地球で分離を生きる人生は贅沢

2021-02-06
トピックスピリチュアル

宇宙では分離していない状態が普通で、この地球上でわざわざ「分離」の人生を送ることができるのはある意味「贅沢」なわけですよね。

この分離の生活を送るために、苦労をかけて「守護霊」というものが付き添ってくれていて人生をサポートしているわけですから、ある意味、地球の人というのはVIPの待遇なわけです。

こんなに贅沢なことはないです。もっと感謝すべきです。

宇宙では基本的に1人です。それは、意識で繋がっている場合では「繋がっている感」のある1人だったり、あるいは、意識で繋がっていない場合の分離状態ですと「繋がっている感のない1人」だったりします。

どちらにせよ1人です。

もちろん、友人や知人や過去の妻だった人の霊など多くの身近な霊というか人というか存在がいますけど、この地球のようにVIP待遇で守護霊がきちんとつきっきりなんてことはまずないです。

存在は1人で存在するのが基本ですけど、地球の場合、守護霊として高級霊が割とついています。

まあ、猿から進化した動物みたいな人間には(高級霊は)ついていないですし、それは種族や国ごとに傾向はありますけど、割とついています。

守護霊は、高級霊がついていて、それとは別に、友人知人や過去の家族、例えば過去の妻や旦那なども見守っています。

高級霊は使命として人生を見守るわけですけど、友人知人や家族の霊は自分が好きだから見守っているという感じですね。

まあ、高級霊と友人知人家族の霊の違いは主に霊格なわけですけど友人知人家族の霊でも霊格が高い場合もありますし、特に序列が決まっているわけではないのですが、使命として一生(あるいは半生)を見る場合はそれなりに高い意識体が受け持つように思います。

ですけど、それは宇宙の全てでそうではなくて、霊として意識体として存在している時は普通に1人で、その周辺に友人知人家族たちがいるような感じです。

ですから、この地球上で守護霊が見守ってくれているというのは贅沢なことなわけですよね。

その中でも特に、わざわざ「分離」の人生を生きようとしている人はご苦労さまで、そんな人をサポートする霊も大変な思いをしますから、特に贅沢なわけです。

これは勘違いしてほしくないのですが、欲望のまま分離の人生を生きている人には当てはまらなくて、本当はしたくないのだけれども学びのためにわざわざ分離の人生を選んで自分を苦境に追い込んで勉強しようとしている人がご苦労さまなわけです。

欲望のまま生きて落ちてしまう場合は「ミッション失敗(学習失敗)」としてその人生は放置されて、スピリットは離脱して体は衰弱してゆき、守護霊も離れたりします。そうするとまたやり直しです。

そのような苦労を乗り越えて、障害もなんとか避けながらわざわざ大変な思いをして「分離」の人生を生きるために守護霊がついてVIP対応で人生を歩むわけです。

これはね、とてつもなく贅沢です。またすぐに同じような贅沢な人生を度々歩めると思わない方が良いです。

また次の人生でも同じように暮らしたいのであれば守ってくれている意識体に感謝をしたり、また、周囲の人に対してお礼をしたり何なりして自分も尽くすことですね。

もらいっぱなしであればそのような人の周囲には同様にもらいっぱなしの人が集まって、与え続ければ周囲に与え続ける人が集まってくる、というのは普通の人生と同じです。それがあの世、もっと言えばこの宇宙全体で連なっていて、与え続ける連鎖を行っている存在と、奪い続ける連鎖を行っている存在がそれぞれいるわけです。

まあ、話はそこまで行かなくても、少なくとも、この地球で生まれたことに感謝をした方がいいと思うわけです。

補足をしますと、猿のような人間には猿よりちょっと進化した意識体が守護霊としてついていたりしますけど皆さんは興味ないですよね。自分より意識が進んでいる意識体が守護するのが基本なわけです。