速度に関連する空気密度。光の速度に関連する火の密度;地球の自転の分子速度と赤道速度に関連する水または流体の密度。地球密度、ニュートンの音速に関連する玄武岩の密度。ただし、これは、ブータが3次元の固体の形状に達するまで、物質の密度が増加していることを示しています。シャクティがこの最後の、またはプリスビタットヴァを作成したとき、彼女がさらに行うことは何ですか?何もない。したがって、彼女は再び休む。再び、休息とは、彼女が静的な形をとることを意味します。しかし、シャクティは決して尽きることはありません。したがって、この時点でのKundalini Shaktiは、いわば、最後のブッタであるPrithviが作成された後に残った(まだプレナムですが)Shaktiです。このように、私たちはマハクンダリーニをサハスララのチドルピニシャクティとして完全に休息させ、休息させます。そして、相対的な静的中心が静止しているクンダリーニである体、そしてこの中心の周りで体の力全体が動きます。彼らはシャクティであり、クンダリーニシャクティもそうです。両者の違いは、動きの中で特定の差別化された形のシャクティスであるということです。そして、クンダリーニシャクティは、未分化の、残りのシャクティであり、つまりコイル状です。彼女は「基本的なサポート」を意味するMuladharaに巻き込まれ、同時にPrithviまたは最後の固体Tattvaと残りのShaktiまたはKundaliniの議席です。したがって、ボディは2つの極を持つ磁石と比較できます。ムラダラは、クンダリーニシャクティ(チットシャクティとマヤシャクティであるため)の比較的粗い形であるクンダリニシャクティの座である限り、動的である残りの体との関係で静的な極です。身体である作業は、そのような静的なサポートを前提とし、見つけるので、Muladharaという名前です。ある意味で、ムラーダラでの静的なサクティは、体の創造と進化のシャクティと必然的に共存しています。動的な側面または極は、静的な対応物なしでは決して存在できないからです。別の意味では、それはそのような手術の後に残った残りのシャクティです。

その後、このヨガの達成において何が起こりますか?この静的なシャクティは、プラナヤマや他のヨーガのプロセスの影響を受け、動的になります。したがって、完全に動的であるとき、つまり、クンダリーニがサハスララでシバと合体するとき、身体の分極は崩壊します。二つの極が一つになり、サマディと呼ばれる意識の状態があります。もちろん、分極化は意識の中で起こります。身体は実際には他の観察対象として存在し続けています。それはその有機的な生活を続けます。しかし、人間の体や他のすべての物体に対する人間の意識は、意識に関する限り心が止まっているために撤回され、その機能は意識であるその地面に撤回されています。

体はどのように維持されますか?そもそも、クンダリーニサクティは完全な意識のある生物として全身の静的中心ですが、体の各部分とその構成細胞には、そのような部分や細胞を支える独自の静的中心があります。次に、ヨギンズ自体の理論は、クンダリーニが上昇し、体は完全な生物として、サハスララのシヴァとサクティの合体から流れる蜜によって維持されるというものです。この蜜は彼らの組合によって生み出された力の放出である。潜在的なクンダリーニサクティは、部分的にのみであり、完全に運動サクティに変換されません。それでも、サクティは、ムラダラで与えられたように、無限大なので、枯渇することはありません。潜在的なストアは常に使い果たされません。この場合、動的等価とは、あるモードのエネルギーを別のモードに部分的に変換することです。しかし、ムラダラでのコイル状の力が完全に巻き戻されると、特定のフォームに関連する静的な背景のために、3つの体(全体的、微妙、因果的)が解消され、その結果、ヴィデハ-ムクティ、身体のない解放が起こります。この仮説によれば、存在の存在は完全に道を譲ったであろう。サクティが去るにつれて、体は死体のように冷たくなります。ムラダラでの静的な力の枯渇や剥奪のためではなく、通常は全身に拡散する動的な力の集中または収束のため、 Kundalini Saktiの静的な背景に対して設定されます。拡散された5倍のプラナは家に集まり、体の他の組織から引き出され、軸に沿って集中します。したがって、通常、動的等価物はすべての組織に拡散したプラーナです。ヨガでは、軸に沿って収束します。どちらの場合でも、クンダリーニサクティの静的等価物は持続します。すでに利用可能な動的プラナの一部は、適切な方法で軸の基部で動作するように作られています。これにより、基底中心またはムラダーラは、飽和状態になり、拡散された動的パワー全体(またはプラナ)に反応します。組織からそれを引き出し、軸の線に沿って収束させることにより、体のこのようにして、拡散した動的等価物は、軸に沿って収束した動的等価物になります。この見解によれば、上昇するのはサクティ全体ではなく、凝縮された雷のような噴出であり、やがてパラマシバスタナに到達します。そこでは、個々の世界意識を支持する中央権力が最高意識に融合されています。世俗的な人生の通過する概念を超えた限られた意識は、現象全体の流れの根底にある不変の現実を直感します。クンダリーニ・サクティがムラダラで眠るとき、人は世界に目覚めています。彼女が目を覚まして団結するとき、シヴァである最高の静的な意識と団結するとき、意識は世界に眠っていて、すべてのものの光と一体になります。

主な原理は、目覚めたとき、クンダリーニサクティは、彼女自身または彼女のイジェクトのいずれかが、世界の意識を維持する静的な力ではなくなることであり、その内容は、彼女が眠っている間だけ保持されます。 そして、いったん動き始めたら、シヴァ意識や形の世界を超えたエクスタシーの意識と一体となった千花びらの蓮(サハスララ)の他の静的な中心に引き寄せられます。 クンダリーニが眠るとき、人はこの世界に目覚めています。 彼女が目覚めると、彼は眠ります。つまり、世界のすべての意識を失い、因果関係の身体に入ります。 ヨガでは、彼は形のない意識にとどまります。

栄光、母なるクンダリーニへの栄光。彼女の無限の恵みと力を通して、サダカをチャクラからチャクラに親切に導き、彼の知性を照らし、最高のブラフマンとの彼のアイデンティティを実現させます! 彼女の祝福がありますように!