関わらない方がよい人の近くでは体調が悪くなる、というお話

2021-03-17
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

一番わかりやすいのは会社の入社面接ですかね。

関わらない方がいい会社、入社しない方がいい会社の場合は体調が悪くなる人が多いように思います。

これは何故かと言いますと、2つの側面があって、1つはその場の波動(オーラ)が悪いので影響を受けている可能性があるのと、もう1つは、守護霊が「駄目」と言って引き止めるために体調を悪くしている場合です。

割合はそれぞれですので両方ということもありますし片方だけということもあります。

これは、波動(オーラ)が良い悪いというお話ではなくて、その人に合っているかどうかというお話です。

自分に合うところに入社すべきで、関係のないところにふらふらと入社してもすぐに辞めてしまうかもしれません。

人との関わり合いでも同じことで、付き合わない方がいい人と近づいた場合は、相手のオーラあるいは自分の守護霊の働きかけが原因で体調が悪くなります。

こうした状況を見ていて思うのが、悪い波動の人あるいは団体の周りで体調を崩す人がとても多いな、ということです。

そのようなブラックな人あるいはブラックな団体はこのあたりのことをわかっているのかわかっていないのかわかりませんけど、周囲で体調を崩す人が大勢いるように思います。

例えば、面接に行ったら急に普段とは違う感じになって体調を崩し、普段とは全く違う行動をしてしまったりして面接に落ちた、とかいうことはよくあるように思います。

面接官からしたら「態度が悪い。駄目な人だ」という判断を下したりしますけど、実際のところ、その原因は上記のように2つあるわけですよね。その会社自身の波動(オーラ)が悪くてブラックな体質にその面接者が合わなくて体調を崩したのかもしれないですし、あるいは、守護霊が「そこは入社すべきところではない」と判断して体調を悪くした、あるいは、普段と違った行動を取らせて面接官に違和感を抱かせた可能性もあります。

ですから、この場合、面接官は相手をたかが1時間やそこら面接したくらいでわかった気になるべきではなくて、上記の2つの可能性を考えるべきなのですよね。自分たちの波動が悪くてこの面接者は体調を崩したのではないのか、あるいは、この人は入社すべきではない人なのではないか、と。

面接官が人生をわかっていない人だったりしますとたかが1時間やそこらの面接で相手を判断してしまいがちですけど、実際、1時間でそんなのはわかりませんので、その会社が入社すべきかどうかなんてのはもっと上のところで決まっていますので、面接官ができることといえばその応募者が入社することになっているのかどうかをサインから見抜くことくらいしかできない気が致します。

同様に人との付き合いでも、相手を判断する際に相手が体調を崩していたら自分の波動が合わないのではないかと確認したり、あるいは、相手の守護霊が付き合わないように指導している可能性を考えた方がいいですね。