悟りの一瞥をするだけで満足しない

2020-12-13 00:00:00
トピックスピリチュアル

宇宙意識の悟りがどのようなものなのか一時的にでも知ることは重要で、私の場合は小学校の頃の幽体離脱で知ったわけですけれども、それは始まりに過ぎないわけです。知ることは重要であっても、日常生活の意識で同様の宇宙意識とはまだ繋がっていないわけで、日常生活を送りながら宇宙意識と繋がることができるようにするのが修行であるわけです。

伝統的業界ですと瞑想をして意識の平穏を教えるところから段階的に悟りを目指しますけどスピリチュアルなやり方は色々で、特に最近は感情に焦点を当てて感情面から意識を一時的に平穏にして宇宙意識と繋がるという方法も取られているようです。であればその意識の平穏および宇宙意識は一時的なもので、真実を知ってから戻ってきた後にギャップを感じてヒステリーになったり怒りっぽくなるのも当然かなという気が致します。そもそもアプローチが違うので結果も異なるわけですね。「怒り」が結果として残るのであれば一時的に宇宙意識を得たとしてもある意味失敗だったのかなという気が致しますけど、それは個人的な個別のお話ですので、好きにすればいいと思います。長期的に見ればなんだって大差ないですけど、大差ないなら怒りなんてない方がいいと思いますけど。私なんかが思うには日常生活を平穏で過ごすことができないのならば宇宙意識なんて意識が広がるばかりで邪魔でしかなくて意識を乱すだけのものであると思います。伝統的なやり方で悟りの状態に至った場合は意識の平穏を先に達成しますから、意識の平穏を保ったまま宇宙意識と繋がって平穏な意識を保ちますけど、感情を抑えるやり方で宇宙意識と繋がると意識の平穏が不安定ですから感情に左右されて宇宙意識の方からのフィードバックによって感情が爆発してしまうことも多々あるように思います。これは、宇宙意識への意識の拡張が必ずしも幸せに繋がらなかったという悲しい例ですね。悟りを目指す人はそうであってはならないと個人的には思いますけど歴史的には伝統的流派であってもそのように悟ったけれども荒っぽい人はいて、それはそれで一定数の割合でそのような人は出てくるものとは思います。まあ、そういう人は揺り戻しがあって、来世には平凡な人生を送ってからまた悟るということになるのでしょうけど。悟って平穏でいられる人は来世でも悟ったまま生まれて来れたりします。

私は小学校の頃に幽体離脱して宇宙意識を知って多次元の時空を超えた視点を得て過去も未来も見れてパラレルワールドも俯瞰して未来も自分で設計し直したりしましたけど、その後、肉体に戻った時の認識はあくまでも人間でしたからね。理解と経験の感覚は残りましたけどね、それがそのまま日常の生活の意識とリンクしているかというと日によってシンクロ率が高かったり低かったり、いろいろでした。宇宙意識のことを話しても誰も理解しませんでしたし、周囲は私のことをニューエイジか何かかと理解したみたいでしたけど、私は一応は説明としてニューエイジの言葉を使いはしましたけど根底にあるものはニューエイジとは関係なくて幽体離脱の時に得た知見でしたので、どちらにせよ話は通じませんでしたね。当時から時空を超えた宇宙意識を知ってはいましたけど、今から思えば、最近で達成した伝統的な悟りへの道でのある程度の達成と、一時的に宇宙意識を知って時空を超えて戻ってきた日常生活の状態では全く状態は異なると断言できます。一時的な幽体離脱で宇宙意識を知ることなら手助けさえあれば割と誰でもできますし、私も大学生の頃に知人の女の子の幽体を引っ張り上げていろいろ見せたことありましたけどその子自身は「わかっていない」子でしたけどね。手助けがあれば見聞きすることはできます。瞑想で一時的な宇宙意識も得られますけど、それもまた日常生活での宇宙意識とは異なりますから、一時的に宇宙意識を知ったところであまり得意気にならないことですね。 まあ、そうは言っても、それは本人の自由ですから、好きにすればいいと思います。私はそう思うというだけです。自由にすればいいと思います。これはただの個人的な感想です。

