自動的な観照で心を観察する瞑想(同テーマ&時系列の前記事)

日本の敵の扱い方

2021-02-16
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

この世は全て愛で何をしても良いのですから酷いことをしている人がいたとしてもそれは全て許されています。この世界は全て完璧で、何を選択しようとも、それが例え大虐殺や地球の破壊であったとしても完璧なのです・・・ というのが基本です。

宇宙の基本的な法で惑星の自由はほぼ完全に保証されていますから、惑星上で大虐殺だったり大量破壊などどんな酷いことがあったとしても基本的には惑星に生きている存在の自由が尊重されます。しかしながら、何をしてもいいわけでもありません。惑星それ自体が存続できなくなってしまうほどの大破壊、例えば強力な核爆発で地球を吹き飛ばしてしまうような状況であれば宇宙からの干渉が許されています。宇宙の法で、地球の惑星の破滅を止める権利を宇宙の管理者は所有しております。そこまで行かない範囲であれば基本的には惑星の生命体の思想・行動の自由が保証されているわけです。

瞑想をしてきて、特に創造・破壊・維持の意識が出てきた後はそのことを実際に実感できて、何をしても許してくれるこの地球が実際にあるわけですけど、そうは言いましても、身近な敵の扱い方について時にそれと矛盾する考えあるいは難しい判断をしなくてはならない時があります。

全ては完璧で全てが許されているのだから、敵がいても許さなくてはならないのか? そういう問いが生まれてきます。例えば、いま生きている日本には日本を貶めようとしている偏向報道をするマスコミがいたりしますよね。そういう人を許さなくてはいけないのか? という問いが生まれたりします。あるいは、身近に搾取してくる人がいたときに、それを許したままでいいのか、というお話があります。

一つの答えとしては、反応すらも何ら全てを許されているので、調和の取れている範疇で何をしても良い、という答えがあります。
そのような搾取あるいは貶めるような行動も含めて全て自由で許されているわけですけれども、それに対する行動も自由なわけです。

ですから、仕返しするのが調和であれば仕返しすればよいですし、拒否するのが調和であれば拒否すればいいわけです。

ここに「自分」というものが働いている時はそれはカルマになってカルマあるいは輪廻の輪に囚われてしまいますが、カルマの輪から抜け出た人、既に意識が「全体」になっているのであれば自分の行動は何らカルマを生じさせないわけです。

これは、理屈のお話ではありません。実際にそのように行動できるかどうか、というお話です。

自分の意識がどうであれ、何をしようとそれは自由なわけですから、好きなようにすればいいわけです。耐えるのが調和だと思えば耐えればいいし、仕返しするのが調和なら仕返しすればいいわけです。それはケースバイケースで、どうとでもなるわけです。行動そのものに固定的な真実があるわけではなく、その時々において真実が異なるわけです。

道徳や常識というのはまだこのレベルに達していない人にとっては有益ですけど、カルマの輪から抜け出せた人にとっては単なる指針にしか過ぎません。カルマを抜け出したならば、良いと思えることをいわゆる宇宙意識の観点で何でも実行すればいいわけです。

この例の場合、反日マスコミに対する対処も宇宙意識の観点からすると割と自然に決まってきて、その反日ループから抜け出すためには「日本人が目覚めること」が絶対条件になってくるわけです。そして、日本人それぞれが目覚めた後に実際に行動することですよね。

はっきり言って、ごく一部の能力者や力のある人が動くことでああいう反日マスコミや韓国総連など目立つ立場の人を排除するだけなら割と簡単なのですけど、排除したところで日本人が目覚めていないなら何度も何度も同じことをされてしまうんですよ。ですから、排除はあまり意味がありません。とことんまでやられてようやく目覚めるかどうか、ということですよね。能力者が日本人の学びの場を奪ってしまってはならないと思います。

人の命って実は高次元になれば割と簡単に操作できて、病気とか事故とか、脳卒中とか、いきなり心不全とか、最近であればコロナにかからせるとか、どうとでもできるんですよね。でも、そんなことは基本的にしないのですよ。意図的に沢山の人を殺してしまうと不自然ですし、何より、上記のように、学びをする機会を奪ってしまいますからね。今回の場合、日本人が目覚める必要があるので、日本人が目覚める機会を奪ってしまうわけです。そんな事態になるよりは、反日マスコミや反日政治家をほおっておいた方がいいわけです。

それは惑星の滅亡と同じことがあって、日本が滅亡しかねないならば反日マスコミや韓国総連、あるいは反日の政治家を排除することもありますけど、そうなればまた同じような状況を一から作り直しで日本人が目覚めるのを待つことになります。それはそれで面倒くさいです。もうだめなしきい値に達するより前に日本人が目覚める方がいいと思うわけです。

人の生命というのは意外に脆いもので、排除しようと思えばいくらでも排除できますけど魂は不滅ですから再度生まれ変わって同じことを繰り返します。問題の先送りなだけなんですよね。

やり方として、そのような魂を別のタイムラインに送り込んでしまうこともできますけど、それはそれで手間ですしね。どちらにせよそちらで同じようなことを繰り返します。それよりも、お互いに学んでくれればそれでクリアなんですけどね。

本当に排除しようと思ったら、宇宙意識に意図して「いなくなってください(方法は任せます)」と指示するだけで、脳卒中なりスキャンダルなり宇宙が勝手に意図してくれて排除してくれます。でも、上に書いたようにまた同じ状況が生まれてきますけどね。日本人が目覚める、あるいは、言い方を変えれば「日本人が学ぶまで」、そのレッスンは繰り返されるわけですよね。

他人に自分のエネルギーを渡さない、という日本人のレッスンが終了したら反日マスコミも反日政治家の問題もすぐに解消すると思いますよ。だって、投票でそういう政治家が当選しなくなりますからすぐいなくなるでしょうし、そうなれば反日マスコミも政治の側から排除が進みます。官僚だって同じことですよ。

一部のメンバーが頑張って反日メンバーを排除することもできますけど、かなり大変ですし、根本的治療ではありませんしね。それより、日本人が目覚めてくれた方がよっぽど良いわけです。



自動的な観照で心を観察する瞑想(同テーマ&時系列の前記事)