宝塚の阪急電車への一礼とサイキック

2020-08-30
トピックスピリチュアル

私は関東なので実際に見たことはありませんけど、これ、おそらくは本当に乗っているのが分かるのだと思いますけどね。どうでしょうかね? 宝塚の方々? それとも、今の若い人はそこまでサイキック能力が落ちてしまって乗っているのが分からなくなり、一礼する意味が分からなくなってしまったということなのでしょうかね?

本当に乗っていることがお互いにわかったから阪急電車への一礼をするのは当然だと思いますけどね。そういう方はいらっしゃるのでないでしょうかね。

あのような芸術の分野は多少ながらサイキックでないとやっていけないと思いますけど。

例えば分野は違いますけどミケランジェロだってサイキックですし、作曲家なんてほとんどがサイキックだと思いますよ。

今まで書いたことありませんでしたけど私のグループソウルにオーストリアあたりで作曲家の一族に生まれたことのある人がいて、その一族は初代がインスピレーションを子孫に伝えるのが伝統でしたけどね。そのくらいのサイキックはゴロゴロいて、本当に信頼しあえる師弟であれば電車に乗っていてお互いに気付くなんて普通だと思いますけどね。

ですから、ルールあるいは不文律で必ず一礼しなければいけないとは思わなくて、お互いにわかるからこそわかった時に一礼すべきものだと思います。ですから、不文律で一礼を止める、というのはおそらく正しくて、それでも、本当に乗っているのが直感でわかったら一礼をするのは自由なのではないかなと思いますけどね。本当に一礼する意味が分からないのだとしたら寂しい気が致しますけどね。

これは個人的な感想ですけどね。宝塚の判断ですから好きにすればいいと思います。

宝塚のような芸術をしている人たちがサイキックではなくなってただの人形だとしたらそんなに人気が出る筈もありませんから、きっと今でもサイキックな人が大勢いるとは思いますけどね。

ただ、見方を変えれば、不文律だと思われていると言うことはサイキックではない人が混ざっていると言うことなのでしょうね。全員がサイキックであれば本当に乗っている時だけ一礼すれば済む筈ですし。

ただ、サイキックとは言っても意識が散漫になっていたりすると気づかなかったりすることもありますから必ず一礼するのが楽と言えば楽なのかもしれません。とすれば、気付かなかった時のことを考えるとルールで一律に中止する方が負担が減ると言えばそうなのかもしれません。

まあ、そんな事情を一般大衆に向かって堂々と言うことはないと思いますし、きっと公式には不文律は時代にそぐわないからやめたと言うことで理解しておけば十分だとは思いますが、内部では違う受け止め方をされていると思いますけどね。