ムーラダーラのエネルギーを意識してエネルギーを上げる瞑想はしなくなりました

2021-03-14
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

少し前は、アジナにエネルギーを上げるためにムーラダーラを意識するという瞑想をしていました。それによって、サハスララとムーラダーラの陰陽エネルギーを混ぜ合わせていたわけです。

しかしその後、ムーラダーラに意識を合わせてもエネルギーの変化が感じられなくなるようになって、更には最近は、ムーラダーラに意識を合わせると特に下半身のマニプラあたりが変な違和感を感じますのでムーラダーラを意識する瞑想はしなくなりました。

これは、特に誰かにそう言われたわけでもなく、その時々で最適と思われていることをしたわけです。

何かの流派に属しているとその流派のやり方をすることが多くて、この種の瞑想はやり方を守るというよりはその時々で最適な方法を自分で選ぶ、ということが重要のように思います。

違和感があったらそれは合っていないわけですし、流派のやり方だからと言って決まったやり方を続けていても不快感が起こるかもしれません。

多くの流派では「不快感が現れたらすぐに瞑想をやめる」という指示があったりしますけど、そういう指示がない流派もあります。「問題ないはずだ」という指導しかしないところもあります。しかしながら、瞑想はそのように固定されたやり方に従うのはあまり良くない結果を生むこともあって、そもそも瞑想のやり方は色々あって人それぞれに合ったやり方もあれば同じ人であっても成長の時期によって適切な瞑想は異なるものだと思っています。

ですから、流派のやり方に固執しなくてはならない状況はあまり良いとは思えなくて、例えば、天と地のエネルギーを通わせる瞑想であったとしても今の私にとっては不要ですけど少し前までは陰陽エネルギーを混ぜ合わせるといった瞑想をしていたり天のエネルギーを掴んで体に取り入れるということもしていたわけです。

ですけど、創造・破壊・維持の意識が出てきて以降はそのような天地の陰陽エネルギーを混ぜ合わせるということはしなくなって、単にアナハタを中心に体全体に広がる創造・破壊・維持の意識を感じてアジナやサハスララにまで上げる、というか、上げるというよりもそこまで充満させる、という瞑想に変わってきています。