本当に神様らしい存在は天使くらいなもの(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)瞑想とは心の波を静かにすること

別のタイムラインでは地球が核爆弾で吹き飛んでいる

2021-05-12
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

前にも少し書いた気がいたしますけど、そのように認識しております。
ただ、瞑想や夢で見たお話ですので本当のことかどうかはわかりません。

そのタイムラインでは日本が太平洋の沿岸諸国を合衆国として統治しており、北アメリカ大陸も西半分が日本の領土になっています。そこでは現代に至ってもアメリカ東部において奴隷制度が残っており、ヨーロッパも暗黒の中世がそのまま続いていました。一方、日本を中心とした太平洋沿岸部は平和そのもので、天国のような世界になっています。

日本国に中国も合併しており、アジア諸国および太平洋沿岸部および南米の太平洋岸まで統治が広がっております。領土内においての経済の自由および移動の自由が担保されていて、経済も活発で不景気知らずの状態です。

現在のタイムラインでは南米ボリビアのポトシ銀山の財をスペインが吸い上げておりましたが、日本がそこを制圧してからヨーロッパは貧乏になったのです。世界の大きな銀山である石見とポトシの両方を日本が抑えることでヨーロッパは急に貧乏になり、太平洋に手出しをしてこなくなったのです。

それはそれで良かったのですが、不満を募らせたヨーロッパ諸国およびアメリカ東部が争いを始め、細かくはいくつかタイムラインがあるのですが、悪ければ地球をふっ飛ばしてしまい、良くても大陸が丸ごとなくなるようなタイムラインしかありませんでした。

私の見立てでは、おそらくはそのタイムラインから弾き飛ばされた魂がこの現在のタイムラインに流れ込んできて人口増加になっているような気が致します。

何故に地球が吹き飛ばされてしまったのかというと、直接的にはもちろんヨーロッパ諸国とアメリカ東部の白人国家が愚かにも核戦争を始めた、というのが原因ではあるのですけど、何故にそれを止めることができなかったのか、というと、本来はその役目を果たすべきだったライトワーカーが日本の暮らしに満足しきっていて、ヨーロッパの白人社会の奴隷制度とかその汚さに対して批判こそすれ積極的に止めに行かなかったのが止めるのに失敗した理由だったように思います。

スピリチュアルな人は自分が汚れるのを避けて綺麗なまま暮らしたい、という欲求を持ってしまうことがありますけど、この場合、自分が汚れてでも積極的に汚い白人社会に関与してその中に飛び込んでいって止める勇気と行動力が必要だったということです。その行動力がそのタイムラインのライトワーカーに欠けていたが故にヨーロッパ諸国の核戦争を許してしまって地球が吹き飛んでしまうような事態になってしまったのです。

その場面をはっきりと見ましたけど、そのタイムラインのライトワーカーは例えばアメリカ東部で使役させられている奴隷の解放のため、奴隷に話しかけて逃げるように説得し、協力者を辿りながら日本国に逃すことで奴隷から人間にする、という人道的な救助活動をしておりました。せいぜいそのくらいだったのです。それ事態は素晴らしい活動ではありますけど、それでは白人社会の核戦争を止めることはできなかったのです。

ライトワーカーは白人と関わるのを避けて、せいぜい奴隷を助けるくらいのことしかそのタイムラインではしていなかったのです。

そうして、日々、奴隷を助けながら「白人は酷い人たちだねえ」と罵りながら暮らしていたら、ある時、急に大きな地震が起きて、地面に座り込んでしまうような巨大な地震で驚いていたのですが、実は地球のコアが割れてしまい、やがて空が暗くなってきて、重力が軽くなってきて浮き始めたかと思えば空気が薄くなってきて気を失い、宇宙に漂いながら地球の全人類が滅亡したのです。

そのすぐ前まで他人事のように白人の横暴を批判していたライトワーカーたちも全て巻き添えで地球丸ごと滅亡しました。

これが、私の見た別のタイムラインで、いくつかバリエーションがあって地球が吹き飛ぶ場合あるいは大陸が吹き飛ぶ場合などいくつもあります。

聞く側としてはとりあえずこれはファンタジーと思っておいてもらえればいいのですけど、私としては割と現実にあるタイムラインかな、ともそれなりに思っていて、夢にしてはリアルすぎますので、現実とも思えてしまいます。

真理の世界では現実も夢も違いがないというのは古典の聖典でも言われていますので同じといえば同じなのでしょうけど、それにしてもリアルな感触で、人々が宇宙に放り出されて地球が滅亡するというのは恐ろしいものがあります。

もし可能であればそちらのタイムラインを助けることで今いるタイムラインの人口爆発を解決することができるのでは、とも思っていますけど、どうでしょうかね。そちらの世界は日本国は平和で天国みたいな環境ですので、この現在のタイムラインより遥かに魅力的ですのでそちらが存続していさえすれば大勢がそちらに移ることでこの現在のタイムラインの人口問題は解決する気もしておりますけど、どうなのでしょうか。

まあ、こんなこと言っても普通は荒唐無稽なお話に聞こえるでしょうから、とりあえず夢やファンタジーのお話と思って聞いて頂ければ十分ではあります。



本当に神様らしい存在は天使くらいなもの(同テーマ&時系列の前記事)
(同テーマ&時系列の次記事)瞑想とは心の波を静かにすること