ゴールが私の場合は先に示されたようなもので、幽体離脱した時の宇宙意識、時空を超えた意識がまずあって、ゴールが明らかで知ってはいますがそれがそのまま自分の悟りではないわけで。知っただけの状態でも以前とは変化していますけど、それでもあくまでも自分はただの肉体を持った普通の人間でしかないわけです。そのただの人間の状態から、宇宙意識を日常生活を送る中でも繋がったままでいられるようになるために修行があるわけです。記憶の中にある宇宙意識の感覚と自分の現在の意識との乖離があるわけですね。

ですから、宇宙意識を知っただけで自分は悟りを得たかのように思うのはとても愚かなことで、それは垣間見ただけで、それだけでも十分素晴らしいことではありますけど、日常生活での意識がそこまでではなかったり惨めなものであるならば悟ってはいないのですよね。

宇宙意識と一時的にでも繋がって時空を超えられれば人生も思い通りにできますので金銭的にも自由にすることもできますし逆に金銭的に追い込んで厳しい状況で修行することもできます。人生を自由にできたからと言って、貴方が悟っているとは限らないわけです。どちらにせよ、そのように宇宙意識と繋がってしまうと最初は色々と勘違いが生まれてしまいますので「自分は幽体離脱したことがあるし真実を知っています」と言って修行しなくなってしまったりします。これまた愚かなことです。

一時的に宇宙意識に繋がって時空を超えた真実を知ったとしても日常生活で宇宙意識と常に繋がるためには長い修行が必要になるのが普通なわけで。素質のある人でも数年は必要で、普通は10年とか数十年なんてのはざらです。

そのことを指摘しても、「私は知っているから」と言って聞く耳を持たない場合もあるわけです。ですけど、それは違うのですよね。

一時的に宇宙意識を知っただけで自分は皆と違っていると思うなんてのは、まあ、それは割とスピリチュアルの罠ですよね。知っているのはそうなのでしょうけど、別にそんなに特別に感じる必要はないわけですけど、最初は特別に感じてしまうものなのですよね。そんなもんだと思います。おそらくは誰しもが一度は通る道です。そこで立ち止まらずに修行を続ける必要があるわけですけど、そこに気が付いているかどうかは知りませんけど、たぶんそのくらいの人ならそのうち気がつくとは思いますけど。

インドのリシケシでヨガニケタンを作ったスワミ・ヨーゲンヴァラナンダは若い時にヒマラヤ聖者と出会って真理を知り、それを体得するために長い年月を費やしました。修行というものはそういうものだと思います。最初に真理を知ったところでそれを体得しなければ何にもならないわけです。真理を知ったところで、それを体得するのとは別物なわけで。

私は小学校の頃に幽体離脱して時空を超えて真理を知り、それを持ち帰ったものの、そのままの状態では悟った状態ではなかったのです。知ってはいるけれども体得していない状態だったわけです。それは幽体離脱とか瞑想とかで体得したものにも当てはまります。一時的な悟りの境地が得られることはそれはそれで素晴らしいことでありますけど、その一時的な悟りの状態を日常生活と共存させるには一般的には修行が必要なわけですよ。

確かに、私も幽体離脱してしばらくは自分が真理を知っているから皆とは違うと思い込んでいて、ちょっとした高飛車状態になっていましたね。まあ、小学校とか子供ですしね。そんな一時的な悟りは確かに素晴らしいお話ではありますけど、日常生活と悟りが共存しなければ何にもならず、むしろ、真理を知った意識と顕在意識とが乖離し始めて精神的にきつい状態になってしまいます。物欲だけに生きることもできず真理に生きることもできない。まあ、私の場合は理由はそれだけではありませんでしたけど。

幽体離脱した後も、その経験は本物だとしても、その当時は悟りの意識を体得した状態になっておらず、自分自身とその悟りの意識とが乖離していたたわけです。幽体離脱をして時空を超えた真理を知ったところで基本的なところでまだまだスピリチュアル初心者だったわけです。心が、真理を知っている部分と顕在意識の葛藤の部分とで分離して対立していたわけです。その真理の意識と日常生活の顕在意識とを融合するには修行が必要だったわけです。

他の人にも同じことがあてはまるかどうかは分かりませんし、他人は自分の好きに生きればいいですけど、私の場合はこうでした。