不二の意識になってから特別感が消え失せた

2021-06-21
トピック:スピリチュアル: 瞑想録

意識が体をダイレクトに動かしていると実感し始めてから不意に気がついたのですが、特別感がかなり消え失せていました。

今までもそこまで特別感があったわけでもなかったように思いますが、どこか心の片隅に残っていた特別感が今回の変化を経たことでかなりの割合で消え失せたように思います。

この特別感は特にスピリチュアル初心者には強く現れているもので、段階を経てかなり減ってきてはいたのですが、そうは言いましてもごく最近にまで少しはその特別感がほんの僅かに残っていたように思います。

それは現象としては優越意識として現れ、自分のやっている修行が特別で優れているものだと考えることに繋がります。このような優越意識は特にスピリチュアル初心者に強く現れるもので、次第に減ってゆきます。これはあるのが普通で、悪いものではなく、修行の進み具合を確かめる印として使えると思っております。よく優越意識が悪者にされますけど、あるのが普通だと思いますので他人を不快にさせないように気をつければいいと思っております。今から思えば、少し前のことですら今と比べてみると多少は特別感があったのかなという気も致します。

その特別感あるいは優越意識は修行をするうちにどんどんと減ってゆくものなのですが、それは程度問題で、人間ですからどこまで行っても完全にゼロにはならないようにも思いますが、ここにきて不二の意識になることでかなり特別感がない状態に近づいたように思います。

この不二の意識は具体的には体をダイレクトに動かしているという実感のあるハートの意識でありアートマン(真我)あるいはプルシャなどと呼ばれているものですけど、この不二の意識が出てくるとそれは瞑想状態としてはサマーディ(三昧)状態になります。サマーディとは不二の意識のことですが、(不二の意識に対比されるところの)通常の顕在意識においては見る者・見られる者・見る手段、という3つに分割されているとヨーガでは説明されています。そのように、普通の意識では分割されているものが、サマーディ状態になると「見るもの」と「見られるもの」が合一すると説明されています。そのことを不二の意識、と言ったりします。

不二の意識は今までもそれなりに体験していたと今までは思っていて、特に瞑想中においてそれっぽい感じになったり、視界がスローモーションで感じたり映画のように感じたりした時に不二の意識を感じてはいたのですが、それらの今までの不二の意識は最近のダイレクト感のある意識状態と比べると随分と生ぬるいものだったのかな、という気がしてきました。

今までは不二の意識のサマーディを垣間見ていただけで本当のサマーディではなかったように思います。サマーディには各種の種類がありますが、まだ入り口のサマーディだったということのようにも思います。

その時の感覚からすれば、不二の意識というのは多分そうなのだけれども、確実に不二の意識というのには確信が足りないような状況でした。

一方、最近のダイレクト感のあるサマーディは、確かにこれは不二の意識だ、という確信があります。

不二の意識とは文字通り2つではない、ということであり、1つだ、ということです。

ヨーガの説明では元々分かれていたものが1つになる、というような説明でしたけど、実際にこの状態になってみると、どうやらそれは誤解があるように思うのです。

この不二の意識は、文字通り、分かれていない、というお話であり、2つにあるものが1つになる、というお話ではないのです。

確かに、顕在意識では2つに分かれているように見えますけど、不二のサマーディの意識から見ると1つなのです。全ては意識で繋がっていて、意識しかないわけです。そこに、2つのものが1つになる、というような概念は存在しないのです。

<合一>という言葉のかわりに、<不二>という表現をよく使う。その理由を理解するには、<合一>という言葉が意味している内容を理解する必要がある。それは、まず最初に二つの異なるものがあって、それを合一させなければならない、ということだ。これに対して、<不二>という場合、何かを二つに分け、それをふたたび統一するという考え方とは無縁だ。「ゾクチェンの教え(ナムカイノルブ 著)」

ヨーガ風の説明においては「不二」というお話と「合一」というお話が出てきますが、ゾクチェンにおいては「不二」だけです。ヨーガ風の「合一」のお話はどうも腑に落ちないでいましたが、今思えば、このゾクチェンの説明が正しいと思えます。

合一のように見えるのは顕在意識によってこの心の本性の不二のサマーディの意識を理解しようとしているからで、合一のように見えている時点でそれは顕在意識からの視点なわけです。一方、実際に心の本性(いわゆるリクパ)の現れとしてサマーディ状態になれば、そこにはただ不二の意識だけがありますから自明で、全く迷いがないわけです。

顕在意識がある状態ですと2つに分かれていますからそこに特別感というものが生じる余地があるように思います。そしてその特別感というものは本質の心の本性からどれだけ離れているかによって生じているように思います。心の本性のサマーディから離れていれば離れているほど2つに分かれているように感じて特別感が出てくるわけですね。

一方、心の本性であるいわゆるリクパあるいはアートマン(真我)あるいはプルシャの意識と顕在意識が重なり合うようになるにつれ、意識が不二の意識として動き始め、特別感というものがいよいよなくなってゆきます。

この辺りは説明が微妙なのですが、顕在意識としては顕在意識としてあるのですが、心の本性であるリクパあるいはアートマン(真我)あるいはプルシャがダイレクトに私の体及び顕在意識を動かしていますので、アートマンと体及び顕在意識が割とぴったりとくっついている状態なわけです。ですから顕在意識としてはそれはそれとしてあるのですけど、アートマン(真我)の意識とダイレクトに繋がっていて、アートマンの意識が不二の意識ですから、その不二の意識が働いていることにより特別感が消失するわけです。

これはおそらくサマーディの深さに関係するように思えて、感覚は一定ではなくて時間によって違いますけど、概ね、このようになっています。