愛とはエネルギー(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)手かざし、をする流派で生きた記憶

神を名乗る存在からの接触に注意する

2021-01-01 00:00:00
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

ある程度の修行が進むと、神を名乗る存在からの接触がありますので注意する必要があるように思います。

私が20年くらい前に勉強させて頂いておりました団体にもそのようなことがあり、それまではどちらかというと宇宙系のスピリチュアルの教えでしたが、とある時を境に日本の土着の神々の教えが入るようになり、やがてはそれ一色になったことがあります。

日本の神々の特徴はとにかく強く、荒々しいです。言動にしても日本の武士あるいは武将クラスの強さと優しさを備えていたりもしますが、日本の戦時中の将校のような精神的キツさも備えていたりします。もちろん神にもよるのですけど。

それはそれで力のある存在ですけど、悟りを開いているかというと疑問に思います。
私の見たところ、悟りを開いていない神が多いように思います。というか日本の土着の神で言うと見た範囲ではほとんどかもしれません。

神々が戦っていて、勢力争いをしているような感じです。日本の今の時代にもそれは見えないところで行われています。

ですから、日本の神様に言われたからと言って喜んで言う通りにどこかに行って神事とかしないことですね。何が目的かなんてその程度の修行者にはわかんないですよね。何を隠しているかもわからないですよ。全部分かったつもりになっていても、嘘のお話をされている場合もありますし、それを見抜けないなら関わらない方が良いです。

ある程度の修行が進むと、そのように日本の神を名乗る存在に、言い方は悪いですけど「使い捨て」にされる人が一定数出てきます。本人は修行が進んで神様の手足となって動いていることに喜んでいたり誇りに思っていたりしますけど、まあ、分かってやっているのか何なのか。

もちろん分かっていらっしゃる方もおられますので、本当に分かっているのなら問題ないですけどね。 その場合、自分が「どっち側なのか」わかっているということですよね。敵と味方、どっちについていますか? それとも、争いには関わらない立場ですか?

昔はアセンションが盛り上がった時期でしたけど、アセンションをネタにして神事を各地でさせて自分の神の勢力を増やそうとする意図もありましたよね。手助けするにしてもそういうずる賢い勢力の手先になっていないことを確認した方がいいと思いますけど。

まあ、神々の方がずっと上手ですよ。最近ようやく目覚めた人がすぐに見抜けるなんて思わないほうがいいですし関わらない方がいいと思いますけどね。分かってる人がやるならいいですけど。

アセンションと言うのかどうかはともかくとして大変革はあるにはあるのでそれを伝えるのはいいのですけど、アセンションをネタにして煽って自分の勢力を増やそうとしている日本の神様もいらっしゃいますからねえ・・・。神だって随分とずる賢いのですよね。

神というと悟ったかのような印象がありますけど、実際は、そんな日本の神々は悟ってはいないですよ。日本の神々の手足になるのではなくて、日本の神々に教えを与えるくらいの人になるのを目指すべきですよね。日本の神々すらも教えを請うてくるような人が本物ですよね。なんて私は思いますけどね。

他の人は好きに生きればいいですから、思うように勝手にすればいいですけどね。 神様に頼まれて神事をしたいなら好きにすればいいんです。本人の勝手です。別に、止めたりはしません。私は「どうかなあ」と思いますけど、本当はそれが正しいのかもしれませんし。短期的あるいは長期的にどちらが正しいのかなんてあまり関係なくて、どっちでもいいと言えばいいわけですし。ただ、私はあんまり関わらないですよ、というだけのお話です。

使命があって神様と一緒に神事をするなら好きにすればいいです。それもまあ、ゲームとか趣味みたいなものですよね。そんなお遊びを楽しみたいなら、そうすればいいと思います。別に悪いことでもないですし。ただの好みの生き方というだけのお話です。

ただ、ゲームや趣味と思えなくてその現実にすっかり吸い込まれてしまうようであれば神々のお願いなんて関わらない方がいいと思いますけどね。趣味と思っていてもその世界に吸い込まれてしまうことだってありますし。なかなかうまくいかないものです。であれば最初から関わらない方がいい。

似たようなことはヨーガ・スートラにも記されています。

3-52) ヨーギーは、また災いを恐れて天界の住人たちの誘惑に誘われたりおだてられたりしてはならない。「ラージャ・ヨーガ」 (スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ著)
3-51) あらゆる存在形態の誘惑を完全に拒絶すべきである。たとえそれが天からのものであっても、というのは、まだ邪悪な接触が再発する可能性があるからである。「魂の光(アリス・ベイリー 著)」

例外はあって、生まれた時の使命、あるいは追加での使命に含まれている時はやるしかないですよね。それもその理由があってのものなのでしょう。神々の戦いに加わるというのも、そういう人生もあるのだとは思います。

ただ、日本の神を名乗っているからと言って悟っている存在とは思わない方がいいと思いますけどね。この宇宙の創造と破壊と維持を司っているという意味における神とは日本の神は異なりますしね。神違いです。

日本の神の中にも悟っている神はいらっしゃるとは思いますけど、そんな争いに巻き込まれている神に関わらない方がいいと思いますけど。

まあ、それも好き好きですので、やりたい人がいれば勝手にやればいいと思います。

神々から接触があったりすると、そんじょそこらの素人やそれなりの人であってもコロっと騙されて有頂天になって「ついに私もそこまで来たか」と、のぼせ上がってしまいますからねえ・・・。 私が何か言っても聞く耳持たないでしょうし。好きにすればいいんじゃないですか。

私に影響が出てくるようであればこっちから干渉しますけど、それ以外であれば好きにすればいいわけです。
まあ、長い目で見ればそれすらも学びで、完璧なわけですからね。

あるいは本当にいい神様でいいことをしているかもしれないですし。そういうことだってもちろんあります。

趣味で関わるくらいがちょうどいいのではないでしょうか。



愛とはエネルギー(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)手かざし、をする流派で生きた記憶